本田圭佑とエイベックスとのアスリート契約とは?

本日のテーマは本田圭佑とエイベックとのアスリート契約について!多くのタレントや歌手だけでなく、アスリートとの契約も結んでいるエイベックスアスリート。その実態と本田圭佑の関係を探ります☆

スポンサーリンク



タイムリーな話題は、イタリアからナショナルダービーの模様をお伝えします!多くの選手との契約を結んだ両チームの戦いは必見です☆これをみてあなたもエイベックス通に!(笑)

エイベックスアスリートとは

エイベックスと言えば多くのタレントや歌手のマネジメントをしている会社です。かつてはアーティストがメインという感じでしたが、最近はタレントと契約を結ぶこともあるみたいですね☆
芸能界でも大きな影響力を持つ事務所で、現在は安室奈美恵や倖田來未といった有名アーティストと契約していて、過去にはエグザイルと契約していたこともあったんですね☆すごく馴染み深いアーティストがたくさんいるんですね☆

アスリートを応援する部門が

そんな有名な歌手を多く抱えるエイベックスが、エイベックス・スポーツという部門を新しく立ち上げて、その部門のなかでエイベックスアスリートという新しいプロジェクトを立ち上げました。

吉本工業なとはすでに多くの現役、元問わずスポーツ選手と契約しています。それは大田プロやホリプロといった大手の芸能事務所も同じようにスポーツ選手と契約して、マネジメントをする部門があるんですね。

エイベックスアスリートは吉本工業や大田プロ、ホリプロなんかとはちょっと趣向がちがった部門のようです。正式名称はエイベックス・チャレンジド・アスリートという部門であり、プロジェクトとなっています。

エイベックスアスリートは主に障害者スポーツ選手を応援するプロジェクトで、アスリート達のパラリンピックへの出場をサポートしているみたいですよ☆

2020年には東京でパラリンピックが開催されるので、活躍するってのエイベックスアスリートの所属選手たちの勇姿を見ることができるかもしれません。

ちなみに明日からはパリで車イスフェンシングのワールドカップが開催され、明後日からは陸上の世界選手権がドーハで開催されるとのことで、エイベックスアスリートと契約している選手も参加するとのことです。エイベックスアスリートのホームページで詳細を確認することができますので、気になる方は是非ともエイベックスアスリートのホームページにアクセスしてみてくださいね☆

エイベックスアスリートと契約している選手たちを紹介

それではエイベックスアスリートと契約する選手たちを紹介しますね☆

まずは高桑早生選手は陸上の選手ですね。彼女はテレビで見たことがある人も多いのではないのでしょうか?
それから車イステニスの上地結衣選手。車イステニスも最近テニス人気の向上ともにスポーツニュースなどで目にする機会が増えました。
それから車イスバスケットボールの上村知佳選手。車イスに座ったままバスケットってのどうやるんですかね?きょうみがありますね♪バスケットボールは高さが重要な要素になりますけど、車イスバスケットボールの場合はどうなるのでしょうか?

エイベックスアスリートと契約する選手を紹介してきました

ここまでエイベックスアスリートと契約している選手を紹介してきました。

障害を抱えながらも懸命に奮闘するアスリート達を見て、本当にいろいろなフィールドで活躍しているアスリート達がたくさんいるんだなぁと感動しました。

まだまだ紹介しきれなかったアスリート達がたくさんいるので、皆様も是非エイベックスアスリートのホームページをご覧ください。

本田圭佑とエイベックスの契約アスリートとは?

本田圭佑とエイベックスとのアスリート契約とは?

次は本田圭佑とエイベックスとのアスリート契約を見ていきましょう。

本田圭佑はエイベックスとも契約がまだあるみたいなのですが、すでに個人の事務所を立ち上げて、自己プロデュースに励んでいるようです。エイベックススポーツは本田圭佑以外にも多くのアスリートと契約をしていて、有名どころでは野球選手では元阪神の金本選手や新井選手、そしてダルビッシュ選手とも契約しています。
バレーでは元日本代表の高橋みゆき選手と契約していたり、ゴルフでは谷原秀人選手とも契約、そして元フィギュアスケート日本代表の村主選手とも契約しているんですね♪

本田圭佑とエイベックスとのアスリート契約とは?
本当に各界のえりすぐりのアスリートたちと契約しているのが、エイベックススポーツなんです☆

そんなアスリートの中で本田圭佑もエイベックススポーツと契約を交わしている一人です。
個人事務所を立ち上げた都合で、隅々まで行き届いたマネジメントを受けているわけではないようですが、縮小したような内容で契約そのものは続いているようです。

現在は本田圭佑のお兄さんが中心となって本田圭佑のマネジメントをやっているみたいですね。
やはりサッカー選手はクラブや代表でのプレーが主ですから、なかなか芸能活動にかかりきりになるというわけにはいかないものですね。
エイベックスのような経験と実績のある会社から、マネジメントや本業とのバランスなんかを吸収して、現在は自分たちでやっているという感じなんでしょうかね?

ここまで、本田圭佑とエイベックスとのアスリート契約についてお伝えしました。

もはや一サッカー選手にとどまらず、ファッションリーダーにして、メディアスターのような風格まで出てきた本田圭佑ですが、本業とのバランスをとる上で、芸能事務所との契約は必須だったみたいですね。

恐らく、本田圭佑は引退後のキャリアプランとかも考えているとは思うので、エイベックスのような実績のある事務所と契約することで、キャリアプランに関するノウハウを吸収することができたのではないでしょうか?

スポンサーリンク



今後も本田圭佑の活躍から目が離せません。

長く私たちを楽しませて欲しいですね☆

それから、エイベックスアスリートに関しても、この機会に知ることができて本当に良かったです。

筆者もかつてスポーツをやっていましたが、スポーツが嫌いという人はいても、スポーツを好きな人の前に垣根があってはいけないですよね。
やはりやりたい人が分け隔てなく参加できるのが、スポーツのひとつのあり方なんだろうなと強く感じました。

エイベックスアスリートに所属する人たちはこれから大忙しらしく、世界中で開かれる大会に出場します☆

こちらもエイベックスアスリートのホームページに情報がたくさん載っているので、興味のある方、是非見てみてください☆

こんな障害者スポーツがあるんだ!とびっくりすると思いますよ☆

タイムリーな話題に

本田圭佑とエイベックスとのアスリート契約とは?

それではタイムリーな話題に移りましょうか☆

今日はイタリアで行われたイタリアダービーの詳細をお伝えします☆

ユベントス対インテルの一戦はスコアが動かず、スコアレスで終了のホイッスルを聞きました。

ユベントスがやや優勢に試合を進め、インテルが隙を見てカウンターを発動するという展開でした。

ユベントスは4-3-3と3-5-2を状況に分けて使い分ける、カメレオンシステムを採用。
キーマンは今夏に契約したクアルダード。
右ウイングバックとも右ウイングとも言えるポジションをとって、フォーメーションチェンジで相手をかく乱させることに成功しました。
ドリブル突破やシュートも冴えていましたね。
中盤はこちらも今夏に契約したケディラ、前線はモラタが入り、その脇にこちらも今夏に契約したディバラがオフセットしていました。

一方のインテルも今夏に大量の選手と契約して、移籍市場をにぎわせました。
本田圭佑が所属するミランとは同じ街のライバルです☆
インテルの前線は新しく契約した絶好調男・ヨベティッチとペリシッチの両翼がエース・イカルディを支えます。
中盤はこちらも今夏に契約し、トルコからやってきた、元ユベントスのフェリペ・メロがメデルとダブルボランチを形成。
最終ラインの中央はスペインからやってきて契約した二選手、ミランダとムリージョが入りました。

どちらも新加入選手が複数入った布陣で、イタリアダービーを迎えました。

筆者の予想はユベントスの勝利でしたが、GKハンダノビッチの活躍でインテルが守りきりましたね☆

前述のとおりどちらも多くの選手と契約を交わし、昨シーズンまでとは大きくことなるメンバーで臨んだ今シーズン。
陣容の大幅変更のリスクがより大きかったのは王者ユベントスで、コンテ監督時代から築いてきたポゼッションサッカーから完全に方向転換を計りました。
その結果としてはサッカーの内容の変化にとまどい、開幕から低調なできが続いています。
とはいえ、優秀な選手と契約することはできたので、これから組織の塾生と共に、チームのパフォーマンスがあがっていくと思います。

一方のインテルは総勢9名もの即戦力にして大物選手と契約を結び、大きく陣容を変化させました。
今のところ、結果はついてきており、上位につけております。

とはいえ、モウリーニョ時代のようなコンセプトのある補強はなく、圧倒的な強さもありません。
そもそも現在のマンチーニ監督は基本的に、前任者から引き継いだチームを強くして結果をだしてきた監督。
組織の形成はさほど、得意ではないので、今後徐々に勢いを落としていく可能性というのは十分に考えられます。

とはいえ、シーズンは始まったばかり、ローマミランフィオレンティーナも含めて、今シーズンは面白そうな展開なので、この後のシーズンの流れに期待しましょう☆

今日のまとめ

本日は本田圭佑とエイベックスとのアスリート契約についてお伝えしました☆

やはり、自己プロデューズに余念がない本田圭佑だけあって、今日の記事もファッション関係の記事と同様に、興味深かったですね☆

エイベックスアスリートについてしれたのも、本当に良かったです。

それでは今日はこのあたりで、さようなら☆★

よく読まれている記事

→本田圭佑が経営する会社とは?!

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ