【画像あり】香川真司の最新ニュース!

本日は香川真司のニュースをお伝えします。試合、練習、ピッチ外の話題…香川真司に関するありとあらゆるニュースをお伝えします。

スポンサーリンク



本日は香川真司ファン必見のニュースをお伝えします☆香川真司ファンの皆さんは絶対にお見逃しなく!

ブンデスリーガの最新ニュース!

それでは、香川真司の最新ニュースをお伝えしましょう!現在香川真司はきたるべきブンデスリーガの再開に向けて着々と準備中とのニュースが入っています。現在ドルトムントは4連覇中の王者バイエルン・ミュンヘンを2位で追走しています。すでに他よりも一足早くリーグ後半戦を再開させたバイエルンがハンブルクを下したというニュースが入っており、ドルトムントはバイエルンに対して1試合消化試合が少ないのに対して、勝ち点差は11と開いています。しかも再開初戦の相手は4位ボルシアメンヘングラントバッハ。同じルール地方に居を構えるライバルとのダービーとなりました。ボルシアメンヘングラントバッハは昨シーズンのブンデスリーガで4位に入るという驚きのニュースを提供する一方で、今シーズンは序盤から低迷。チャンピオンズリーグではマンチェスターシティやユベントスが同居する難しいグループだったとはいえ、敗退を強いられました。リーグ戦でも連敗し、一時期は最下位に位置していました。また、スイス代表期待のFWヨシップ・ドルミッチというニューフェイスも期待に応えることができていません。しかし、新しくアンドレアス・シューベルト監督が就任すると状況は一変し、連勝で上位戦線に加わってきました。この復調はブンデスリーガ前半戦のトップクラスのニュースと言えるでしょう。ボルシアMGの注目選手といえば、マフムード・ダフールというドイツ代表のニューフェイス。彼はまだ10代の選手ですが、若さからは想像できない落ち着きとクオリティを備えた選手です。果たして、ドルトムントはこの試合に勝利してバイエルンとのマッチレースに食い下がることができるのでしょうか?あるいは3位、4位といったチャンピオンズリーグの出場権争いに巻き込まれるのでしょうか?後半戦のドルトムントと香川真司の戦いから目が離せません。ここまでブンデスリーガの最新ニュースをお伝えしました。(ニュース風(笑))

香川真司の最新ニュース!

そしてここからは我らが日本代表のエース、香川真司の最新ニュースをお伝えします。後半戦の開幕と香川真司の躍動する姿を見るのがとても待ちきれない筆者ですが、残念なニュースが入ってきました。なんと香川真司は軽度のウイルス性胃腸炎により欠場が濃厚というニュースが入ってきました。軽度であれば、数日経っていれば短時間の出場は可能かもしれませんが、どうやら香川真司の欠場が確定的なようです。果たして、ドルトムントは香川真司抜きで難敵ボルシアMGに勝てるのでしょうか?

香川真司の代役は?

欠場濃厚のニュースが入った香川真司の代役は、同じくブンデスリーガ、レバークーゼンから加わったニューフェイスでドイツ代表のゴンサロ・カストロが務めると思われます。

【画像あり】香川真司の最新ニュース!
中盤であればどこでもこなせるこのニューフェイスは香川真司とはややキャラクターが異なり、近年は守備的な役割を任せられることが多かったことから、期待に応えられるかはやや疑問が残ります。とはいえ、経験は豊富な選手なので、自分の役割を果たしてほしいものですね。もともとカストロは昨シーズン引退した元ドイツ代表MFセバスティアン・ケールの代役として獲得したニューフェイスです。しかし、こちらも昨夏には加入した若きニューフェイスのドイツ人MFユリアン・ヴァイグルの思わぬ活躍により、日陰の存在となっています。

【画像あり】香川真司の最新ニュース!
このヴァイグルはまだ10代の選手とは思えない戦術眼や落ち着き、そして体格を持っており、未来のドイツ代表を担う超逸材と言われている期待のニューフェイスです。このニューフェイスの台頭は欧州中に驚きを与えるニュースとなって駆け巡りました。そして香川真司はこのニューフェイスにドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンを加えたスリーセンターハーフシステムで抜群の連携を築いています。今後もこのニューフェイス同士による熾烈なレギュラー争いは見物ですね☆

【画像あり】香川真司の最新ニュース!

ちなみにドルトムントでは今シーズン、右サイドバックにドイツ代表マティアス・ギンターが台頭したこともニュースになりました。ドルトムントの右サイドバックは長くポーランド代表DFウカシュ・ピシュチェクが務めてきました。しかし、近年怪我がちな彼に変わり、今シーズンからセンターバックを本職とするギンターが台頭し、レギュラーに定着しています。ギンターは昨シーズンに加わったので、ニューフェイスというわけではありませんが、若い選手の台頭により戦略に厚みが増したのは確かです。そして、ギンターはドイツ代表ではニューフェイスとして、活躍中。今シーズンの台頭によりフィリップ・ラームの代表引退以降人材不足が嘆かれている右サイドバックのファーストチョイスとして定着しそうな勢いを見せています。ドイツ人らしく高さがあるのも魅力の選手で、香川真司へのアシストも記録しています。

香川真司不在の場合の戦術変更は?

あるいは香川真司不在となった場合は、素早く前線につなぎ、ガボン代表ピエール・エメリック・オーバメヤン、アルメニア代表FWヘンリク・ムヒタリアン、ドイツ代表FWマルコ・ロイスの個人技で崩すスタイルに変更を図る可能性もあるかもしれません。この3人は単独での突破力も備えており、その破壊力はブンデスリーガはおろか、ヨーロッパ中を見渡しても屈指の攻撃力を誇るといっても過言ではないでしょう。

スポンサーリンク



特に最大の得点源となっているオーバメヤンは現在バイエルンのエースロベルト・レバンドフスキよりも得点王レースで先を走っています。最近はバルセロナ移籍の噂もニュースで流れましたね。香川真司不在となったら、中盤であまり手数をかけずにすぐに相手を攻略しようとするのは有力な戦術的なオプションで、この戦術はユルゲン・クロップ前監督時代に標榜された戦術ですね。果たして香川真司不在時の戦術で難敵を下すことはできるでしょうか?ドルトムントの新年一発目の試合に注目です☆

香川真司の代役候補をドルトムントが獲得!?

一方で冬の移籍市場を騒がせているのは、香川真司の代役となる新戦力をドルトムントが獲得するのではないかというニュース。そのニュースで話題になったのは、マインツのトルコ代表ユヌス・マッリ。アーセナルのMFメスト・エジルやギュンドアンと同じく、ドイツで育ったトルコ系の移民で、先ごろトルコ代表を選択することでニュースになった攻撃的なMFです。今シーズンはマインツで日本代表武藤と抜群の連携を見せており、ドルトムントの目に付いた様子。今のところ正式獲得に向けて調整中とのニュースが流れていますが、決定のニュースは流れてくるのでしょうか?いずれにせよ、彼の獲得が決まった場合は香川真司にとって有力なライバルとなりえることは間違いないでしょう。

総括~香川真司最新ニュース~

本日は我らが日本代表の主軸香川真司の最新ニュースをお伝えしました。果たして香川真司は無事に回復し、2016年最初の試合でハッピーなニュースを届けてくれるのでしょうか?ドルトムント対ボルシアMGの試合の結果を待ちましょう☆そして現在は香川真司ら日本代表の弟分にあたるU-23日本代表がリオオリンピックへの出場をかけて奮闘中です。イランに勝利した日本代表はあと一つ勝てば、オリンピックへの出場権を手にすることができるというニュースが入ってきました。彼らからもまた良いニュースが届くと良いですね☆本日は香川真司のニュースをお伝えしました。それでは、またお目にかかります。

追記~ドルトムント最新ニュース~

ドルトムントの最新試合のニュースが入ってきたので、お伝えします☆ドルトムント対ボルシアMGは3-1でドルトムントが勝利。見事2016年最初の試合を勝利で飾っています。残念ながら香川真司は病気の影響で出場はしませんでしたが、ベンチで試合を見守っていました。欠場が濃厚とのことだったので、このベンチ入りしたという事実は順調な回復をうかがわせます。試合はロイス、ムヒタリアン、ギュンドアンがそれぞれ1ゴール1アシストの活躍を見せました。この結果はいかにドルトムントの連携の質が高いかを示していると言えるでしょう。香川真司復活でさらにらどんな相乗効果が出てくるのか楽しみでなりません。ちなみに香川真司の代役は予想通り、ゴンサロ・カストロが出場したとのことです。試合は後半にボルシアMGのFWラファエルに一点返されましたが、常にリードを持って戦うことができました。難敵相手でしたが、比較的余裕のある勝利と言えるでしょう。この調子を維持してブンデスリーガ後半戦も勝利を重ねていってほしいですね☆最新の香川真司のニュースをお伝えしました☆また、お目にかかります☆★

よく読まれている記事

→香川真司のヤクテナでの評価とは!?

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ