本田圭佑の日本代表引退プランと生き方について考える

本田圭佑の代表での今と未来、そして日本代表引退プランについて考えてみました。今日は少しまじめな話題です。日本代表のエースは引退が近づいてきたときどんな選択するのでしょうか?

スポンサーリンク



キャリアの岐路に立ったときの日本代表のエースの選択とは?あなたの人生にも問いかける?本田圭佑の生き方に注目です☆

本田圭佑の生き方

本田圭佑の代表引退プランと生き方について考える

今日は本田圭佑の日本代表での立場や生き方について考えてみました。それから多くのサッカー選手の生き方や、現在のサッカー界の潮流にもふれています。なぜ生き方という言葉を使ったかというと、サッカー選手の中には、最後の最後までボロボロになるまでサッカーをやり遂げるっていう生き方をする人と、ある程度稼いだら辞めるっていう生き方をする人が人がいるんですね。批判的な話ではなくて、あくまで個人の生き方・価値観なので肯定的に見ていきたいと考えてます♪

日本代表ではすっかり中心に

本田圭佑といえば、これまでのブログでも書いてきましたが、日本代表でも中心的な役割を担っています。奇抜なファッションや言動、生き方で時には多くの人の度肝を抜きます。生き方に関しては、その発言からもあるようにわが道を行く、カリスマ性を備えてますよね。

現在の代表の主要フォーメーションは4-3-3。本田圭佑はスリートップの右のポジションを任せられています。
サイドに開いたポジションですが、クロスをあげたりすることはさほど多くなく、中央に切れ込んでミドルシュートを打ったり、スルーパスを出したり、ゴール前にあわせたり、というのが、本田圭佑の代表での主な仕事ですね。

これまで日本代表では2010年でのワールドカップでセンターフォワードを任せられたり、その後トップ下を任せられたりと多様な役割に対応してきました。これは本田圭佑のひとつの持ち味でもありますね。2010年のワールドカップでは本田圭佑は、当時の中心人物だった中村をベンチにおいやり、結果的に中村代表を引退しました。年齢的には代表との掛け持ちは難しかったと思うので、中村は代表を引退していたかもしれません。

中村俊輔との確執とは・・・

最近、タレントの清水圭さんが本田圭佑が中村に暴言を吐き、それが中村に日本代表からの引退を決断させたと暴露していましたが、真偽のほどは定かではありません。ただ当時の血気盛んな本田圭佑ならありえたかもしれませんね。味方にも高いレベルを求める本田圭佑らしい生き方ですね。中村も2006年に代表を引退した中田英寿とはあまり話さないなど、いろいろ噂がありました。スター同士、やはりライバル意識というものがネガティブに働くこともあるんですね。これは私のような凡人にはわからないような次元のお話だと思います。(笑)

いずれにしても、本田圭佑の登場と活躍が代表に新時代の到来を予感させました。その後、本田圭佑は日本代表の中心として飛躍しました。

週刊誌レベルの噂で恐縮ですが、2006年の日本代表は中は良くなかったというのは良く聞きますよね。前述のとおり中田は引退を発表したときのブログで何人かの選手を傷つけたとありましたし、宮本(2011年に引退)も中田とのやりづらさのようなものを話していました。中田はあっさりと引退し、サッカー以外のことにも興味を傾け、独自の生き方を選択しました。ボロボロになってまで、サッカーをやり続けるという生き方は選択肢になかったのかもしれませんね。最近ではスウェーデン代表のイブラヒモビッチが、「血を吐いてまでサッカーをやらない」という旨の発言をしていました。これも非常に彼らしい生き方ではありますよね。

本田圭佑の代表引退プランと生き方について考える

2006年の代表は強烈な個性が集まっていたので、中心が定まっていないような印象を受けました。今はほとんどの選手が引退(代表だけでなく現役を引退)しました。残っているのは、中村、中沢、楢崎くらいでしょうか。
もうすっかり時間もたったので、雪解けがあってもいいかもしれないですね。単純に日本代表のファンとして興味があるし、引退した選手たちが集まって話すのをみるのはなかなか感慨深いことですから。

コンディショニングが重要に

本田圭佑に関しては、クラブでの活躍はともかくとして、日本代表では依然として中心のままです。

このまま2018年のロシアワールドカップまで本田圭佑がこれまでのコンディションを保てるのかが注目ですね。
仮にロシア大会を終えたら、そのときは本田圭佑が日本代表を引退するときかもしれません。

もちろん本田圭佑がワールドカップに日本代表の一員として召集されなければならないのですが、本田圭佑は自分自身に対して厳しい選手なので、もう自分が代表に貢献できないと感じたら、あっさりと引退を宣言するかもしれませんね。サッカー選手は寿命が短いので、どうしても年齢を重ねると、体調を考えても代表を引退するケースが多いです。それは本田圭佑も例外ではないと思います。

スポンサーリンク



本田圭佑も2018年は33歳。
老け込むような年齢ではないですが、日本代表を引退するタイミングとしてはベストかもしれません。
ワールドカップに3回出場することがそもそも驚異的なことですから。

これまで、ワールドカップに3回出場したのは、遠藤や中田、川口くらいでしょうか。
世界でもそんなに多くないので、いかにすごいことかわかると思います。
本田圭佑はそんな偉大なことに挑戦しようとしています。

なんせ4年に一回しか開催されない大会なので、4年もたつと選手は衰えるし、新しい選手の台頭もあるし、生き残るのが本当に大変なんですね。最近は南野選手が代表に初召集されましたし、乾や宮市も代表に復帰してくるかもしれません。若い世代の代表やJリーグにも優秀な選手が出てきているので、本田圭佑にも新しい世代の波が押し寄せてくるかもしれません。特に日本代表は守備の選手より、攻撃的な選手の方が台頭してきやすいので、特に本田圭佑には厳しい時代がやってくるかもしれませんね。今の日本代表では戦力的にも精神的にも本田圭佑は不動の存在ですが、このまま悪い調子が続くと引退の日は意外とすぐにやってくるかもしれません。わかりませんが彼らしい生き方・選択のようにも感じます。

本田圭佑の現役引退プラン

代表の引退にかんしてはひとまず置いておいて、では本田圭佑は現役生活の引退に関してはどのよう選択・生き方を考えているのでしょうか?私は本田圭佑は日本には戻らずにヨーロッパ、もしくはアメリカで引退するかもしれないと考えています。ヨーロッパはもちろんまだまだJリーグよりもレベルが高いです。競争的でお金も稼げるヨーロッパにいられることは、サッカー選手にとってステータスでもありますし、野心的な本田圭佑にとってはヨーロッパの地で引退することは本望な生き方かもしれません。

アメリカでのサッカー事情

一方のアメリカに関しては、最近サッカーの熱が急激に高まっています。これまでは引退が近いベテラン選手が最後に一花咲かせるために選択することが多かったのですが、最近は若い選手もアメリカに移籍するようになり、もしかしたら十数年後はサッカーの主要国になっていてもおかしくありません。今夏は2014年にイングランド代表を引退したジェラード、同じく代表を引退したランパード。ランパードは実はさほど才能に恵まれていないと言われていた選手ですが、努力に努力を重ねてヨーロッパでも最高位の位置に到達するという、すばらしい生き方を選択したMFです。一般的にはジェラードのほうが評価が高いかもしれませんが、私はランパードの精神力の強さや生き方が本当に大好きです。まだ代表を引退していませんが、そのときは近いといわれピルロ(本田圭佑のACミランの先輩ですね)がアメリカに新天地を求めました。ピルロも最後の最後までサッカーをやりぬくという生き方を選択したのかもしれません。近年は何度も代表からの引退がささやかれましたが、残り続けています。それから2014年のワールドカップで代表を引退した元スペイン代表のビジャも引退する前にアメリカを選択しましたね。また、同じく昨年代表を引退した元コートジボワール代表のドログバもモントリオールへ移籍しました。ドログバのチェルシーに対する思いは本当に印象的で、一度退団しましたが、復帰してチームの優勝に貢献しました。感動的な生き方ですよね。それ以外だと元イタリア代表ネスタ(彼も本田圭佑の先輩)もアメリカで引退。ベッカム(本田圭佑の先輩です)も結果的に引退はしませんでしたが、アメリカの地を選んでいます。
ベッカムは華麗なスタイルばかりが注目されましたが、最後の最後までフットボールをやりぬくという生き方をしました。本当に偉大な選手ですね。ルックス抜きにしても本当に魅力的な選手でした。最近ではイタリア代表のジョビンコやメキシコ代表のドス・サントスが若くしてアメリカ行きを決断し、新天地で活躍するという生き方を選択しました。古くはもとブラジル代表のペレや元オランダ代表のクライフなんかも、アメリカにサッカーというスポーツを根付かせるという生き方を選択しましたが、時代は変わって今は選手の方がアメリカでの生き方を模索するようになったんですね。忘れてましたが、元ドイツ代表のベッケンバウアーもアメリカにサッカーを根付かせる、創始者になる生き方を選択しました。

かつて、元ブラジル代表のジーコは日本でプレーし、日本にサッカーを根付かせる生き方を選択。リトバルスキーも同じ生き方を、ストイコビッチも同じような生き方を選択しましたね。ストイコビッチに関しては、監督しても評価され外国人監督でもJリーグで活躍できるという指標にもなった、すばらしい生き方をしていますね。今はアメリカで再びそんな生き方を選択するという選手が多いんですね。アメリカ代表も実はサッカーが強くて、本気を出せばいつかアメリカがワールドカップで優勝するなんて言われているんです。そもそも人口が多いですからね。最近だと長く代表で活躍したドノバンなんかが引退しましたが、過去にもレイナ(2008年引退)やケラー(2011年引退)などヨーロッパでも馴染みのある選手がたくさんいたんですね。そんなサッカー勢力図の変動もあって、多くの選手が引退する前にアメリカでプレーするなんて噂が多いんですが、本田圭佑もアメリカでプレーする日がくるかもしれませんね。

サッカー選手の珠玉の言葉

私はしがないサラリーマンなので、サッカー選手とは違い細く長い生き方を考えなければなりません。
(人生のことではなく、職業としてですね)

当面の目標はこのブログを続け、勉強を怠らずに仕事に精進し続けることです。なかなか難しい生き方ですが、こう見えても充実した生き方なんです。私なりに(笑)

サッカー選手の生き方を見ていると本当に考えさせられます。能天気な天才がほんの一瞬で世界的な名声を手に入れたかと思うえば、あっという間に転落していくこともあるし、無能な努力家が、地を這ってキャリアの晩年に大輪の花を咲かせることもあるんです。本当に多様な生き方があるんですね。私は後者のような生き方をしなければなりませんね、なんの才能もないので(苦笑)今日は本田圭佑の代表でのエピソードを中心に、多くの選手の生き方を振り返ってみました。なんだか少しハートフルな内容だったと思います(笑)僕自身も生き方を考えさせられました。それでは本日はここまでです。

追記~本田圭佑、引退について語る~

あなたは1月3日に放送された「日本サッカー新時代~2018年への旅~」をご覧になりましたか?日本代表のエース、本田圭佑と元日本代表のストライカー中山雅史が退団したことで話題になったこの動画の再生回数が衝撃的な数字になっています。この動画は本田圭佑がミランでの日々の中で思うことや鬱憤や不満をぶちまけるなど、かなりハードな内容ということで周囲を驚かせました。ミランのファンは「過去の栄光にすがり過ぎ」「俺に(元ブラジル代表FW)ロナウドのドリブルを求めるな」「ボールに触る前からブーイングがくる」など過激な発言が話題を呼び、本田節は健在であることを証明してみせました。また、自身がオーナーを務めるオーストリアのクラブチームや日本とアメリカで開校したサッカースクールについても言及し、未来の日本代表についても言及しています。

そして、この対談の中で最も大きな話題をさらったのが、引退についてです。本田圭佑は既に「衰えを感じている」と発言し、その時がそれほど遠くないことを示唆しました。また、2014年のブラジルワールドカップでの惨敗の後に岡崎慎司選手と「辞めようか」という話をするほどに傷ついたと告白し、普段はポーカーフェイスとして知られるこの男の意外な一面を垣間見ました。「勝てないと思ってるんだったら辞めた方がいい」本田圭佑はこんな風に敗北の屈辱を表現しました。それに対して中山雅史はこんな風に対応しました。「それをどうにかしようっていうのが本田選手なんじゃないんですか?」恐らく多くの人たちが納得したことでしょう。そう、どんな時でも常に諦めなかったのが本田圭佑という男だったはずです。しかし、本田圭佑の口から出たのは意外な言葉でした。

「今はどうかできると思ってるんで続けてますけど、もしどうにもならへんかなって、フィジカル的なものも含めて思えるような時がきたらバシッと辞めようと思ってます」

そう、本田圭佑は確実にその時を意識していました。確実に肉体が衰えつつあることを認識していたのです。恐らく2018年に行われるロシアワールドカップは本田圭佑にとってキャリアにおける最後のワールドカップになるでしょう。ロシアは本田圭佑がプレーした思い出深い地です。そこでなるべ高い結果を出す。それが本田圭佑の現在の目標なのです。そしてこのワールドカップを最後に本田圭佑、岡崎慎司、川島永嗣といった、長年日本代表を牽引してきた中堅層やベテランはチームを離れることになるのでしょう。あるいは内田篤人も同じような選択をする時がやってくるかもしれません。そして日本代表は新しい時代へと突入していきます。果たして、この金髪のレフティは日本代表をロシアワールドカップの舞台に導けるのでしょうか?いよいよ今年から日本代表の戦いは最終予選へとさしかかっていきます。

よく読まれている記事

→本田圭佑と内田篤人のエピソード

スポンサーリンク



One Response to “本田圭佑の日本代表引退プランと生き方について考える”

  1. […] よく読まれている記事 →本田圭佑、日本代表からの引退を検討? […]

コメントを残す

このページの先頭へ