いよいよ、ウルグアイ代表との一戦がやってきます。

2018年10月16日、森保一監督率いるサッカー日本代表は、埼玉スタジアム2002にウルグアイ代表を迎え撃ちます。

森保ジャパンがこれまでに戦った2試合に比べると、グッとレベルがあがる相手との対戦になります。

そして、この試合ではウルグアイ代表のユニフォームにも注目です。

スポンサーリンク



今回は2018年ウルグアイ代表ユニフォームについてお伝えします。

この記事を読んだときに、あなたはウルグアイ代表のユニフォームを欲しくなってしまうかもしれません…

ウルグアイ代表のユニフォームに込められる特別な想いとはなにか

2018年10月16日、サッカー日本代表はウルグアイ代表との一戦を迎えます。

これまで戦ってきた2試合(コスタリカ、パナマ)に比べると実績やタレント力で大きく上回る相手との戦いとなります。

間違いなく、

森保ジャパンが発足してから最大の難敵との対戦となるでしょう。

ウルグアイ代表の愛称は『セレステ』。

スペイン語で『空色』を意味しています。

もうお気づきですよね?

そう、ウルグアイ代表の愛称である『セレステ』は彼らのユニフォームの色から命名されているのです。

そして、2018年のウルグアイ代表のユニフォームには、特別な魅力が凝縮されています。

彼らの想いや誇りがこのユニフォームに託されているのです。

スポンサーリンク



ユニフォームの『水色』が意味ずるもの

2018年ウルグアイ代表のユニフォームは至ってシンプルです。

基調となっている水色はウルグアイ代表のチームカラーであり、彼らは1901年からこの色のユニフォームで戦い続けています。

驚くべきことに彼らは117年にも渡り、この水色のユニフォームで戦い続けているのです。

伝統の力は間違いなくウルグアイの強さの源です。

人口340万人の小国には、ブラジルやアルゼンチン、そして欧州列強に抗う力を有してはいませんでした。

だからこそ、彼らは徹底的にディフェンスを磨いたのです。

現ウルグアイ代表監督のオスカル・タバレスはこう語ります。

「守備の強さこそはウルグアイの特質そのもので、その点はまったく変わっていない」

水色のユニフォームを纏うための条件は、『戦士』であること

ウルグアイ代表の選手たちは例外なく『戦士』であることを求められます。

チームのためにとにかく走り回り、体をぶつけて戦います。

ルイス・スアレスやエディンソン・カバーニらエース格の選手も、同じように戦えなければピッチに立つ資格すらないのです。

だからこそ、ウルグアイのディフェンスは力強く、気迫がこもっているのです。

ディエゴ・ゴディン

エディンソン・カバーニ

彼らは一流のプレーヤーですが、スター性のあるエレガントな選手ではありません。

世界にはセルヒオ・ラモスやマッツ・フンメルス、ネイマールのようなエレガントな選手たちが数多くいて、ゴディンやカバーニは彼らのような“特別なスター性”は持っていないのです。

しかし、彼らはウルグアイのユニフォームをまとった時に、驚異の闘争心を発揮し高さや強さ、パワーで相手をねじ伏せます。

カバーニはストライカーであるにも関わらず、守備に走り回ることを躊躇しません。

ゴディンは相手からボールを奪うためなら、歯が折れようが構わないのです。

そう、ウルグアイ代表のユニフォームには伝統の戦士の魂が宿っているのです。

成功とプライドの象徴がユニフォームに刻み込まれている

2018年版ウルグアイ代表のユニフォームのデザインをよく見てみると、これまでにはない特別なデザインが施されていることに気づくはずです。

それが『5月の太陽』の透かしです。

『5月の太陽』はウルグアイの国旗にも使われている、インカ帝国の伝説の『太陽と虹の神』です。

これには、ワールドカップで確かな実績を誇るウルグアイ代表のプライドと愛国心が込められています。

2018年版のユニフォームに新しく取り入れられたデザインで、先進性もしっかりと取り入れているところが魅力の一枚です。

まさしく、ワールドカップで2回の優勝と、決勝トーナメントの常連であるという、近年の成功を示唆する意味がこの透かしには込められているのです。

ウルグアイのユニフォームといえば、2018年版に限らず体へのフィット性が非常に高いことでも知られていますが、サポーターキッドは横幅に余裕を持たせたゆったりとした仕様になっているので、応援にも気軽に着ることができます。

あなたがウルグアイ代表の戦う姿に感銘を受けたのなら、このユニフォームを絶対に買うべきです。

このユニフォームを着ることによって、あなたに戦士の精神が宿ることになるでしょう。

さて、今回は2018年ウルグアイ代表のユニフォームについて紹介しました。

よく読まれている記事
→いかなるメンバーでウルグアイ代表は日本戦を戦うのか?

スポンサーリンク