【ゴール】本田圭佑速報動画2016!

2016年に入り、本田圭佑がゴールにアシストにと止まりません!本日は2016年のこの金髪のレフティの名試合の動画をご覧いただきます!いまやミランの中心選手となった本田圭佑の至高のプレーの数々をお楽しみください!

スポンサーリンク



そして、動画では速報のナポリ戦の会心のアシストもご覧いただきます。速報で報じられたとき、「ピッチに虹をかけた」と絶賛された本田圭佑のアシスト。ゴールがなく、チームを勝利に導けなかったのが残念ですが、惚れ惚れするような軌道を動画でお楽しみください!

ミラノダービー速報動画!

2016年に入ってからというもの、本田圭佑の勢いはとどまることを知りません。既に10のアシストと一つのゴールを決めており、完全にミランでのポジションを確固たるものとした感があります。2015-2016シーズンが始まる前には、移籍も噂されており、今のような姿は想像もつきませんでした。

2016年の最初のダービーで見せたパフォーマンスは目覚しいものでした。この金髪のレフティはミラノダービーの速報で先発を果たすと、早速結果を出します。前半に正確な左足のキックでアレックスのゴールをアシストしました。速報で本田圭佑にアシストがついたときは思わず興奮してしまいました。そしてアレックスのゴールアシストはその後のミランのゴールをラッシュを呼び込みます。後半にはコロンビア代表FWカルロス・バッカ、フランス人FWエムバイ・ニアングの立て続けのゴールでインテルの息の根を止めています。早朝に届いた速報の結果には非常に驚かされました。しかも後で内容を見てみるとスタッツでもインテルをミランが圧倒していました。こうして、2016年のミランと本田圭佑は素晴らしいスタートを切ったのです。そして、インテルとの2016年の最初のダービーの動画がこちら。

動画を見て貰えばわかるように、アレックスのゴールをアシストした本田圭佑のクロスは、彼らしい鋭く早いボールでした。この球質であれば、アレックスのような強靭な肉体を持った選手でなくても強烈なヘディングでのゴールを生み出せます。至近距離からの強烈なヘディングは、2015-2016シーズンのセリエAで圧倒的なパフォーマンスを見せているインテルのGKサミル・ハンダノビッチでも阻止不可能です。動画にもありましたが、アレックスに関しては、後半に余計なPKを与えたのがよくなかった点。速報でPK献上の一報を聞いた時、思わずヒヤヒヤしました。イカルディがシュートをポストに当てて難を逃れたのが幸いでした。そしてインテルはその直後に立て続けに失点という速報が入り、2015-2016シーズンは攻撃陣の不調を守備陣の奮闘で補ってきただけに、かなり意気消沈していたように思います。早い時間帯のゴールは守備偏重のインテルには効果的でした。何はともあれインテルを粉砕したミランはこれで完全に好調の波に乗った感があり、2015年の借りをきっちりと返しました。

八面六臂の活躍!ジェノア戦速報動画!

そしてインテル戦を上回る衝撃的とも言える活躍を見せたのが、2月14日に行われたジェノア戦です。ボナベントゥーラという2015-2016シーズンのミランオフェンスの核の1人を欠いたミランは、序盤から本田圭佑にボールが集まります。一方で右サイドの頼もしい相方であるアバーテも怪我による欠場でしたが、この日は本田圭佑が独力で大きな違いを生み出していました。こちらがジェノア戦の速報動画です!

動画を見ていただいたとおり、鮮烈な活躍を披露しました。まず前半にコーナーキックのこぼれ球を猛然と追いかけて、ラインギリギリのところで拾うと、そこから正確なクロス。これをバッカが合わせて、先制ゴールをあげました。そしてこの試合のハイライトは後半のことでした。右サイドでボールを受けるとチェックが甘くなったところをついて、中央に持ち出すと、左足を強振!ゴールキーパーの手前でバウンドしたボールは、ネットに突き刺さります。非常に画になるゴールを決めた本田圭佑。後半の決定的なゴールに歓喜のミランイレブン。そしてこの2016年の初ゴールを決めた後の本田圭佑のゴールパフォーマンスの画像が大きな話題をよびました。その画像がこちらです☆

【ゴール】本田圭佑速報動画2016!

背番号をぐっと指を指す動きは大きな話題になりました。本田圭佑ファンはスマホの待ち受けにしましょう!(笑)まさしく八面六臂の活躍でジェノアを圧倒した本田圭佑。得意の守備でも右サイドの深い位置までディフェンスにいくなど、精力的に動き回りました。

スポンサーリンク



2位ナポリとの上位対決速報動画!

そして今週に行われた2位ナポリとの上位対決の速報です。ナポリ戦といえば、2015年の10月に本田圭佑が試合の後に、クラブや監督、そしてメディアへの批判をぶちまけて大きな話題を呼んだ時の対戦相手です。その相手との2016年の対決で、本田圭佑は見事にスタメンに名を連ねました。こちらがこのナポリ戦の動画です。

動画を見て貰えばわかるように、2016年のナポリ戦はドローに終わりました。しかし、本田圭佑は見事にアシストを記録し、強豪相手にも存在感を見せつけました。2015年の試合の嫌な雰囲気は完全に払拭した感があります。試合は終始ナポリのペースでした。この前の試合でユベントスとの頂上決戦に敗れて首位の座から陥落していたナポリはユベントスに追いつこうと序盤から怒涛のオフェンスでミラン陣内に攻め込んできたのです。そのナポリオフェンスに対して、本田圭佑は自陣ディフェンスラインにも積極的に参加し、時には6バックとも言えるほど、低いゾーンで、守備に従事しました。相手のマークにぴったりとついたり、サイドに出来た広大なスペースを埋めたり、クロスのコースを限定したりと守備力の高さを見せつけました。ナポリのラッキーなゴールがきまり、1点ビハインドで迎えた後半には右サイドからの鋭いクロスをゴール前に送り、ボナベントゥーラのゴールをアシストしています。速報で本田圭佑にアシストがついた時には思わず興奮しました!あのナポリからアシストを決めたのです!実際には相手DFがボールに触っていましたが、あまりの鋭い軌道にクリアしきることができず、ミランに同点ゴールを許しています。守備面でも十分に貢献を見せながら、同点ゴールをアシストしたこの金髪のレフティをイタリアメディアも高く評価。「水を運んだ」、「兵士のように戦った」と絶賛しました。速報評価でも各紙軒並み6.5点というポイントをつけました。散々叩かれた2015年のナポリ戦の鬱憤を振り払う活躍を見せました。

2016年の本田圭佑は絶好調!

ここまで本田圭佑の2016年の速報を動画も併せてご覧いただきました。2016年に完全に右サイドハーフのポジションに固定されてからというもの。あっという間にこのポジションでプレーすることのノウハウを身につけた感があります。特に右サイドに開いた位置でボールをもらって左足に持ち替えてから打ち込まれるインスイングの正確なセンタリングは相手守備陣にとっては脅威で、今日紹介した3つの動画の全てで、右サイドからのアシストを記録しています。攻撃面に関して言えば、右サイドから中央に切り込んでいったり、あるいは低い位置まで下がることで、右サイドバックのアバーテが攻め上がるスペースを提供しています。本田圭佑がスタメンに抜てきされてからのアバーテのパフォーマンスは素晴らしく、精力的なアップダウンの動きで攻守に貢献しています。このイタリア代表DFは本田圭佑に対して「ずっとめちゃくちゃ助けられている」と感謝の言葉を口にしています。こちらが本田圭佑とアバーテの画像です。

【ゴール】本田圭佑速報動画2016!

また、ナポリ戦の動画にもあったように、ディフェンスも非常に精力的にこなし、タフな動きで堅守に貢献しています。相手へのプレッシングを怠らず、必要とあらば自陣最終ラインに参加してスペースを埋める動きを平気でこなします。2016年が明けてからはほぼ無給で質量ともに素晴らしい動きで働き続けています。

2016年絶好調の本田圭佑の速報

2016年に入ってからほぼ出ずっぱりの本田圭佑。次の試合はトリノとのホーム戦が迫っています。速報では本田圭佑はスタメンと予想されていますが、そろそろ途中交代などの温存策を講じておかないと、2016年の後半戦で、コンディションが苦しくなってくるかもしれません。その他、ミランの布陣予想速報ではGKドンナルマ、DFアバーテ、MFモントリーボ、FWバッカなどミランにとっては躍進を支えた11人の先発が予想されています。

一方のトリノの予想布陣速報では、昨シーズンまでドルトムントで香川真司とプレーしていて、今冬にスペインのセビージャから復帰した、FWチーロ・インモービレが速報ではスタメン予想されています。ミランからゴールをあげたこともあるこの若きFWが再びミランを苦しめるのでしょうか?

総括~本田圭佑2016年速報動画~

本日は本田圭佑の2016年の速報動画をお伝えしました。多くの動画をお見せしましたが、ミランのYouTubeのオフィシャルチャンネルなどて、試合の速報やゴールだけでなく、選手たちのオフショットなんかも見ることが出来るので興味のある方はどうぞご覧ください。リラックスした選手の表情もなかなか良いものですよ☆本日は本田圭佑2016年の速報動画をご覧いただきました。

そして下のリンクでは本田圭佑の目に関する詳細が書かれています。この男の目は「もう治らない」「ほとんど見えていない」などのいろいろな噂が聞こえています。この記事はこれらの噂が真実かどうかを検証しています。是非読んでみてください。

よく読まれている記事
→本田圭佑の目に異変?もはや選手としては致命的な状態に?

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ