本田圭佑が海外で人気の理由・・・

あなたは本田圭佑の海外での人気の理由を知っていますか?日本におけるこの男の人気はまさしく否定派肯定派がほぼ半分に分かれています。果たしてその理由とは?あなたはこの記事を読み終わったときに、

スポンサーリンク



本田圭佑の凄さに驚愕するでしょう。2008年に極東の島国から生みを渡り、海外進出を果たしました。これまでオランダやロシア、そしてイタリアでプレーしてきた本田圭佑。この金髪のレフティはどうやって海外での人気と地位、名声を手に入れてきたのでしょうか?そしてこの男がこれまで残してきた功績とはいかに?そしてこの男が一部からカルト的な人気を誇る理由をお伝えしましょう。ほんの少しだけ本田圭佑のことが誇らしい気持ちになれる素敵なストーリーをお伝えしましょう!

イタリアでの本田圭佑の人気とは?

イタリアは既にワールドカップで4度の王者に輝いた世界屈指の強豪です。一方で近年はタレントの枯渇が叫ばれており、一時期ほどの強さや勢いは現在のイタリア代表にもセリエAにもありませんが、未だに世界でのトップクラスのチームであることは間違いありません。そんなイタリアで古くから愛された戦術は「カテナチオ」という戦術です。今となってはあまり聞くことはなくなってしまいましたが、いまだにこの戦術は人気で、海外サッカーが好きなオールドファンの中にもイタリアといったら「カテナチオ」と記憶している人はたくさんいるのではないでしょうか?

本田圭佑が海外で人気の理由・・・

「カテナチオ」とはイタリア後で「かんぬき」の意味で、イタリアのチームが形成する強固な守備のことを指します。イタリアは伝統的にこの硬い守備から、カウンターで前線の1人か2人のファンタジスタにボールをつなぎ、攻撃の全権を託します。それはパオロ・ロッシであり、ロベルト・バッジョであり、ジュゼッペ・シニョーリであり、ジャンフランコ・ゾーラであり、アレッサンドロ・デルピエロなのです。彼らは一様に試合を勝利に導いてくれるファンタジスタたちとしてイタリア国内での人気はもちろんですが、外国でも人気を集めた選手たちです。

そんなイタリアでプレーする本田圭佑は一部から大きな人気を集めています。そしてミランはイタリアの中では世界的な人気を持つ数少ないクラブです。時に超毒舌でこの男を攻撃することもある海外メディアですが、実はこの男を大きく評価する海外メディアもあるのです。

「カテナチオ」においては、相手にとどめをさすファンタジスタの存在も重要なのですが、彼らを支える守備者たちも非常に重要なのです。「カテナチオ」の強固な守備を実現するには中盤の選手も懸命に守備参加しなければなりません。

本田圭佑はまさしく守備にも精をだす攻撃的MFとしてイタリア国内のオールドファンから大きな人気を集めています。彼らからしてみれば、古きよきイタリアのサッカーを見ているような気にさせるのが本田圭佑なのかもしれません。だからこそこの男はイタリアや海外でも高い人気があるのです。

スポンサーリンク



ナポリ戦での驚異的ディフェンス

海外メディアが大きな注目を集めた2015-2016シーズン後半のナポリ対ミラン戦です。ユベントスに追いつかれかけおり、序盤戦の勢いを失いかけていたナポリと、守備的なサッカーがはまり連勝街道を驀進していたミランが戦ったこの一戦では、まさしく本田圭佑の守備力が大きく注目された試合となりました。ミランから勝利を掴もうと序盤から猛攻をしかけるナポリに対し、ミランは防戦一方となります。しかし、本田圭佑が右サイドで素晴らしいディフェンスを見せて防衛。パスカットや1対1、そしてクロスのコースを限定するなどして、ナポリに食って掛かりました。この試合は1-1終え、ナポリは完全に気落ちし最終的にユベントスにも追い越されています。この金髪のレフティの活躍に海外メディアの反応は、

「日本のサムライが、兵隊となって水を運んだ」

と賞賛したのです。「水を運んだ」というのは海外サッカーにおいては中盤の選手のゲームメイクを意味します。最終ラインの位置まで下がって守備に従事し、正確なパスで攻撃の組み立てに絡んむなど気持ちの入ったプレーをした本田圭佑を海外メディアは絶賛したのです。もちろん攻撃面での貢献は十分ではなかったのですが、そもそも攻撃している時間が非常に短かった中で、本田圭佑の働きは海外メディアから上々の評価を得ました。また、オールドファンから見ればこの日のミランが見せたのは、まさしく古きよき「カテナチオ」です。この日のミランがイタリアのメディアで関わらず、多くの人たちから賞賛されたのは、彼らのノスタルジーの琴線に触れたからなのです。

ナポリ戦には深き因縁が・・・

本田圭佑にはナポリ戦においては深い因縁がありました。2015年の10月に行われたナポリとの試合で、ミランは何もできず大敗。そしてそんな状況下で出番がなかったことやミランのクラブとしての体制を批判したのが、本田圭佑だったのです。こちらがその時の背番号10の発言です。

「何で出れなくなったか分からない。こういう試合をやっていて出れるチャンスがないのがおかしい。イタリアのメディアの大問題だと思うんですけれど、誰がいい、誰が悪いというのをこういう試合で話すのがナンセンスですよね。ある程度、誰がやってもダメというのは、この3年ぐらいで分かったと思う。そこを今日しっかり学ばないと。(マンチェスター・)シティやパリ・サンジェルマンぐらいお金を使うか、もう少しストラクチャー(構造)の部分で見直していかないといけない。でも、選手が気づいていてもこのチームは変わらない。トップの人間が気づく、経営陣が気づく、監督が気づく。そして、選手たちが気づく。同時にファンたちも気づいていかないと。僕はファンの拍手のタイミングを見ていても、勝つことだけに左右されているファンだなと気づく。内容など見ない。勝てば拍手する」

「その時点で、選手に責任があると語っているという時点でナンセンス。100億ぐらい使って選手を試している。トップトップのプレーヤーではないとしても、代表チームの選手が集まっている集団。それでなぜ、彼らが出ている選手が与えられたポジションで生き生きとプレーできないのか、もう少し構造的な問題。評価基準をメディア、ファン、経営陣から大きく変えることができれば、大きく再建につながるのではないかなと思う」

このミランへの批判は海外メディアはもちろん日本でも大きく報じられました。ミランでは選手が造反することは、非常に珍しいことだからです。この背番号10の発言には「試合に出ていない選手が言うな」とイタリアメディアの批判もありましたが、一方で擁護する意見も多くありました。

「本田圭佑の発言は的を得ている」

という擁護する海外メディアも多くいたのです。むしろミランのサポーターの中には現在のクラブの体制に不満があるものが多く、「よく言った!」と賞賛するものまでいたようです。やはりミランのサポーターの間でも本田圭佑は一定の人気を持っているようです。

本田圭佑が海外で人気の理由・・・

こんな経緯があっただけに、本田圭佑もこのナポリ戦には並々ならぬ決意があり、その想いがリターンマッチで気持ちの入ったパフォーマンスを見せた理由なのです。

ユベントス戦での気合のディフェンス!

さらに大きな賞賛を受けたのがコッパイタリア決勝でのユベントス戦です。本田圭佑にとってはミランでの初めてのタイトルをかけたこの一戦で、本田圭佑は気持ちの入ったディフェンスで、対面するフランス代表ポール・ポグバを封じ込めたのです。ポグバといえば今や、ユベントスとフランス代表の顔でもあり、世界最高のインサイドハーフと言われています。そんな選手を封じ込めたこともあり、海外メディアは本田圭佑の守備面での貢献を高く評価しました。また、敗れはしたもののこの背番号10を批判するミランサポーターの人々はほとんどいませんでした。

意外と知られていない本田圭佑の東南アジアでの活動

ここからは意外と知られていない本田圭佑の東南アジアでの活動をお伝えしましょう。実はこの日本代表のエースは東南アジアでも高い人気を誇っているのです。それは2014年の年末のことです。本田圭佑はミランでのウインターブレイク期間を利用して、タイでサッカー教室を開講したのです。タイは現在急速にサッカー人気が高まっており、いまではすっかり人気スポーツなのです。FIFAランキングでもどんどん順位を上げている、注目の国なのです。

本田圭佑が海外で人気の理由・・・

タイの子供たちにとっては、欧州で活躍する選手の指導に触れるまたとない機会ということもあって、大盛況を収めたとのことです。このサッカースクールにはタイ人の小学生25人とタイ在住の日本人25人が集まったということです。日本では当然人気の高い本田圭佑だけにタイ人の小学生はもちろんですが、日本人小学生にとっても人気サッカー選手の指導に触れる貴重な機会となりました。

海外でも精力的にサッカースクールを開校している本田圭佑だけに、やはり東南アジアでも人気は高いようです。

もっと意外な韓国での人気

実は本田圭佑は日本人選手としては珍しく、韓国での人気が高い選手なのです。韓国といえば何かと日本のことを悪く思っていて、決して日本人スポーツ選手の人気が高いとは言えない国です。しかし、そんな韓国でも本田圭佑の人気は高いのです。

本田圭佑が海外で人気の理由・・・

理由はCSKAモスクワ時代に韓国代表のキム・インソンと共にプレーしたことがきっかけです。ロシアでのプレーに苦しんでいたキムを本田圭佑はサポート。

「一生懸命がんばり続ければ、パク・チソンのようになれる」

と励まし続けたのです。そしてキムは本田圭佑と韓国料理を食べに行ったことも告白しており、そんなエピソードがあることが韓国でも高い人気を得ている理由なのです。

総括~本田圭佑の海外での人気とは?~

本日は本田圭佑の海外での人気についてお伝えしました。あまり調子がよくなかった今シーズンのミランではキャプテンのモントリーボやエースのバッカまでもが人々の批判の対象となってしまいましたが、本田圭佑は最後にはあまり批判されなくなりました。この男がチームの為に身を粉にして奮闘していることが人々にも伝わったからでしょう。この男はミラニスタの間で一定の人気を集めているのです。意外だったのは韓国での人気でしょうか?日本に対しては強烈なライバル意識をむき出しにし、外交など政治的な問題まで含めて、韓国との解決しなければならない問題は山積みですが、実はこの国で本田圭佑は人気を集めているのです。世界を目指す者同士に国籍は関係ない、というのがこの日本代表のエースの考えなのかもしれません。本日は本田圭佑の海外での人気についてお伝えしました。

よく読まれている記事
→ファン必見!本田圭佑の名言集!

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ