なぜレアルマドリードの小学生日本人選手・中井君は追放されるのか?

このニュースを聞いた時、怒りがこみ上げてきました。

素晴らしい才能を持った日本人小学生の未来が大人の身勝手な事情により、潰されようとしているからです。

その小学生はレアルマドリードのジュニアチームに所属する日本人・中井卓大君です。

この少年はいすれ…

スポンサーリンク



日本代表を背負い、世界的なプレーヤーになれると評判の日本人小学生です。

レアルマドリード日本人小学生選手を手塩にかけて育ててきました。

しかし今、この天才日本人小学生の未来には暗雲が立ち込めているのです…

レアルマドリードの下部組織に所属する小学生日本人選手の中井卓大君の未来が、踏み潰されようとしています。

なぜレアルマドリードの小学生日本人選手・中井君は追放されるのか?

日本が生んだ天才小学生選手に、未来を左右するであろう大きな問題が立ちはだかっています。

それはFIFAによるレアルマドリードの18歳以下の選手の母国強制送還騒動です。

なぜ、このような騒動が起きたのでしょうか?

レアルマドリードの小学生日本人選手・中井君が日本に強制送還される理由…

FIFAはヨーロッパのクラブが18歳以下の選手を移籍させることに関してある規定を設けています。

その規定こそが、今回の小学生日本人選手・中井君の未来を阻もうとしているのです。

その規定とは…

FIFA18歳以下の選手を移籍させることを禁止させています。まだ社会的な教養のない子供達が移籍するには、判断を誤ることが多いにありうるからです。

確かにサッカー界の問題は選手としてのキャリアから道を外した元選手をどのように、各々の道を歩ませていけるか、という問題を抱えています。

スポーツ選手のキャリアに対して関心が深いドイツなどでは、ユースクラスの選手たちには勉学で一定の成績を収めたり、大学入学資格を取らないと、クラブに在籍させないという厳しい規定があります。

その結果、選手たちはサッカーだけではなく、勉学にも懸命に取り組み、自身のキャリアを築いていきます。

18歳以下の選手がサッカーのために国をまたいでまで移籍するということは大きな決断と判断力が問われるのです。

そこでFIFAが設けたのが18歳以下の選手が移籍することを禁止する、というルールです。

それではなぜ、レアルマドリードの小学生日本人選手の中井君は出身地の滋賀県からスペインに移住することができたのでしょうか?

そこには大きな抜け道がありました…

スポンサーリンク



小学生日本人選手・中井君がレアルマドリードに移籍できた抜け道とは?

18歳以下の選手でも移籍するための抜け道とは…

「親の仕事の転勤による入団であれば移籍できる」

というものです。

これはレアルマドリードだけではなく、多くのクラブで横行している諸問題なのですが、この抜け道を利用するために、目的の選手の親に職を提供して、「親の仕事の都合」という名目で子供を自分たちのチームに引き入れるのです。

特に横行したのが、貧しい地域やアフリカの子供たちです。

親にクラブの施設の清掃員などの仕事をあてがい、その都合で子供を入団させているのです。

今回レアルマドリードが摘発されたのは、この抜け道を利用し、不正に18歳以下の選手を移籍させようとしたからだ、と言われています。

果たして、レアルマドリードの小学生日本人選手の中井君はどうなるのでしょうか?

実はこの罰則には前例があります…

レアルマドリードの小学生日本人選手・中井君はどうなるのか?恐ろしい前例…

18歳以下の選手を不当に移籍させるという行為を犯して、罰則を受けたのが、レアルマドリードの宿敵バルセロナです。

なぜレアルマドリードの小学生日本人選手・中井君は追放されるのか?

バルセロナはこの罰則により2015年1月と7月~8月の選手の登録が禁止されました。(移籍はOKだが、リーグに登録ができず、試合では起用できない)

1年間の補強禁止にバルセロナは重く苦しむことになりました。既存戦力はバックアッパーがいないため過労とコンディションの悪化に苦しみ、登録できなかった選手は試合勘が鈍り、適応に苦しみました。

なぜレアルマドリードの小学生日本人選手・中井君は追放されるのか?

そして、不正に入団していた下部組織に所属していた選手たちも軒並み退団。

日本人選手では現在FC東京に所属する久保健英君がバルセロナからの退団を余儀なくされています。

なぜレアルマドリードの小学生日本人選手・中井君は追放されるのか?

バルセロナがそうであったように、中井君もレアルマドリードがこの処分を受けた場合には日本に戻るのではないか、と言われているのです…

天才日本人小学生・中井君はレアルマドリードから追放される?!その影響は?

久保くんに関しては18歳になればバルセロナと契約をしていいことになっていることから、クラブも本人も復帰する計画があると言われており、それは2018年になるのではないか、と言われています。

レアルマドリードの日本人小学生・中井君は現在12歳なので、仮に処分が下された場合、レアルマドリードに戻るには6年も必要となります。

久保くんも同様ですが、やはり幼い子供の環境への適応能力というのは素晴らしく、中井君は見事にレアルマドリードの環境に適応しています。また、スキルもグングンと伸ばしており、現在は本来12歳の選手がプレーするカテゴリーよりも一つ上のレベルでプレーしています。

残念ながら中井君はレアルマドリードを退団すると言われており、その受け皿としては当然Jリーグのクラブの名前が上がっています。中井君は滋賀県の出身なので、関西方面のクラブがアプローチしているとも言われています。

レアルマドリードでプレーしていた天才小学生選手が入団するとあらば、非常に大きな反響を得ることができるからです。

そして、中井君獲得にはさらに大きなメリットもあるのです…。

天才日本人小学生選手・中井君獲得のメリットとは!?

天才日本人小学生選手の中井君獲得には凄まじいメリットがあります。

もちろん掛け値なしの才能に加えて、レアルマドリードでプレーしていたとくれば、クラブに勝利をもたらせる存在に成長してくれる可能性は大いにあります。

しかし、中井君は実力だけではなく、そのルックスの良さも大いに注目を集めているのです。

こちらがレアルマドリードの天才日本人小学生選手・中井君の画像です!

なぜレアルマドリードの小学生日本人選手・中井君は追放されるのか?

ご覧頂いたように中井君はとっても可愛らしいルックスの持ち主です。

こんな可愛らしい選手がいるなら、クラブとしては絶対に手に入れたいと思うはずです。現在のサッカー日本代表の内田篤人のように女性からの声援と視線を全て持っていってしまうような選手になるかもしれません。

天才日本人小学生選手・中井君のレアルマドリードの入団の経緯とは?

中井君は2012年にスペインに渡って、レアルマドリードの下部 組織に入団しました。

それまでは、地元・滋賀のチームでプレーしていたのですが、中井 君がプレーしていた動画がYouTubeに掲載されると、

「うますぎる!」

「天才が現れた!」

と、あっという間に話題になりました。

なぜレアルマドリードの小学生日本人選手・中井君は追放されるのか?

そしてその動画をレアルマドリードのスカウトが視聴したことがき っかけで、中井君の元に日本人としては初めて「招待状」が届いた ということです。

この「招待状」はレアルマドリードの下部組織に入団するためのト ライアルで、これに合格すれば、晴れて入団できるのです。

そしてこの天才小学生選手・中井君はこのトライアルに合格し、 レアルマドリード下部組織の一員となりまいた。

下部組織といえばバルセロナだが…

サッカーについて詳しい人なら下部組織が優秀なチームといえば、 久保君が所属していたバルセロナを想像する人も多いかと思います 。しかし、バルセロナの場合は、 自前でそだてた選手を自分たちで活用するのが得意なチームで 、 その選手たちは他のチームに移籍すると活躍できないことが多いの です。 それだけバルセロナが選手たちに教えている戦術というのは、 特殊ということです。

なぜレアルマドリードの小学生日本人選手・中井君は追放されるのか?

一方でレアルマドリードは良くも悪くも汎用性のある戦術を選手た ちに教え込んでいます。そのため、 どの国のどのチームに言っても通用する選手を安定して排出してお り、若い選手を高値で売却することは、 彼等のビジネスのひとつであり、 最近では買い取りオプションをつけて売却し、 成長させてから買い取りをするという計画もあります。 今年はアセンシオやモラタが復帰して、 レギュラークラスに定着しています。

天才日本人小学生選手の中井君がレアルマドリードでどのような成 長を見せてくれるのか、楽しみです。 今は残留してくれることを願うことしかできませんが…

本日はレアルマドリードの日本人小学生選手、中井卓大くんについてお伝えしました。

そして、 下のリンクにはクラブワールドカップを戦うために来日するレアル マドリードの主要メンバーに関する情報が詳細に書いてあります。 この記事を見れば、 あなたはレアルマドリードが日本でどのような戦いを見せてくれる のか知ることができるでしょう。 必ずクリックして彼等の情報を掴んでおいてください! そうすれば、クラブワールドカップが何倍も楽しくなるでしょう。

よく読まれている記事
→レアルマドリードがクラブワールドカップで来日! どんなメンバーで戦うのか?

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ