内田篤人が登場する小説がやばいと話題に!

内田篤人が登場する小説の内容があまりにもやばいと多くの人々の間で話題になっています!内田篤人といったら、小説ではなく、エッセイの方が人々からも知られているはずですが・・・。そもそも内田篤人が登場する小説とは一体何のことなのでしょうか?どうやらその真実は・・・

スポンサーリンク



内田篤人に対する熱狂的な愛から来ているのだということがわかりました。本日はそんな内田篤人が登場する小説についてお伝えしましょう。あくまでプレーヤーとしても内田篤人が好きな方はあまり見ることをお勧めしません(笑)。これから書かれていることを読むと、内田篤人に対するイメージが変わってしまうかもしれないからです。本日は内田篤人の小説についてお伝えします。

内田篤人の小説が話題に!?その真相とは?

内田篤人が登場するといわれる小説が大きな話題を呼んでいます。内田篤人といえばワールドカップ後に自身の人生や価値観を振り返ったエッセイを出版したことで話題になりました。「僕は自分が見たことしか信じない」と名づけられたそのエッセイはファンのみならず、日本代表に興味を持っている方や若い学生などにも手に取られ、読まれてきました。日本代表で一番の人気を持つ選手とは思えない平凡さや素朴さ、そして自分の人生に対する価値観などが赤裸々に綴られていました。そんな内田篤人によって書かれた文章に、いくら若くして日本代表に選出されたエリートと言えようと、普通の若者となんら大きな変わりはないのだ、と認識させられました。

しかし、小説となるとそれは非常に奇怪に聞こえます。内田篤人は小説を出版したわけでもありません。日本代表選手には長谷部誠や長友佑都など、自身の人生観やサッカー選手としての想い、そして日本代表への想いを綴った書籍を発売し、多くの人気をあつめたことがありました。長友佑都などは新刊を続々と発売させており、かなりの額の印税を稼いでいると思われます(笑)一方で、内田篤人は出版は前述の「僕は自分が見たことしか信じない」だけです。かつて『ビブリア古書堂の事件手帖』というドラマで演技には挑戦したことがありました。しかし、いわゆる文壇とは疎遠です。というか本職はサッカー選手なわけですから、文壇とは疎遠にきまっていますよね(笑)サッカー選手にしてさらさらと小説なんかかけたらあまりにも羨ましすぎです!「内田篤人には小説の才能もあったのか!」とまたまた嫉妬してしまいます(笑)

内田篤人が小説を執筆したわけではないようだ・・ではその真相は!?

内田篤人が小説を出版したわけではないということはわかりました。それではなぜこの小説が大きな話題を集めているのでしょうか?

内田篤人が登場する小説がやばいと話題に!

それは内田篤人のファンからの強烈な愛情が渦巻いた世界からのキーワードだったのです。ではその真実は・・・

と、聞くと何かおどろおどろしいものを想像してしまうかと思いますが、簡単に言うと妄想を文章にしたようなもののようです(笑)例えば、皆さんは同人誌って聞いたことがありますか?同人誌とはある漫画のキャラクターを使って別の作家が全く別のストーリーで新しく、漫画を描いている、というものなんです。コミックマーケットとやらではこの同人誌は大きな人気を誇っており、中には何十万という売り上げを誇る兵の同人誌作家さんもいるんだとか。この同人誌作家さんの目的は、というと自分の好きな漫画の好きなキャラクターを自分が思い描くストーリーという器の上に載せて人々に見てもらいたいというものらしいです☆

世の中にはいろんな人がいるんですね・・・

スポンサーリンク



内田篤人が登場する小説。その世界とは・・?

つまり内田篤人の小説が話題呼んだという騒動の真相は(騒動というほどのものでもないですが)、内田篤人のことを大好きな作家さんが、妄想で内田篤人が登場する小説を書き上げ、ネット上で掲載していたということなんですね(笑)これはすごい物好きだ・・・(汗)。小説の中には完全オリジナルストーリーもあれば、中には実在する漫画のストーリーに内田篤人を重ねているなんていうものもあります。なんと手の込んだ創作だこと(笑)

内田篤人が登場する小説がやばいと話題に!

小説と一口にいっても本当にたくさんの種類があって、説明することは出来ないのですが、この小説には内田篤人以外にも多くの日本代表選手が登場します。内田篤人とは大の仲良しである吉田麻也。そして日本代表でもトップクラスのイケメンである長谷部誠などが登場する小説があるようです。これはこの小説の作者はかなりの日本代表通という可能性がありそうだ(笑)

内田篤人が登場!?良く見てみたら・・

あまりその手の漫画だとかアニメの話題に詳しくない筆者がその煩悩で、内田篤人が登場する小説が掲載されている某サイトに行ってみると、やはり結構な両の小説が掲載されていることがわかりました。

恐る恐るその小説のうちのひとつを選択してみると・・・

「あれ?短くね?」

と思わず口にしてしまいました(笑)。どうやらワンシーンとかセリフの一部を内田篤人に変えた、簡易的なものもあるようで、

「それじゃあ小説じゃねーじゃん!」

と思わず突っ込んでしまいたくなるような短さに思わず驚かされました(笑)念のためにお伝えしておきますが、もちろん中には数千文字の文章が書かれた小説もありますので、もし気になった方はそちらもご覧になって見てくださいね!

「内田篤人 小説」と検索すると必ず出てくると思います(笑)

話題になった内田篤人の小説。一見の価値あり!

とはいえ、この小説を執筆された方も内田篤人に対する熱意があって、かつきっと文章が得意だからこそ今までペンを握ってきたのでしょう。もしかしたら著者お墨付きの名作があり、それは人々の心を打つような名作かもしれません。そしてもしかしたらこの作品群の中に皆さんの胸を熱くするような素晴らしい作品があるかもしれません。

内田篤人が登場する小説がやばいと話題に!

かくいう筆者も実は少し読みふけってしまいました(笑)やはり執筆活動に熱い情熱を傾けていらっしゃる方もいると思うので、やはり思いは伝わるものなんですね。筆者にもその才能の一部分だけでも分けて欲しいと感じてしまいました(泣)

総括~内田篤人が登場する小説~

本日は内田篤人が登場すると話題を集めた小説についてお伝えしました。世の中にはいろんな価値観をを持つ人がいるんだなと改めて感じさせられました。そしてその自分の趣味に対して独自のアプローチがあるんだと感じました。かくいう筆者もサッカーも日本代表も大好きで熱狂的なファンだと自負していますが、やはり実際にサッカーをやってみようと思うと全然身体が動かないんですよね(泣)。だから実戦はほどほどにあくまで熱心な傍観者ということにしています(笑)ちなみに筆者は学生の頃は一応文学部で、これでも熱心に小説を読み込んでいた時期がありました。今となってはちょっと恥ずかしい過去なのですが・・・「○○君て文学部なんだ!サッカー好きなのに文学部って珍しいね!」とよく言われます(笑)みんな文学部に偏見持ちすぎでしょう!決して小説ばかり読んでいる人たちの集まりではないんですよ!そこんとこよろしく!(笑)筆者のことは置いておいても、もしこの記事でこの作品群たちに興味を持っていただけたら、同じ内田篤人好き、そして日本代表のサポーターとしてこんな幸せなことはありません。あなたのお気に入りも見つかるかもしれませんので、よかったらこの作品群たちのページをめくってみてくださいね!ちなみにネットですけど(笑)ということで、本日は内田篤人の小説についてお伝えしました☆

よく読まれている記事
→内田篤人の嫁が出産間近と話題に!

スポンサーリンク



One Response to “内田篤人が登場する小説がやばいと話題に!”

  1. […] よく読まれている記事 →内田篤人が登場する小説がヤバすぎる… […]

コメントを残す

このページの先頭へ