【めったに見れない】本田圭佑テレビ出演情報?!

本日はめったにお目にかかることができない本田圭佑テレビ出演情報!セルフプロデュースの観点からバラエティ番組への出演を一切拒否している本田圭佑。本日はそんな日本代表のエースのテレビ出演情報をお伝えします!

スポンサーリンク



そして、数少ない本業以外でのテレビ出演情報も!あのモノマネ芸人をめぐって初のバラエティ出演?!日本代表のエースはバラエティ番組に出演したのか?出演しなかったのか?

日本代表のエースはバラエティ番組に出演したことがあるのか?

本田圭佑といえば日本代表や、ACミランでの試合、そしてスポーツニュースやCMなどを除いて一切のテレビ出演をしないことで有名です。これはかつて中田英寿が一切テレビに出演しなかったのと同じです。

【めったに見れない】本田圭佑テレビ出演情報?!

何故、本田圭佑はバラエティ番組などに一切出演しないのでしょうか?その秘密はこのレフティのアタッカーのセルフプロデュースにあります。日本代表のエースはかつてエイベックスに所属し、日本で本業以外でのメディア活動などの一切をエイベックスに委託していました。そして、エイベックスから独立した現在は本田圭佑のお兄さんが中心になって経営する「ホンダエスティーロ」という事務所を立ち上げて、マネジメントを行っています。そして、オリジナルプロデュースの香水などを発売し、流行の発信も行っています。しかし、相変わらずテレビへの出演は一切行っていません。セルフプロデュースの方針として、テレビ出演などを繰り返して安売りするのではなく、イメージを守る方針にしているみたいです。だから一切バラエティ番組などには出演しないんですね。

事務所所属で本業以外の仕事に大きなメリットが

サッカーに限らず、現在のスポーツ選手は引退後の生活も見越して、芸能事務所に所属するケースが珍しくありません。芸能事務所に所属することで、本業以外の仕事にも出演しやすくなり、逆に断りにくい仕事も事務所に所属していることで断れるということになります。代表的な事務所では、吉本興業やエイベックスなどです。エイベックスはエイベックスアスリートというスポーツ選手専門の事務所を立ち上げて、彼らの活動をバックアップしています。特に障害者スポーツに対して大きな力を入れていて、エイベックスアスリートに所属している選手の多くが2020年の東京パラリンピックへの出場を目指しています。

ある元スポーツ選手はすっかり、テレビでおなじみの顔に

芸能事務所に所属していたことで現役引退前後から精力的にテレビ出演を果たしていたある元スポーツ選手はすっかりテレビでおなじみの顔となりました。例えばプロ野球元巨人の元木選手は人気クイズ番組やバラエティ番組に多数出演し、すっかりテレビでよく見かける顔になりました。そして、最近では元サッカー日本代表の前園選手なんかも朝のワイドショーやバラエティ番組など、テレビで頻繁に見るようになりました。かつては日本代表選手の中でもトップクラスの実力と女性人気を誇った前園選手もそれからキング・カズこと三浦知良選手も度々テレビで見かけることが増えてきました。もう50歳になりますが、引退後のことを考えているのかも☆キング・カズでしたら引退後の仕事のことなんか考えなくてもテレビに引っ張りだこになるんじゃないかなーなんて思いますが。とはいえまだまだ元気に現役選手として頑張っている三浦知良選手。これからも中年の星として現役でい続けて欲しいですね☆

本田圭佑のテレビ出演

日本代表のエースがテレビに出演するということで大きな話題となったのが、2013年にNHKで放送されたドキュメント番組「プロフェッショナル~仕事の流儀~」です。

スポンサーリンク



この番組は内容も非常に話題を集め、ビジネスマンやスポーツをする青少年などの啓発として大きな注目を浴びました。この番組は動画配信サイトなどで高い視聴数を誇っています。この番組はその後3回放送されましたが、どれも高い注目度となっています。そして。この「プロフェッショナル~仕事の流儀~」への出演が数少ない日本代表のエースのテレビ出演となっています。未だにバラエティ番組への出演は叶っていません。

未だにバラエティ番組出演は叶わず…

未だにバラエティ番組出演が叶っていない本田圭佑ですが、そんな中、日本代表のエースの副業に影響を与えうる男が現れました。それはモノマネ芸人のじゅんいちダビッドソンです。

【めったに見れない】本田圭佑テレビ出演情報?!

芸能事務所のアニーパークに所属するこのピン芸人は2014年に本田圭佑そっくりのお笑い芸人として話題になりました。その特徴をとらえたモノマネとシュールなネタでテレビ番組でも引っ張りだこになりました。2014年のR-1グランプリでも決勝に進出し、なんと2015年には見事優勝というら快挙を成し遂げました。

テレビ番組の企画で公認を得ようと…

当時は日本代表のエースから公認を得ずにモノマネをしており、「完全非公認」そっくり芸人として活動していましたが、R-1優勝の商品として冠特番が放送されることになり、その番組の中で日本代表のエースから公認を得ようという事になりました。

この番組ではまことしやかに本田圭佑バラエティ初出演の期待が

この番組では、じゅんいちダビッドソンが日本代表のエースとの対面に向けて、前園選手(笑)と一緒に準備していき、ミラノにたどり着くという内容でした。そしてミラノにたどり着いたじゅんいちダビッドソンはなんと本田圭佑との食事の約束をしたのです!

本田圭佑テレビ出演かなわず…

しかし、結局日本代表のエースが画面に登場し、テレビ出演することはありませんでした。食事のシーンは完全にカメラNGで本田圭佑とマネージャー、そしてじゅんいちダビッドソンで食事をしたそうです。やっぱりテレビ出演NGなんですね~特にバラエティは。それでもじゅんいちダビッドソンが将来的に冠番組などを持った時にはバラエティ番組であっても出演するという約束をしてくれたらしいです。実は懐が深いところもあるんですね(笑)果たして本田圭佑初がバラエティ番組に出演する姿を見ることができるのでしょうか?その時を首を長くして待ちましょう☆

【めったに見れない】本田圭佑テレビ出演情報?!

同じ日本代表でも長友選手なんかは頻繁にテレビに出演していますが、本田圭佑はあまりテレビには出演しない方針なんですね。どちらかとポップで近寄りやすい長友とちょっと世間から距離を置いている本田圭佑ではセルフプロデュースの仕方が全然違いました。

元日本代表の孤高の天才もテレビ出演は基本NG

ここまで本田圭佑のテレビ出演についてお伝えしてきました。冒頭でもほんの少し触れましたが、テレビ出演を一切しない本田圭佑のスタンスは元日本代表の中田英寿と一緒ですね。この孤高の天才も一切のテレビ出演を断っていました。年末のバラエティ番組やスポーツ番組にも一切出演せず、出たのはやはりドキュメントだけでした。現在は時々チャリティーマッチなどに出場した様子をテレビで見かけますね。一方で元日本代表で現在は横浜Fマリノスでプレーする中村俊輔は、年末のバラエティ番組には時々出演しています。遠藤選手とのフリーキック対決などでテレビ出演していましたね。そしてスコッランドのセルティック時代には、「やべっちFC」なんかにも出演していました。寡黙でおとなしそうに見える中村俊輔ですが、実は結構若い頃からテレビ出演していたんですね。しかも結構バラエティよりのテレビ番組に(笑)

今日の総括~本田圭佑テレビ出演情報~

本日は本田圭佑のテレビ出演情報についてお伝えしました。スポーツニュースや代表戦などではよくお見かけする日本代表のエースですが(そりゃそうだ)、やはり過去を遡ってもドキュメンタリー番組以外で、テレビ出演情報を得ることはできませんでした。やはり、バラエティ番組などには一切出演しない方針なんですね☆CMには頻繁に登場しますが。そして、日本代表の過去のエース2人のテレビ出演情報も併せてお伝えしました。どちらかというと本田圭佑のセルフプロデュースは中村俊輔よりも中田英寿に近い、というかほぼ同じですね。スポーツニュースやドキュメンタリー以外には一切出演しないというスタンスです。(ちなみに中田英寿はプロデビューしたばかりの頃にカップラーメンのCMに出演して元気な姿を見せていました(笑))やはり、それぞれに独自のセルフプロデュースというかコンセプトというものがあって、本業以外ではそれを貫き通しているんですね。プロスポーツ選手もひと昔前に比べるとメディア仕事が増えてきて、芸能人化してきてテレビ出演も重要な仕事になりましたね。やはりその走りといったら元イングランド代表のデビット・ベッカムになるかもしれません。在籍したレアルマドリードが極端なメディア路線に舵を切ったので、露出が極端に増えました。今はやはりクリスチアーノ・ロナウドやリオネル・メッシ、ネイマールなんかが広告効果が非常に高い選手として知られています。特にクリスチアーノ・ロナウドは女性からの人気も非常に高いですね。本田圭佑も今後どのようなセルフプロデュースを行ってメディアとどのように付き合っていくのでしょうか?まだ少し気が早いかもしれませんが、引退後の動向も注目ですね☆

本日は本田圭佑のテレビ出演情報についてお伝えしました☆

そして下のリンクでは本田圭佑の目に関する記述がなされています。ある噂によると、「既に見えていない」、「もう治らない」などいろいろな噂が聞こえてきます。下のリンクでは真実を知ることができます。果たして真実は…

よく読まれる記事

→本田圭佑の目に異変!?果たして引退説の真相は?

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ