本田圭佑がnumberで語った夢が凄すぎる…

あなたは本田圭佑が人気スポーツ雑誌のnumberで語った自身の夢と、今後のキャリアについて知っていますか?このnumberからのインタビューで本田圭佑は…

スポンサーリンク



衝撃的な告白をします。それはこの男がいかに大きな夢と野望を持っているかがわかる壮大なインタビューです。そして、このnumber誌によるインタビューでは自身のキャリアについても語っています。そして自身が経営するオーストリアのクラブ、SVホルンでの構想についてもnumber誌に語っています。この記事を読み終わった時にあなたは本田圭佑がnumberで語ったことの意味を理解することができるでしょう。

本田圭佑がnumber誌に激白!

本田圭佑がnumberに自身の構想を語り、大きな話題を呼んでいます。この男の壮大な野望に驚きの反応を示したのは珍しいことではありません。本日はこの男がnumber誌に語った告白をお伝えします。

まず最初にお伝えするのは、この男がオーストリアに保有する同国の3部リーグ所属なSVホルンについてです。

本田圭佑はnumber誌に対して2015年に

「あと5年以内にチャンピオンズリーグに出場する」

と宣言しています。このnumber誌に語ったインタビューが2015年の出来事なので、2020年にはチャンピオンズリーグに出場しなければなりません。つまり2018-2019シーズンには1部に在籍していないと、この壮大な目標を達成するのは不可能です。その壮大な野望の一歩となる2部への昇格を果たしています。2015-2016シーズンのオーストリア・ブンデスリーガ3部リーグで見事に上位を確保し、2016-2017シーズンからは2部で戦うことが決定したのです。

この男がnumber誌に宣言したこの目標を達成するには2017-2018シーズンまでに1部に昇格しなければなりません。さらに、上述したように2018-2019にはオーストリアリーグで2位以内に入らないといけないのです。

本田圭佑がnumberで語った夢が凄すぎる…

オーストリアリーグは現在ザルツブルクが実質的な一強支配体制にあります。そしてその下にはラピド・ウィーンとオーストリア・ウィーンという首都の強豪が凌ぎを削っています。つまり、SVホルンがチャンピオンズリーグに出場するには少なくとも彼ら上位陣の一角を崩さなければならないのです。

それだけにこの男がnumber誌に語った内容というのは驚きを持って伝えられました。

ましてや3部クラスの戦力しかなく、来シーズンの体制も不透明。権田やハーフナー・ニッキ、矢島など各年代の日本代表クラスが複数名いますが、異国の地で彼らが活躍できるかは微妙なところです。もちろんオーストリア代表クラスの戦力はおらず、資金的にも戦力的にも恵まれているとは言えない状況です。

SVホルンのもう一つの野望

しかし、この男はこのホルンを通じたもう一つの大きな野望があります。それは、

「世界に通用する選手を育成する」

という野望です。東西に長いヨーロッパ大陸の中には星の数ほどのサッカークラブがありますが、その中でもチャンピオンズリーグで上位に進出できる可能性があるのはせいぜい10チームほどです(そしてその中にオーストリアのクラブは含まれないでしょう)。

しかし、優秀な人材を求めているチームはその数倍もいます。優秀な人材に対するニーズは非常に高いのです。本田圭佑はSVホルンを西欧やロシアのビッグクラブに優秀な人材を供給する側のチームになろうと考えています。

現在、オーストリアはサッカーの世界で大きな注目を集めています。

「オーストリアと言ったら音楽でしょ?」

と感じる方も多いかもしれませんが、現在のオーストリア代表チームは最新のFIFAランキングでなんと、10位に位置しています。2年前には40位代にいたのが、驚異的な発展を遂げているのです。遠くない未来にイタリアやギリシャ、デンマークら斜陽の強国を上回る日がくるはずです。そうもはやオーストリアはサッカーの強国なのです。

しかもSVホルンはオーストリアの中でもかなり田舎に本拠を置いています。これはこの男がSVホルンを買収する時に重視した点です。本田圭佑はオランダ時代にVVVという田舎のチームでプレーしました。田舎のチームは娯楽がない分、選手に悪影響を与える余計な誘惑もなく、サッカーに集中して取り組める環境が整っています。

「この環境であれば優秀な選手を育てることができる」

本田圭佑はそう悟ったのです。

スポンサーリンク



number誌に語る、「日本」と「ホルン」を連ねるピラミッド

さらにこの男はnumber誌に対して、「日本」と「ホルン」を繋ぐピラミッドを形成して、世界に通用する日本人を輩出するプランをぶち上げています。

number誌にも語っていますが、この男は日本国内でサッカースクールを経営しています。そのサッカースクールで育った日本の子供たちの欧州での受け口にというのも、SVホルンの役割なのです。確かに日本のサッカー選手たちが渡欧して最も苦しむのが環境への適応。この男はそこを克服するための架け橋になろうと、number誌に対して語りました。

果たしてこのnumberに語った本田圭佑の野望は叶うのでしょうか?数年後のホルンの姿を見るのが楽しみでなりません。

ミランでの失意の日々。流浪のアタッカーの行き先は?

そして、今年number誌が特集したのが、本田圭佑の2015-2016シーズンの総括です。

ベンチスタートを余儀なくされてから、ミランの復活と足並みを合わせるように調子を上げた本田圭佑。しかし、ミランのベルルスコーニ会長の乱心により、完成仕掛けていたチームの基盤が崩壊。結局のところセリエAでは7位に甘んじて、ヨーロッパリーグの出場権を逃し、3年連続でヨーロッパのコンペティションに出場できないことが確定しました。またコッパイタリアでも王者ユベントスに屈して準優勝。タイトルを掲げるブッフォンを見上げながら唇を噛みしめる本田圭佑の姿が印象的でした。

本田圭佑がnumberで語った夢が凄すぎる…

本田圭佑自身も今シーズンは1得点に終わり、とても背番号10の役割を果たしたとは言えませんでした。

「何もできなかった」

とは本田圭佑の言葉で、number誌をを始め、多くのメディアが取り上げました。

number誌に語った、本田圭佑の未来

そして、本田圭佑が特集されたnumberで最も印象的だったのが、この金髪のレフティが引退について語ったことです。

number誌はロングインタビューでこの金髪のレフティに未来を問いました。そして、このnumber誌のインタビューでこの男から出てきたのは意外な言葉でした。

「プロになった時から引退を見据えてきた」

プレーすることに強いこだわりを持つこの男の言葉とは思えませんが、常にサッカービジネスに強い関心を示してきた本田圭佑だけにあり得ない発想ではありません。そう、number誌に語ったこの男のインタビューによるとSVホルンや日本国内でのサッカースクールも全て引退後を見据えたものだったのです。

最近ではアメリカにもサッカースクールを開校しており、人口が多くサッカー熱が急速に高まっているこの国は今後数十年以内にワールドカップを制すると言われています。この男にとってはビジネスの一環として投資する価値があると感じたのでしょう。

総括~本田圭佑、number誌に語った未来とは?~

本日は本田圭佑がnumber誌に語った自身の未来についてお伝えしました。日本国内でのサッカースクール、SVホルンとサッカービジネスに関する構想をnumber誌に語った本田圭佑。それだけでなく、ファッションや広告活動にも精力的に参加し、自己プロデュースに余念がありません。この男がnumber誌に語ったのは彼の構想のほんの一部であり、今後そのアイディアはどんどん広がっていくと、この男はnumber誌に語っています。そして引退についてはnumber誌のインタビューを煙に巻きましたが、どのようなイメージがあるのかも気になります。本人はアメリカで引退するのも良い、とかたっていますが果たして…。本日は本田圭佑のnumber誌でのインタビューについてお伝えしました。number誌はスポーツ好きなら誰でも知る人気雑誌です。多くの書店でバックナンバーも取り揃えているので、是非一度手にとって見てください。本日は本田圭佑のnumber誌でのインタビューについてお伝えしました。

そして下のリンクには本田圭佑の目に関する情報が詳細に書かれています。この男の目の状態に関しては、諸説あり、この記事は目の異変を時系列を追い、より客観的な視野に立って考察しています。必ず目を通してください。

よく読まれている記事
→本田圭佑の目に異変?もはや見えていないのか…

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ