あなたは、錦織圭の2017年全仏モデルのウェアを持っていますか?

なぜ、錦織圭の全仏モデルのウェアはここまで入手困難になってしまったのでしょうか?

そして今では、非常に入手しにくい錦織圭の2017年全仏モデルのウェアを私たちはどうしたら手に入れることができるのでしょうか?

スポンサーリンク



それには、ひとつの方法があると言われています。

今回は錦織圭の全仏モデルのウェアについて関する秘密をお伝えします。

コレが錦織圭の2017年全仏モデルのウェア!

錦織圭の2017年全仏オープンモデルのウェアが今非常に入手困難であると話題になっています。

錦織圭は日本テニス史上最高の選手であり、だからこそテニスというスポーツにおける競技人口のほぼすべてから支持を得ることに成功しているのです。

そのため、錦織圭の全仏モデルのウェアは非常に入手困難になっています。

こちらが、錦織圭の2017年全仏オープンモデルのウェアの画像です。

こちらが、2017年全仏オープンモデルのポロシャツの画像です。

商品名は”NK ドライEXポロシャツ 17FR”です。

こちらが、2017年全仏オープンモデルのショートパンツの画像です。

商品名は”NK ドライショートパンツ 17FR”です。

2017年全仏オープンモデルのポロシャツは、濃い緑色で、ショートパンツは、緑青色(りょくしょう)です。

これまで、明るい色が多かった錦織圭のウェアですが、2017年全仏オープンのウェアは、ダークカラーが用いられています。

このユニクロのウェアは6サイズ展開されています。

XS,S,M,L,XL,XXLの6サイズです。

ユニクロの商品なので、普段使いのポロシャツとしても使えるように、サイズは広めに展開されているようです。

XSサイズが用意されているので、錦織圭に憧れる小さな子供達でも気軽に着用することができます。

このユニクロウェアの気になる価格は…

ポロシャツが¥3,990、ショートパンツが¥2,990。

ユニクロらしい手に入りやすい価格設定となっています。

そして、このウェアが現在非常に入手困難になっているのです…

なぜ、錦織圭2017年全仏オープンモデルのウェアは手に入らないのか?

現在、錦織圭の2017年全仏オープンモデルのウェアは、非常に入手困難な商品となっております。

ほぼ手に入らないといっても差支えがないような状況です。

錦織圭の2017年全仏オープンモデルのウェアは、ユニクロのwebショップで販売されていました。

予約販売が開始されたのが、5月30日(月)で、受付が終了したのが6月12日(月)です。

つまりわずかに二週間でこのウェアは売り切れ状態になってしまったのです。

いかに人気が高かったのかがわかります…

そして、現在この錦織圭の2017年全仏オープンモデルのウェアは、ユニクロの通販サイトにすら販売されていません。

やはり人気商品ゆえに、ユニクロ側でさえも、在庫の確保が困難となっているのです。

しかし、この錦織圭の2017年全仏オープンモデルのウェアを手に入れる方法がひとつだけあります。

スポンサーリンク



錦織圭の2017年全仏オープンモデルのウェアを手に入れるたった一つの方法!

錦織圭2017年の全仏オープンモデルのウェアは、10月1日現在たった一つの場所で販売されているのです。

それは…

高島屋新宿店です。

この新宿高島屋には、「ユニクロムーブ新宿高島屋店」というが出店されています。

新宿高島屋は、新宿駅南口のシンボルともいえる商業施設。

この、タイムズスクエアの看板が目印です。

この新宿高島屋の十二階に「ユニクロムーブ新宿高島屋店」があります。

錦織圭の全仏のウェアはこの「ユニクロムーブ新宿高島屋店」でしか販売されておりません。

ちなみに、錦織圭の2017年全豪オープンモデルのウェアも人気商品で、いつも売切れになっていました。

しかし、現在ではユニクロのwebショップで再販が開始されています。

それでは、錦織圭の2017年全仏オープンモデルのウェアは、いつごろから再販が開始されるのでしょうか…

如何にして、錦織圭の2017年全仏オープンモデルのウェアは入手困難になってしまったのか?

この非常に入手困難なこのアイテムは、9月の下旬からこの「ユニクロムーブ新宿高島屋店」で再販されているのです。

「ユニクロムーブ新宿高島屋店」にいくことこそがウェアを手に入れる唯一の方法となっています。

5月に予約販売をしていた分の配達が始まっており、この予約販売で捌ききれなかった在庫が「ユニクロムーブ新宿高島屋店」で販売されています。

この「ユニクロムーブ新宿高島屋店」は、都内では最大級の面積を誇るユニクロのショップとなっております。

一周するだけでもかなり大変ですが、基本的にユニクロの店舗には必ずといっていいほど、錦織圭のコーナーやブースが設置されています。

この画像のような錦織圭の写真をユニクロの店内で見つけることができたら、そこには2017年全仏オープンモデルのウェアを手に入れることができるでしょう。

そして、錦織圭の2017年全仏オープンモデルのウェアはポロシャツやショートパンツ以外にもいくつかの商品があります。

錦織圭の全仏オープンモデルアイテム①リストバンド

ポロシャツやショートパンツなどのウェア、そしてラケットやラケットバッグ、シューズ以外でテニスファンが注目するのはリストバンド。

リストバンドも今回発表された全仏オープンモデルのウェアの中に含まれているアイテムのひとつです。

錦織圭のユニクロ仕様のリストバンドの画像はこちらです。

商品名は”NK リストバンド 17FR”です。

ポロシャツやショートパンツがダークカラーで合ったのに対して、リストバンドはオレンジとなっています。

オレンジのリストバンドのいいところは汚れが目立ちづらいデザインになっています。

そのため、練習用に使ってもよいでしょう。

錦織圭の全仏オープンモデルアイテム②ヘッドバンド

選手によっては用途が分かれると思いますが、髪の毛が目にかからないようにまとめたり、汗が流れてくるのを防ぐのに有効なのがヘッドバンドです。

アマチュアではあまりなじみのないアイテムではないですが、プロ選手にとってはかなりポピュラーなアイテムです。

商品名は”NK ヘッドバンド 17FR”です。

リストバンドと同じオレンジカラーとなっています。

錦織圭の2017年全仏オープンモデルのヘッドバンドの画像はこちら

錦織圭の全仏オープンモデルアイテム③ソックス

横移動や急ブレーキが多く、足の負担が大きいテニスにおいて、ソックスは足を保護するために非常に重要なアイテムです。

こちらがユニクロモデルのソックスの画像です。

商品名は”NK テニスソックス 17FR”です

今回のユニクロモデルのソックスは、ヘッドバンドやリストバンドと異なって、メインのカラーはブラックです。

メインカラーはブラックですが、ゴムの部分にヘッドバンドやリストバンドと同じ、オレンジカラーが入っています。

このオレンジによって、統一感が出ています。

今回は錦織圭の全仏ウェアについてお伝えしました。

そして、下のリンクでは、錦織圭の愚行についてお伝えしています。

なぜ、錦織圭は全仏オープンという大舞台でラケットを破壊してしまったのか?

その気になる理由が書かれています。

よく読まれている記事

なぜ、錦織圭は2017年全仏オープンでラケットを破壊してしまったのか