内田篤人の速い足は傷だらけ…。再起不可の2つの理由

サッカー日本代表の女性人気ナンバー1、内田篤人の足に緊急事態です。

内田篤人といえば、端正なルックスや飄々とした性格がサッカー日本代表のサポーターの中でも男女問わず人気を集めていました。そしてサッカー選手とは思えないスタイルの良さや足の速さも魅力のひとつです。しかし、

スポンサーリンク



あなたは最近の内田篤人の姿を見ましたか?

現在1年以上右足ひざの怪我により戦列を離れている内田篤人ですが、その右足の古傷の状態と細さが大きな話題になっています。この記事では内田篤人の足の傷の現状が書かれています。しかし、この記事を見ると

内田篤人は万全な状態には戻れないのではないか?

そんな風に感じてしまうかもしれません。

そして復帰したとしても足の怪我により傷だらけのこの男をシャルケは起用してくれるのでしょうか?どうやらこの足の傷により内田篤人はシャルケからの信頼を失ったとも言われています。しかし、唯一の光明はこの男の復帰への強い思いなのです。この男は深刻な足の古傷から立ち直り、かつての速くて力強い姿を見せてくれるのでしょうか?

内田篤人の速い足!しかしその傷だらけの足の現状は・・・

6月に行われたキリンカップ。デンマーク、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブルガリア、そして日本が参戦したこの戦いは9月から始まるワールドカップ予選に向けた重要な試験だと言われていました。

そのため、試合に出場しないであろう負傷中の選手にもこのキリンカップにむけた合宿には召集されました。サッカー日本代表のハリルホジッチ監督は「組織の一員であることを認識させるため」と、この決定を説明しています。

もちろんこの合宿には足の怪我で復帰が遅れているこの男も召集されています。久々にピッチに降りて練習に取り組む姿を楽しみにしていた内田篤人の姿を見るのを、サポーターは楽しみにしていたのではないでしょうか?内田篤人と同じく快速で足の怪我に苦しむ武藤善紀や大迫勇也もこの合宿には召集されています。彼らは一様に怪我を感じさせない明るい表情を見せていました。

しかし、この合宿で見せた内田篤人の姿は非常に痛々しいものでした。こちらが合宿の時の内田篤人の画像です。

内田篤人の速い足は傷だらけ…。再起不可の2つの理由

かつてはもっと太かった内田篤人の足は見違えるほどに細くなってしまいました。恐らく速いことで知られていた自慢の快速も、この怪我により失われたのではないかと言われています。そして、右足の怪我により負担が大きくなっていた左足もなぜか傷だらけになっています。右足はビブスを外した時に、肌がボロボロになり、傷のようなものが残るのは、よくある事です。しかし、ビブスなどはつけていない左足の傷は一体・・?

内田篤人の右足の具合は予想以上に深刻のようです。今回はその右足の怪我や傷の状態について書いていきます。しかし、この記事に書かれている内田篤人の足や傷、そして失われてしまった速さに関する情報はサポーターにとっては、非常に残酷なものです。心して読んでください。

スポンサーリンク



内田篤人の足は再起不能!?快速は戻らないのか?

一部の指揮者の間では、内田篤人の足の怪我は本当に深刻で、もうかつて快速を誇った快速や精度の高くて速いセンタリングは元には戻らないのではないかと言われています。

それはなぜでしょうか?

内田篤人の足が再起不能といわれるのは、2つの理由があると言われています。

内田篤人の足が再起不能といわれる理由その①:プレーの質が怪我前に戻らない

内田篤人の右足膝の怪我は非常に重傷だと言われています。怪我の名前は右膝蓋腱炎といわれています。

内田篤人の速い足は傷だらけ…。再起不可の2つの理由

サッカー選手にとっては膝は消耗品だと言われていますが、この怪我はサッカー選手にとっては職業病とも言えるほどの怪我です。内田篤人に限らず、幼いころからボールを蹴っているサッカー選手の足は消耗しきっています。過去にも多くのサッカー選手も膝の怪我によりキャリアを断念してきました。

内田篤人の右足は回復傾向にあると言われていますが、それでもこの怪我により内田篤人の武器であった、速さや正確なクロス、そして粘り強い守備と言った持ち味は確実に失われるでしょう。

現に上の画像でも見たように、内田篤人の足はこの療養中にかなり細くなってしまっています。恐らく、復帰したとしても怪我をする前の速さや力強さ、そしてプレーの正確性は戻ってこないのではないかと言われています。

これが内田篤人の足が再起不能といわれる一つめの理由です。

内田篤人の足の怪我が再起不能といわれる理由その②:足の古傷の再発を気にしなければならない

仮に内田篤人が足の傷から復帰できたとしても右足の古傷の再発の恐怖に怯えながらプレーしなければなりません。

速さやパワー、精度が怪我する前の状態に戻らないのはもちろんですが、再発の恐怖とも戦わなければなりません。この右ひざの怪我は非常に再発の可能性が高い傷です。この男はこれからのキャリアで常に古傷を気にしながら、プレーしなければならないのです。そうなると、当然マックスの力でプレーするのは難しくなり、本来のパフォーマンスが発揮できなくなってしまいます。力を発揮することよりも傷の再発が気になってしまうのです。

このふたつが内田篤人が足の怪我から復帰しても完全な状態に戻るのは難しいと言われている理由です。

そして残念なことに、これからのキャリアで古傷とも戦っていかなければならない内田篤人にはさらなる追い討ちがかけられています。次はその真実をお伝えしましょう。

内田篤人シャルケから干される!?その理由とは・・・

これからのキャリアで内田篤人は古傷の再発の恐怖に怯えながらプレーしなければなりません。かつての速さや力強さをも失っていくと言われています。

そしてこの古傷は内田篤人とシャルケとの関係にまで影響を及ぼしています。

シャルケと内田篤人は2010年から契約しており、間もなく7年目のシーズンを迎えようとしています。しかし、ご覧頂いたようにこの男は右足に古傷を抱えています。シャルケでは何度か練習に合流し、本格復帰とも報道されましたが、そのたびに病院でのサイドのリハビリに逆戻りしています。

内田篤人の上向かない古傷に痺れを切らしたのか、シャルケは右サイドバックの補強を進めています。目玉はスペインのセビージャから獲得したコケ。

昨シーズンヨーロッパリーグで三連覇を果たしたセビージャのキャプテンで、無名ではありますが実力者です。足が速く右サイドのMFもこなせるユーティリティを兼ね備えています。

内田篤人の速い足は傷だらけ…。再起不可の2つの理由

このコケに加えて速いドリブルを持ったブラジル人DFのジュニオール・カイサラ、そしてベテランの元ドイツ代表のサーシャ・リーターが健在です。リーターはボランチとの兼任になりますが、この3人はそれそれが足の速さや攻撃力など独自のカラーもった選手で、シャルケの右サイドバックは非常に厚みのあるポジションになっています。

シャルケの戦力が着々と拡充される一方で、内田篤人は置いてけぼりを食らっています。コケを獲得したのも、内田篤人が古傷から一向に回復しないのに痺れを切らしたシャルケのフロントの判断だとも言われているからです。

シャルケサポーターからの熱い想い!古傷から復帰の内田篤人待望論!

しかし、唯一の光明はシャルケのサポーターが未だに古傷を抱えるこの古参のDFを待望していることです。シャルカー(シャルケサポーターの愛称)は全盛期の内田篤人のプレーのスピードの速さやクオリティの高さ、そして周囲との連携の良さを覚えており、古傷からの復帰を待望しているのです。

内田篤人の速い足は傷だらけ…。再起不可の2つの理由

現に昨シーズン主に右サイドバックのレギュラーを務めたカイサラは速さやドリブルこそ見るものがありましたが、全体的なパフォーマンスは中途半端なものでした。

こちらはシャルカーと交流する内田篤人の画像です。シャルカーはドイツのブンデスリーガのクラブチームの中でも最も熱い応援をするチームとも言われています。シャルケに対して深い愛着を感じている内田篤人は必ずこの期待に対して応えたいと考えているはずです。

全盛期を棒に振った内田篤人。かつての速さは取り戻せるのか?

内田篤人が棒に振った1年半はただの1年半ではありません。この男はサッカー選手の全盛期ともいえる27歳から28歳までの時間を丸々棒に振ったのです。そして2017年の3月には29歳になります。恐らくこれからこの男は古傷の再発とともに、自身の身体の衰えとも戦わなければならないでしょう。自慢の速さや守備力の高さは落ち込み、快速のドリブラーとの戦いは今後、劣勢を強いられるかもしれません。

内田篤人はこれから勝負のシーズンを戦います。このシーズンで本来の力を発揮できれば、サッカー日本代表での地位や欧州での評価も取り戻すことができるでしょう。

内田篤人の速い足や傷の具合についてお伝えしました。

そして内田篤人の快速の足が復活するには、当然家族のサポートが不可欠です。下のリンクには出産が近いと噂される内田篤人と、その奥様に関する情報が書かれています。奥様のサポートと子供の誕生により、内田篤人は足の古傷から復帰し、快速を復活させることはできるのでしょうか?

よく読まれている記事
→内田篤人の奥様が出産!?足の古傷との戦いの強力な追い風に!

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ