あなたはもうチェックしましたか?

サッカー日本代表が国際親善試合のウルグアイ戦に臨むスタメンを発表しました。

いよいよ、FIFAランキング5位の超大国との対戦です。

森保一監督はいかなるメンバーをウルグアイ戦のピッチに送り込むのでしょうか?

スポンサーリンク



今回はウルグアイ戦に臨むサッカー日本代表のスタメンをお伝えします。

ウルグアイ戦スタメン発表!W杯組も含めたベストメンバーが出揃う!

2018年10月16日、森保一監督率いるサッカー日本代表が国際親善試合のウルグアイ戦に臨むスタメンを発表しました。

就任からの2試合で2勝6得点0失点という最高の結果を残している森保監督。

しかし、今日戦うウルグアイ代表はそう簡単に勝利することはできないでしょう。

相手はFIFAランキング5位の超大国。

森保一監督はこの強豪との一戦に、これまでの2試合で重用してきたメンバーとワールドカップを戦ったメンバーをミックスしたスタメンを選択しました。

サッカー日本代表はどのようなスタメンでウルグアイ代表との一戦を戦うのでしょうか?

彼らがウルグアイ戦に臨む誇り高き11人のスタメンだ!

さっそくサッカー日本代表のスタメンをチェックしてみましょう。

2018.10.16サッカー日本代表スタメン

〈GK〉

東口順昭(ガンバ大阪)

〈センターバック〉

三浦弦太(ガンバ大阪)

吉田麻也(サウサンプトン)

〈右サイドバック〉

酒井宏樹(マルセイユ)

〈左サイドバック〉

長友佑都(ガラタサライ)

〈守備的MF〉

遠藤航(シントトロイデン)

柴崎岳(ヘタフェ)

〈右サイドアタッカー〉

堂安律(フローニンゲン)

〈左サイドアタッカー〉

中島翔哉(ポルティモネンセ)

〈攻撃的MF〉

南野拓実(レッドブル・ザルツブルク)

〈センターフォワード〉

大迫勇也(ブレーメン)

サッカー日本代表はこのスタメンでウルグアイとの一戦を戦います。

フォーメーションは、森保監督が就任以来採用し続けている4-2-3-1で、南野拓実のポジショニング次第で2トップに変化します。

ご覧いただいたように、吉田麻也、長友佑都、柴崎岳といったロシアワールドカップの主力メンバーがスタメンに顔を揃えており、堂安律、中島翔哉、南野拓実ら新戦力との融合が、この試合で試されることになります。

さて、サッカー日本代表はこの注目のウルグアイ戦でどのようなパフォーマンスを見せてくれるのでしょうか?

サポーターの期待はかつてないほど高まっています。

スポンサーリンク



パナマ・ウルグアイ戦メンバー発表!森保ジャパンとワールドカップメンバーは、どのような融合を果たすのか?

今回はウルグアイ、パナマ戦に臨むサッカー日本代表のメンバーとスタメン予想をお伝えします。

2018年10月4日、サッカー日本代表の森保一監督がパナマ、ウルグアイとの国際親善試合に臨む23人のメンバーを発表しました。

今回の対戦相手は10月の親善試合と同じく、北中米と南米から選出されました。

10月12日にパナマと

16日にウルグアイと対戦します。

どちらもサッカー日本代表と同じく、2018年のロシアワールドカップに出場した強豪国です。

特にウルグアイ代表はロシアワールドカップでベスト8で、2010年大会では4位に輝いた南米3番手の大国です。

その豪華なチームとの対戦に森保監督が指名した23人はこちらです!

▽GK
東口順昭(G大阪)
権田修一(鳥栖)
シュミット・ダニエル(仙台)

▽DF
長友佑都(ガラタサライ)
槙野智章(浦和)
吉田麻也(サウサンプトン)
佐々木翔(広島)
酒井宏樹(マルセイユ)
室屋成(FC東京)
三浦弦太(G大阪)
冨安健洋(シントトロイデン)

▽MF
青山敏弘(広島)
原口元気(ハノーファー)
柴崎岳(ヘタフェ)
遠藤航(シントトロイデン)
伊東純也(柏レイソル)
中島翔哉(ポルティモネンセ)
南野拓実(ザルツブルク)
三竿健斗(鹿島)
堂安律(フローニンゲン)

▽FW
川又堅碁(ジュビロ磐田)
大迫勇也(ブレーメン)
北川航也(清水エスパルス)

サッカー日本代表は、この23人のメンバーでウルグアイ、パナマとの試合を戦います。

7日に小林悠が怪我でサッカー日本代表から外れることが発表され、代替メンバーとして清水エスパルスの北川航也が召集されました。

2018年のJリーグで11得点をあげており、ストライカーの台所事情が厳しいサッカー日本代表にとっては新しい発見となることが期待されます。

また、当初サッカー日本代表のメンバー入りしていた浅野も、結局召集を辞退して集合当日にはキャンプに姿を現すことはありませんでした。

浅野の代替メンバーとしては川又堅碁が召集されています。

それでは森保一監督はどのようなスタメンを送り出す意向なのでしょうか?

その前に、明らかにしなくてはならないのはパナマ戦とウルグアイ戦のどちらにより実戦を想定したメンバーを送り込むかが、スタメンを予想する上で重要なポイントになります・・・

スポンサーリンク



ウルグアイとの一戦がサッカー日本代表に大きな影響を与える理由…

ロシアワールドカップ出場国とはいえ、まだまだ新興国の域を出ないパナマ戦はともかく、ワールドカップ常連のウルグアイ代表との試合は本番を意識したスタメンや戦い方で進めたい試合です。

2019年のサッカー日本代表は2つの国際大会を戦うことになるからです。

その2つの大会とはアジアカップと

コパ・アメリカです。

カタールワールドカップ(2022年)のプレ大会となるコンフェデレーションズカップへの出場権がかかるアジアカップ、そしてアウェーでかつ強豪が揃う公式戦という、強化には持ってこいのコパ・アメリカ。

サッカー日本代表にとってはかなり難易度が高い公式戦となります。

筆者としては、挑戦者としてのカラーが強いコパ・アメリカと、優勝が現実的な目標となるアジアカップとでは、後者の方がプライオリティーが高いと感じています。

アジアカップの優勝者にはコンフェデレーションズカップの出場権が手に入るからです。

まだまだチームとしての国際的な経験値が豊富とはいえないサッカー日本代表メンバーが、カタールワールドカップの前年に現地でプレ大会として行われるコンフェデレーションズカップに参戦できるメリットは計り知れないでしょう。

しかし、ヨーロッパのシーズンが後半戦、もしくは冬のキャンプを行っている重要な時期に海外組のメンバーをアジアカップに召集するのはかなり難しくなります。

だからこそ、筆者はウルグアイ戦に、アジアカップを想定したメンバーをメインとしながら数人の海外組をミックスしたスタメンを送り込む方が良いと考えます。

ホームとはいえ、ウルグアイ代表に善戦すればそれはアジアカップを見据えて大きなチームの礎となるでしょう。

それでは、ウルグアイ代表との一戦で森保一監督はどのようなスタメンを送り出すのでしょうか?

サッカー日本代表はいかなるメンバーで戦うのか?ウルグアイ戦スタメン予想!

【サッカー日本代表vsウルグアイ戦予想スタメン】

〈GK〉

ダニエル・シュミット(ベガルタ仙台)

〈センターバック〉

吉田麻也(サウサンプトン)

冨安健洋(シントトロイデン)

〈右サイドバック〉

室屋成(FC東京)

〈左サイドバック〉

佐々木翔(サンフレッチェ広島)

〈守備的ミッドフィルダー〉

青山敏弘(サンフレッチェ広島)

柴崎岳(ヘタフェ)

〈右サイドアタッカー〉

伊藤純也(柏レイソル)

〈左サイドアタッカー〉

中島翔哉(ポルティモネンセ)

〈トップ下〉

南野拓実(ザルツブルク)

〈センターフォワード〉

大迫勇也(ブレーメン)

森保一監督はこの11人をウルグアイ戦のスタメンに選ぶと予想します。

フォーメーションはコスタリカ戦でも採用された4-2-3-1です。

このスタメンは、国内組と海外組がミックスされた構成になっていますが、国内組に関しては10月のコスタリカ戦でハイパフォーマンスを見せたメンバーをスタメンに予想しました。

例外はダニエル・シュミット。

中村航輔がやや怪我を負っており、長期的な戦力を発掘するためにもリスクを負ってスタメン起用する選択もあると筆者は感じています。

もう一人の例外は冨安健洋。

彼もコスタリカ戦では出番がありませんでしたが、スタメンとして起用することで一日も早い成長を促すべきです。

注目すべきメンバーは柴崎岳です。

ロシアワールドカップではチームの主軸としてプレーしましたが、所属するヘタフェではスタメン確保はおろかベンチにさえ入ることができていません。

体力は有り余っているはずで、サッカー日本代表で存在感を示し、クラブレベルでのキャリアを築いていかなければなりません。

途中交代で投入されそうなメンバーとしては攻撃的なカードなら堂安律が、守備的なカードなら三竿健斗のプレーが注目です。

堂安律は得点力を備えたウイングとして、三竿健斗は肉弾戦に秀でたファイターとして、現在のサッカー日本代表メンバーには欠けるタイプのプレゼンスを示すことができれば、メンバー定着に大きく前進するでしょう。

さて、今回はウルグアイ、パナマ戦に臨むサッカー日本代表メンバーとスタメン予想をお伝えしました。

そして、下のリンクではサッカー日本代表の森保一監督の戦術についてお伝えします。

日本人監督としては屈指の戦術家とされている森保監督は、サッカー日本代表をどんなチームに作り上げようとしているのでしょうか?

よく読まれている記事
→森保一はどんなサッカー日本代表を作るのか?

スポンサーリンク