バルセロナ補強リスト公開!噂の選手の獲得は?

バルセロナの補強リストに関する噂を聞いた時、 あまりの衝撃だったのでとても驚きました…

バルセロナにこんな大掛かりなビジョンがあったのです。

あなたはバルセロナの補強の噂について耳にしたことがあるでしょ うか?

本日はその噂の補強リストをお伝えしましょう。

この補強リストを見たら…

スポンサーリンク



きっとあなたも驚くはずです。

バルセロナは本格的にクラブの根幹や哲学を揺るがすようなチーム づくりを進めようとしているようです。

あなたはこの記事を読み終わった時、 バルセロナに対する見方が180度変わってしまうかもしれません …

バルセロナが今夏の補強に大失敗した理由…

ルセロナは今夏、6人の補強を敢行しました。

FWに1人、MFに2人、DFに2人、GKに1人です。

昨今のサッカー界の移籍金の高騰は凄まじく、 かつては非常に珍しかった、20億円台(日本円) の取引が当たり前のように飛び交う時代になっています。

そんな人件費の高騰がとどまることを知らないサッカー界でバルセロナが獲得した選手が彼等なのです。

しかし、大金を投じながら今夏のバルセロナの補強による効果はほとんど見られていません。

それでは実際に、バルセロナが今夏に補強した選手別の費用対効果を見ていきましょう。

GK:ヤスパー・シレッセン(オランダ代表)28歳

移籍金:14億円
出場試合数:14試合
総論:移籍期限直前にアヤックスから加入した、オランダ代表の守護神。年下のテア・シュテーゲンの牙城を崩せず。出場機会の少なさに、本人がオランダ代表での地位を危ぶむならば、来夏には放出されるか。

DF:サミュエル・ウンティティ(オランダ代表)23歳

移籍金:18億円
出場試合数:8試合
総論:レアルマドリードのヴァランとともに、フランス代表の未来を担う逸材。ビルドアップのセンスが非常に高く、人にもゾーンにも強い総合力が売り。マスチェラーノが衰えを伺わせる中で、いよいよレギュラー獲りが見えてきた。今夏の補強した選手の中では一番の掘り出し物。

DF:ルカ・ディーニュ(フランス代表)23歳

移籍金:19億円(出場試合数に応じてボーナス)
出場試合数:8試合
総論:フランスのリールから、パリSG、ローマと渡り歩き、今夏バルセロナにやってきた若きフランス代表。ジョルディのバックアッパーとしての加入で、その分の働きは充分に見せていて、及第点の出来と言える。徐々に存在価値を高めていきたい。

MF:アンドレ・ゴメス(ポルトガル代表)22歳

移籍金:60億円
出場試合数:11試合
総論:攻守のバランスに長けた大型MF。チームの潤滑油になれる総合力を持っており、イニエスタが怪我をしてからは、精力的な働きを見せている。ただし、イニエスタに比べると、崩しの局面でのクオリティーが大きく劣っている。今夏補強した選手のリストの中では比較的貢献度が高い。

MF:デニス・スアレス(スペイン代表):22歳

移籍金:5億円
出場試合数:15試合
総論:マンチェスターシティ、ビジャレアルと武者修行先で経験を積んできたカンテラーノ。バルセロナのサッカーを知り尽くした選手だけに、復帰最初のシーズンから粉塵の活躍が期待されたが、ここまでは完全に期待はずれ。首脳陣がこのカンテラーノをまだ信じ続けるなら再度レンタルにて放出となるか。

FW:パコ・アルカセル(スペイン代表)22歳

移籍金:35億円
出場試合数:8試合
総論:「MSN」のバックアッパーとして獲得したスペイン代表FW。しかし、ここまでは前線の完全なブレーキとなり、チームの足を引っ張ってしまっている。バルセロナで本領発揮するにはもう少し時間が必要か…

今夏にバルセロナが獲得した選手の補強リストを振り返ってみると、前半戦だけでも及第点以上の活躍を見せたのはウンティティ、ゴメス、ディーニュだけとなります。

一番の失望はやはりカンテラーノのデニス・スアレス。

下部組織の出身で、適応の不安がないと思われていまっしたが、予想は大きくハズレています。しかもデニス・スアレスの場合は、イニエスタとメッシという2人のバックアッパーという大役を期待されての補強だったことを考えると、この2人が怪我で離脱した穴を丸々空ける結果となりました。

こうしてみると、今夏のバルセロナの補強の成果は平均点以下となるでしょう。

しかも投じた金額があまりにも大きすぎます…

しかし、主力選手は消耗が続いており、今冬、そして来夏も補強は必要不可欠な状況となっています。

それほど、現在のバルセロナの状態は悪いのです…

それでは、現在のバルセロナの補強リストにはどのような名前が載っているのでしょうか?ここから先にはバルセロナの補強リストの噂についてお伝えしましょう…

きっとあなたも驚く名前が、このリストには載っているはずです…

スポンサーリンク



バルセロナ補強リストにまつわる噂①DF

終ラインでバルセロナの補強リストに名前が載っていると噂されているのが、2人の中堅選手。

ジェローム・ボアテング(ドイツ代表)

世界でも指折りのセンターバックに成長したボアテング。バイエルンでもドイツ代表でも中心的な存在へと到達しました。強靭なフィジカルに頼らずにボールを奪回し、しかも正確なビルドアップでオフェンスにも貢献することができます。このセンターバックが市場に出回ったら普通に考えて手を上げないチームはないのではないでしょうか?

しかし、実際に今、ボアテングには移籍の噂がついて回っています。

なぜかというと今シーズンは調子を落としつつあり、ミスが目立つからです。

人気ヒップホップ・アーティストのジェイ・Zと懇意の中で、音楽活動にも精を出すボアテングは、その影響でプレーの質が下がったと批判されています。先日はバイエルンのルンメニゲCEOがボアテングの生活態度を批判し、ボアテングが反論するという一幕がありました。クラブとの確執は深まりつつあり、どうやらバイエルンを離れる時期がやってきたのかもしれません。

このクオリティのセンターバックが移籍市場に出回ることは滅多にあることではありません。

当然バルセロナは補強リストのトップに、ボアテングの名前を書き入れたと噂されています。

そしてバルセロナの補強リストに名前が載っていると噂されるもう 一人の選手が…

マッテオ・ダルミアン(イタリア代表)

マンチェスターユナイテッドの右サイドバックは、昨シーズンこそ安定した働きと、最終ラインの全てをこなすマルチで活躍しましたが、今シーズンはジョゼ・モウリーニョから評価されず、ベンチを温める日々が続いています。

イタリア代表はサイドバックのポジション争いが激しく、本人も安定した出場機機会が得られるチームへの移籍を望んでいると言われています。

そこで浮上したのがバルセロナへの移籍の噂です。

しかし、このダルミアンは争奪戦が激しく、ユベントスやミランが補強リストのトップターゲットに載せているとも噂されています。財政的にはこの2チームよりもバルセロナが余裕があり、獲得レースではリードしているとも噂されていますが、出場機会の点ではユベントスやミランに移籍した方が比較的楽に得ることができるでしょう。環境への適応に障害がなく、イタリア代表のチームメイトたちが多く在籍しているのも、セリエAのチームの魅力です。

ダルミアン以外の右サイドバックはチーム事情が大きく影響しています。

例えば、一時補強リストの筆頭にいると言われたユベントスのスイス代表ステファン・リヒトシュタイナーは、元バルセロナのダニエル・アウベスの負傷により、移籍の可能性が大きく下がったと言われていますが、ユベントスがダルミアン争奪戦に勝利すれば、バルセロナへの玉突き人事が成立する公算は非常に高いと言えるでしょう。

ただし、このダルミアンの移籍をかき消す噂として、最近急浮上しているのが、ウクライナのシャフタール・ドネツクに在籍する元クロアチア代表の移籍の噂です。

ダリヨ・スルナ(シャフタール・ドネツク)

2003年から所属するシャフタールとの契約が、2017年の夏に切れる予定になっており、それに伴いアメリカや中国、あるいは母国クロアチアへの移籍が噂されてきました。

既に2016年のユーロでクロアチア代表からも退いており、33歳という高齢ながらも体調面で問題がないこと、また国際舞台での豊富な経験を持っていることからバルセロナ移籍の噂が急浮上しました。

本人もキャリアの晩年にバルセロナというビッグクラブに移籍することに対して、魅力を感じていると言われており、既に交渉が行われていると噂されています。

移籍金も数億ユーロで済むと言われており、ここ数年外部からの補強ばかりに頼っているバルセロナにとっては、経済的にも非常に魅力的な人材です。

ひとまず、2017年のはこの元クロアチア代表のベテランで応急処置を施し、に中長期的にスタメンを任せられる戦力の補強に動くという流れになりそうです。

この冬の動きはダルミアン移籍となれば、中長期的な戦力の確保が、スルナ移籍となれば短期的な穴埋めがなされるということになります。

現時点では、バルセロナは後者を選択すると噂されています。

バルセロナ補強リストにまつわる噂②守備的MF

備的MFでバルセロナの補強リストの筆頭に名前が載っていると噂されているのは…

ユリアン・ヴァイグル(ドルトムント)

ドルトムントのトップチームで2年目に突入するにはヴァイグル。

既にドイツ代表にもデビュー済みで、スリーセンターハーフの中央、つまりアンカーのポジションを天職とする選手です。

186センチの長身で、正確なスキルを持ち合わせています。何よりも守備時のポジショニングや攻撃へと繋げていく際の動きが素晴らしく、フットボールI.Qが非常に高い選手で、バルセロナのアンカーに求められる資質を全て備えていると言っても過言ではない、掛け値なしの逸材です。

ただし、このヴァイグルにはバルセロナの永遠のライバルであるレアルマドリードも補強リストに名前を書き入れたと噂されています。

バルセロナ補強リストにまつわる噂③インサイドハーフ

して中盤にはもう1人補強リストに名前が載ったターゲットがい ると噂されています。

その選手の名前は…

ムサ・シッソコ(トッテナム)

今夏にチャンピオンシップ(イングランド2部リーグ)に降格したニューカッスルからすったもんだを経て、トッテナムに入団

アーセナルやレアルマドリードへの移籍を本人は望んでいましたが、結局かなわずトッテナムへの移籍を選択しています。

しかし、約40億円の移籍金に見合うような活躍を披露することができず、ついにトッテナムの放出リストに名前が載ってしまったと噂されています。

インサイドハーフと右ウイングの両方を務めることができ、今夏のデニス・スアレス獲得の失敗を丸々埋めることができる人材。187センチとサイズもあり、今シーズンセットプレーからの失点が非常に多いバルセロナでは貴重な存在になりそう。直線的なプレースタイルはルイス・エンリケ好みです。

そしてもうひとりのインサイドハーフの補強リストは驚きの名前が上がっています。

その選手とは、ハメス・ロドリゲス(レアルマドリード)です!

コロンビア代表とレアルマドリードで10番を務めるハメスは現在、銀河系軍団でほとんど出場機会を失っています。

そのため、マンチェスターユナイテッドやユベントスが補強リストに名前を載せたと言われていますが、そこにバルセロナのも加わったと噂されています。

もちろん、レアルマドリードからバルセロナへの移籍は「禁断」であり、このオペレーションが実現する可能性は限りなく低くなっています。

ただし近年の移籍市場の狂乱ぶりを見ると、この「禁断」はいつ破られてもおかしくありません。

果たしてハメスがバルセロナの補強リストに載ったという噂はほんとうなのでしょうか…?

バルセロナ補強リストにまつわる噂④FW

線のバルセロナの補強リストの噂を巡っては、かなり微妙な状況です。

「MSN」のバックアップという立場が決まっており、加入する選手はその役割を受け入れなければいけません。

出場機会が極めて限定されるため、代表チームでの地位が失われる可能性もありますし、なによりも選手としてベンチウォーマーに甘んじることは、後のキャリアを考えると大きな原点になってしまいます。

現に、今夏のバルセロナの補強リストに載っていると噂された、フランス代表ケビン・ガメイロやインテルのアルゼンチン代表マウロ・イカルディらターゲットに尽く袖を振られています。彼等はクラブシーンでのキャリアはもちろん代表選手としての目標もあり、いくらバルセロナというメガクラブのブランドがあろうとも、バックアッパーに甘んじることはできないのでしょう。

そうなると、バルセロナの補強リストに名前があがるのは、ピークを過ぎて常時出場が難しいベテランか、若手ということになります。

そして、バルセロナのFWの補強リストのトップにいると言われているのが、

ムサ・デンベレ(セルティック・グラスゴー)

もちろんトッテナムに所属するベルギー代表のムサ・デンベレではありません。

同じアフリカ系の選手ですが、セルティックはパリ・サンジェルマンユース出身のFWです。

まだ20歳の若さながら、既にセルティックではレギュラーとしてプレーしており、今シーズンの活躍により世界中のクラブが彼に注目しています。

元コートジボワール代表のドログバに似通った資質の持ち主で、恐らく数年後には世界最高のセンターフォワードに上り詰めそうな有望株です。

ただし、このデンベレ以上にバルセロナのユニフォームをキル可能性が高い選手がいます…

日本人なら誰もが気になる!「あの選手」はバルセロナに復帰するのか?

本人なら誰もが気になる久保健英君はバルセロナ復帰が規定路線と言われています。

バルセロナの補強リストには名前が未だに書き込まれていると噂されています。

ただし、18歳になるタイミングでバルセロナに復帰するといわれており、現在15歳の久保君がバルセロナに復帰するまでにはあと3年待たなければなりません。

いくら復帰は既定路線とはいえ、バルセロナの前線は確実に「MSN」のバックアッパーを務めることができるアタッカーを必要としています。

もちろん今回紹介した選手たちは、バルセロナが補強リストに名前を載せていると噂される選手の中でも一握りです。

いつ状況が一変し、新しい名前が補強リストに載ってもなんらおかしくはありません。

今回はバルセロナの補強リストの噂についてお伝えしました。

そして下のリンクでは、今シーズンのバルセロナの主要メンバーとフォーメーションをお伝えします。この記事はいわばバルセロナの選手名鑑で、かなりこのチームに関して深く理解することができるでしょう。

よく読まれている記事
→バルセロナの2016-17シーズンの陣容はコレだ!

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ