本田圭佑がトッテナム移籍?

本田圭佑にトッテナム移籍の噂が浮上しました。所属するACミランで出場機会に恵まれていない日本代表のエースにプレミアリーグの名門トッテナム移籍の浮上しています。

スポンサーリンク



果たしてこの移籍は実現するのでしょうか?トッテナムの戦力的な状況を考慮して金髪のレフティの移籍の実現性を検証したいと思います。本田ファンには必見の内容となっています☆どうぞご覧あれ!!

本田圭佑にトッテナム移籍の噂が…

ここ最近、本田圭佑にトッテナム移籍の噂が浮上しています。トッテナムといえば、イングランド・プレミアリーグの名門チームです。チェルシーやアーセナルなどとともにロンドンに居を構える強豪チームです。本拠地はホワイトハートレーンです。熱狂的なサポーターで知られるスタジアムで知られ、トッテナムの選手たちを熱く応援します。

トッテナムの戦力的な状況

日本代表のエースの移籍先として噂が浮上したトッテナム。

本田圭佑がトッテナム移籍?

それではこのトッテナムが日本代表のエースを受け入れられるような状況なのか、検証していきたいと思います。

トッテナムの基本フォーメーションは4-2-3-1。

ゴールキーパーはフランス代表のロリス。今夏レアルとマンチェスター・ユナイテッド移籍の噂も浮上したプレミアリーグでも有数のキーパーです。

センターバックは共にベルギー代表のフェルトンゲンとアルデルワイレルト。前者が左利きで後者が右利きのDFで、共にアヤックスで育成されました。アルデルワイレルトは今夏アトレティコから移籍してきました。昨シーズンまではプレミアリーグのサウサンプトンにレンタルに出されていて、日本代表の吉田麻也ともプレーしました。昨年の一年間でプレミアリーグの激しい戦いにすっかりと適応し、トッテナムに移籍してきました。この二人はともに来年フランスで行われるユーロ2016で躍進が期待されるベルギー人コンビです。フェルトンゲンは左サードバック、アルデルワイレルトは恐らくベルギー代表は右サイドバックを勤めると思われます。バックアップは今夏ドイツのケルンから移籍してきたオーストリア代表DFヴィンマーと数少ないイングランド人のダイアーです。このダイアーは最近守備的MFでも起用されており、イングランド代表にも定着が期待されています。若年層ではイングランド屈指のプレイヤーです。ポルトガルの名門スポルティング・リスボンで育ち、移籍してきたという変わったイングランド人としては変わったキャリアをもつ新鋭です。

右サイドバックはイングランド代表のウォーカーを今夏バーンリーから移籍してきた新鋭トリッピアーがサポーター支えます。

左サイドバックはイングランド代表のローズです。ウェールズ代表のデイビスがバックアップします。

トッテナムの中盤

トッテナムの中盤に目を移します。

センターハーフはイングランドの新鋭デル・アリが務めます。今冬に熾烈な争奪戦を制してMKドンズから獲得した新鋭で、イングランドの未来を背負って立つと言われる逸材です。デル・アリの相棒にはデンベレかペンタレブかダイアーが入ります。デンベレは今夏移籍の噂がありましたが、結局残留に落ち着きました。

トッテナムの中盤にはパウリーニョというブラジル代表のスタメン選手がいましたが、トッテナムではかつやくできず、中国に移籍しました。

トッテナムの2列目の陣容は

トッテナムの2列目は多士済々です。サイドには今夏レバークーゼンから移籍してきた韓国代表ソンがおり、ベルギー代表のシャドリが左にオフセットします。このソンもシャドリも日本代表のエースを上回る屈強な肉体を誇り、サイドアタッカーとしては珍しいタイプの選手を、トッテナムは2人も抱えていることになります。これは本田圭佑移籍においては重要なポイントとなります。

スポンサーリンク



また、本田圭佑と同じく左利きのラメラやタウンゼントもいます。また、デンベレも2列目をこなし、彼は日本代表のエースと同じく左利きです。トッテナムの2列目は層が厚いのです。

トップ下は昨季プレミアリーグでも有数のアタッカーに成長したデンマーク代表のエリクセンが務めます。このエリクセンがプレースキッカーも務めます。

トッテナムの前線は?

最後にトッテナムの前線です。

トッテナムのワントップは昨季飛躍したハリー・ケインが務めます。

本田圭佑がトッテナム移籍?

今夏マンチェスターユナイテッドへの移籍の噂もあがったケインですが、残留してトッテナムサポーターの期待に応えました。控えはサイドからソンを代用するか、今夏フランスのリヨンから移籍してきたエヌジエという選手が務めます。

ちなみにトーゴ代表のアデバヨールは完全に戦力外の様子です。冬の移籍市場解禁とともに、新天地に移籍すると思われます。

トッテナムの状況は

トッテナムはチャンピオンズリーグには出場できませんが、分厚い戦力を誇るチームです。毎年のようにトップクラスの選手が移籍してきます。近年はその補強の結果が出ていませんが、毎年チャンピオンズリーグの出場権争いに絡んできます。

今シーズンのトッテナムは現時点で5位に位置しています。現在はチェルシーやリバプールといったチームがつまづいており、この順位をキープできています。これからどこまで現状のままシーズン後半を迎え、正念場に余力を持って臨めるかがポイントになります。

本田圭佑移籍の余地は?

それでは本田圭佑にトッテナム移籍の可能性はあるのでしょうか?戦力的な状況を考慮して検証してみます。

トッテナムの4-2-3-1に日本代表のエースが収まるとすれば、2列目の右サイドかトップ下になります。このポジションにはソンとエリクセンなどがおり、特に右サイドは非常に層が厚いです。またソンは日本代表のエースと同等のフィジカルコンタクトを誇り、しかも突破力や俊敏性でも勝ります。しかも控えにはタウンゼントなど、突破力に長けた選手がおり、日本代表のエースが仮に移籍してきたとしてもこのポジションで使われる可能性は非常に低いでしょう。

一方のトップ下はエリクセンの独壇場です。本田圭佑が仮に移籍してきたとしても、エリクセンの控えとして扱われる可能性が低くありません。特に近年のエリクセンはアヤックスから移籍してきて以来、高パフォーマンスを見せており、トッテナムオフェンスを司る選手に成長しました。現在はエリクセンの控えはソンやデンベレなど、他のポジションを兼任している選手なので、シーズン後半の厳しい時期に向けて専用の控えを確保する可能性はあります。

本田圭佑がトッテナム移籍を受け入れるか?

これまで見てきたように、トッテナムには日本代表のエースを獲得する可能性がわずかにあります。資金的にも問題はなく、アジアにマーケットを拡大する上でも日本代表のエースが移籍してくるのはトッテナムにとって旨味がありそうです。

問題は日本代表のエースが控えとして移籍することに納得するかどうか。プライドの高い本田圭佑はスタメンの座を保証するようにトッテナムに対して求めるかもしれません。

本田圭佑がトッテナム移籍?

仮にトッテナムでも出場機会に恵まれなければ、日本代表での地位にも影響を及ぼします。ハリル監督はクラブで控えの選手をあまり使いたがらない傾向があります。例えば川島なんどは全く代表に呼ばれなくなりました。

2018年のロシアワールドカップ出場を目指す本田圭佑にとって、クラブで控えの立場となると、代表でも苦しい立場になってしまいます。いくら挑戦的な本田圭佑といえど、このリスクは負えないのではないでしょうか?

トッテナムの分厚い選手層を考慮すると

これまで見てきたように、トッテナムの分厚い選手層を考慮すると、本田圭佑がトッテナム移籍を決断する可能性は高くないかもしれません。仮にチャンピオンズリーグへの出場権を得た場合には、選択肢として浮上してくる場合がありますが、
その場合はトッテナムもさらなる補強に動くはずで、スタメン争いはさらに過酷になる可能性があります。

これらを考慮して、日本代表のエースがトッテナムに移籍する可能性は低いといえるでしょう。

今日のまとめ

今日は本田圭佑のトッテナム移籍の可能性を検証してみました。トッテナムには現状でも本田圭佑より優れたアタッカーが多く、彼らを押しのけてスタメンを獲得するのは至難の技と思われます。代表での立場も考えて、トッテナムへの移籍は避けるのではないでしょうか?

本田圭佑がチャンピオンズリーグへの出場にこだわるのであれば、トッテナムより出場の可能性が高く、スタメンを確保しやすいチームはイタリアやスペイン、フランスなどにあるかもしれません。一度4大リーグを経験した本田圭佑がそれ以外のリーグでのプレーを受け入れるかどうかはわかりませんが、より現実的なラインに移籍するのも充実した選手生活を送る上では重要かもしれません。少なくとも、今のミランに在籍するよりは多少格が落ちてしまうチームへの移籍もやむを得ないと思います。

今日は本田圭佑のトッテナム移籍の噂について検証してみました☆これからも本田圭佑の動向に注目していきましょう☆

そして下のリンクには本田圭佑の目に関する詳細な情報が書かれています。一説にはこの目の状態が原因で引退も検討しているというほど、状態は申告会sていると言われています。果たして真実は…?

よく読まれる記事

スポンサーリンク



One Response to “本田圭佑がトッテナム移籍?”

コメントを残す

このページの先頭へ