香川真司2016年にドルトムントから移籍?!海外の反応と速報はいかに?

本日は再び浮上した香川真司の移籍の噂についての速報を検証します。そして2016年このドルトムントからの移籍の噂をめぐる海外の反応の速報についてもお伝えします。マンチェスター・ユナイテッドでの移籍が失敗に終わった香川真司。再びドルトムントからの移籍に乗り出した場合、その行き先はどこになるのでしょうか?

スポンサーリンク



ドルトムントでの二度目の挑戦に挑む香川真司。2016年、その活躍に海外メディアは速報でどうような反応を示しているのでしょうか?本日は香川真司ファン必見の内容です☆2016年の香川真司の同行と速報を見ていきましょう!

香川真司の来歴

香川真司は兵庫県神戸市垂水区に生まれました。5歳の時に阪神・淡路大震災を経験しています。幼稚園からサッカーをはじめ、小学校の頃には神戸市の選抜に選ばれるなど、類稀なる才能を幼少期から発揮していました。小学校5年の時には、当時スペインの強豪・FCバルセロナが宮城県に開いていた「FCみやぎバルセロナ」へサッカー留学しています。中学卒業前には、セレッソ大阪との間に仮契約を結び、プロサッカー選手への道を着々と歩んでいきました。高校を卒業する前の選手とクラブが契約を結ぶのはJリーグの歴史の中でも初めてのことで、サッカー関係者の間で衝撃的な反応を引き起こす出来事となりました。ちなみに香川真司と同学年には先日セレッソへの復帰となる移籍を果たした柿谷選手がいます。セレッソでの活躍を見出されてスイスの強豪チームであるバーゼルに海外移籍していた柿谷は、初の海外での生活に適応できず、出場機会に恵まれなかったため、セレッソへの移籍を決断したのです。

香川真司に再び移籍の噂?!海外の反応はいかに?

そして2007年には当時2部に在籍していたセレッソのクルピ監督が香川真司の才能を見極め、レギュラーに抜擢しました。2008年にはJ2で35試合に出場し、16得点を記録しました。10代の選手としては衝撃的ともいえる活躍を披露し、多くのメディアが驚きの反応でこの香川真司の活躍を報道しました。そして2009年にはセレッソのレジェンドともいえる存在である、森嶋寛晃がつけていた背番号8を着用することになりました。セレッソサポーターも新しいクラブの顔として、香川真司に期待を寄せていたため、この決定には好意的な反応を寄せています。2010年は香川真司にとって初めてJ1でのプレーとなりました。このシーズンは海外クラブへの移籍の噂もちらほらと囁かれる中で2ヶ月半で11試合7得点という抜群の成績を残しました。この年は南アフリカで開催されたワールドカップに予備メンバーとして選出され、20歳という若さで本格的な海外での国際試合の雰囲気を経験しています。予備メンバーとはいえ、日本代表に召集された香川真司は大きな期待が寄せられていました。

香川真司に再び移籍の噂?!海外の反応はいかに?

そして2010年7月にはドイツ・ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントへの移籍が決定しました。移籍金は現代サッカー選手としては格安となる4000万円。このドルトムントへの移籍には海外の反応の速報ではやや懐疑的なものでした。ドルトムントはドイツの古豪で、ブンデスリーガ優勝が8回、チャンピオンズリーグ優勝が1回とドイツの名手バイエルン・ミュンヘンに次ぐ成績を残すチームです。これまで、ブンデスリーガの2番手といえばシャルケやレバークーゼン、ハンブルガーSVなどがその座を争っていましたが、近年の躍進によりドルトムントがその座を奪った感があります。ドルトムントの監督はユルゲン・クロップが務めており、マインツというチームで実績を積み上げた新進の監督です。前線の選手からの激しいプレッシングとパスワークを織り交ぜたサッカーで力をつけていました。

ドルトムントでの初年度からの大活躍に海外の反応は?

ドルトムントに移籍した香川真司は当初の懐疑的だった海外の反応を覆す活躍を初年度から披露します。リーグ戦、ヨーロッパカップで次々と得点を重ねて、海外メディアは驚きの反応を示しました。そして、海外メディアやドルトムントファンからの決定的な評価を得る出来事が起こりました。それはシャルケとのルールダービーでの「2得点」を宣言し、有言実行したことです。シャルケとドルトムントは同じ町に居を置く永遠のライバルチームで、シャルケのサポーターは「例え降格したとしても、ドルトムントに勝てればそれでいい」という考えを持っているほど、ドルトムントに対して強烈なライバル意識を持っています。それほどドルトムントはにくき存在なのです。この活躍に海外の反応は衝撃的なリアクションを見せました。ドイツのキッカー誌やビルト誌の速報では最高評価となる「1」をつけました。ドルトムントのファンも近年は圧され気味だった同じ街のライバルからの勝利に上々の反応を示しました。

ドルトムント香川真司にトラブル発生!

ドルトムントで上々の活躍を披露し、周囲から良い反応を得ていた香川真司ですが、日本代表選手として参加していたアジアカップの韓国戦で負傷し、全治4ヶ月という重症を負ってしまいました。それに伴い香川真司はドルトムントでの最遺書のシーズンを実質的に終えることになってしまいました。それでもドルトムントでは力強い歩みを止めず、バイエルンを抑えて9シーズンぶりとなるブンデスリーガでの優勝を果たしました。香川真司は最終節の後半43分に途中出場し、盛大な歓声の元で、ドルトムント移籍後最初のシーズンを有終の美で終えました。ドルトムントでの2シーズン目は怪我からも復帰しましたが、序盤は低調なスタートとなり、2試合連続の出番なしなどの屈辱も味わいましたが、徐々に調子を取り戻していき、自身初となるチャンピオンズリーグの舞台でもアーセナル戦で初得点を挙げました。

香川真司に移籍の噂

ドルトムントで充実の時を過ごす香川真司に移籍の噂が浮上します。移籍先の候補として、イングランドのマンチェスター・ユナイテッドやスペインのバルセロナの名前が浮上しました。マンチェスター・ユナイテッドはモダンフットボールへの適合のために香川真司の移籍を望み、バルセロナはアンドレス・イニエスタの後釜として香川真司の移籍を望んでいるというの海外の反応でした。この移籍の報道がでた後も香川真司はドルトムントで順調に活躍を披露しました。とりわけドイツの盟主とも言われるバイエルン・ミュンヘンとの相性は抜群で、香川真司はドイツカップの決勝バイエルン戦でも1ゴール2アシストの大活躍を披露し、海外の反応は香川真司の活躍に対しポジティブなリアクションを示しました。結局このシーズンは2冠を達成し、ブンデスリーガに至ってはドルトムントにとってはクラブ史上初と成る連覇を達成しました。もちろんバイエルンを抑えての成績です。

香川真司、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が決定!

ドイツでの2シーズン目も素晴らしい成績を残した香川真司は噂どおり、ドルトムントからマンチェスター・ユナイテッドへの移籍を果たしました。移籍金は約21億円。ドルトムントがセレッソに支払った移籍金が4000万円だったことを考えるとほぼ20億円の移籍金がドルトムントの懐に入ってきたのです。この移籍金はアジア人の歴代移籍金ランキングで4位に位置しています。マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は香川真司を高く評価し、移籍実現を喜びました。マンチェスター・ユナイテッド移籍後の最初のシーズンは絶対的なレギュラーの地位を獲得することはできませんでしたが、コンスタントな活躍を披露し、来シーズン以降からの活躍に期待を持たせるシーズンとなりました。海外の反応もおおむね香川真司の活躍に肯定的な捕らえ方を示していました。リーグ戦ではホームのノーリッジ戦で、こぼれ球に素早く反応するなどハットトリックの活躍を見せるなど、スポットで大活躍を見せました。そして、チャンピオンズリーグの舞台でもベスト16まで進出し、レアル・マドリーとの大一番に香川真司は出場するなど貴重な経験を積みました。試合はMFナニが不可解な判定で退場になるなど、敗れこそしてしまいましたが、香川真司のプレーに対する海外メディアの反応は悪くありませんでした。対面したレアルの司令塔シャビ・アロンソを良く封じ込めていたというのが、海外メディアの反応でした。来シーズンからの戦いにさらなる期待を持てた香川真司でしたが、ショッキングな事件が起きました。それはファーガソン監督がそのシーズン限りでマンチェスター・ユナイテッドの監督を退任することを表明したのです。そのときの海外メディアの反応は驚きを隠しきれませんでした。未来に向けた手ごたえのあるチームが完成間近だったように見え、ファーガソン自身も高齢ながらまだまだ英気を残していたように見えたからです。

モイース監督の就任、そして・・・

そしてファーガソン監督の後釜にはデイビッド・モイーズ監督が就任しました。モイーズはファーガソンと同じく、スコットランド出身で、エバートンというチームで長く恵まれない戦力ながら、上位に進出させてきた手腕を持つ監督です。ファーガソンもモイーズを信頼しており、海外メディアの反応は悪くない人選という評価を与えていました。しかし、縦に早いサイドアタックを標榜するモイーズは香川真司を評価しませんでした。エバートンから長身でパワーのあるベルギー人MFマルアン・フェライニを移籍させ、自分の教え子を優先しました。この移籍により、香川真司はつかみかけていたレギュラーの地位から陥落しています。

スポンサーリンク



ただ、このモイーズ政権は結果が出ず長続きしませんでした。海外メディアの反応もモイーズ招聘は完全に失敗だったと断じました。マンチェスター・ユナイテッドのベテラン勢もモイーズの練習は到底受け入れられないものばかりだったと語っています。何にせよ香川真司にとっては停滞となった一年となりました。香川真司にとっては自分を評価しない監督がチームから去ったことはポジティブな出来事のように見えました。しかし、この後も香川真司には波乱が続くのです。モイーズの後任にはルイス・ファン・ハールが就任したのです。ファン・ハールは選手を自分が標榜するサッカーにはめるタイプの監督で、選手にはあまり自由を与えませんでした。ただし、その戦術眼には定評があり、ファン・ハールの就任に海外メディアの反応はポジティブなものでした。2014年のブラジルワールドカップでは母国オランダを率いて第3位に輝きました。豪華な攻撃陣に比べると守備陣の質に明らかな欠陥があったオランダ代表。海外の反応も概ねオランダは躍進しないというのが一般的な論調でした。しかし、ファン・ハールは何振りかまわない、5バックという守備的戦術を採用。質の悪さを数で補おうと考えたのです。そして見事この采配は的中。オランダはスペインやチリ、メキシコ、ブラジルなどの強豪国を次々と破り、三位に躍進したのです。海外メディアの反応もファン・ハールの戦術眼ここにありと絶賛するものがほとんどでした。

ファン・ハールからも失格の烙印を押され、ドルトムント移籍を決断

ファン・ハールはレアルからアルゼンチン代表のアンヘル・ディ・マリアを獲得するなど、香川真司と重複するポジションを補強。失格の烙印を押された香川真司は移籍を決断しました。移籍先は仲間たちの待つドルトムント。香川真司は第二の故郷とも言える場所で再スターとを切りました。そして移籍したドルトムントでは最初のシーズンこそ低調でしたが、後半戦からは完全に復調し、ヨーロッパリーグの出場権を手にしました。ただし、近年のドルトムントの躍進を支えてきたクロップ監督が退任することが決まりました。そして、この出来事が2016年の香川真司の移籍の噂に火をつけたのです。

2016年香川真司に再びドルトムントからの移籍の噂

そんな香川真司に再び2016年に移籍するという噂が速報で浮上しました。それはイングランドの強豪リバプールです。リバプールはロジャース監督を解任し、その後任に元ドルトムント監督のクロップ監督を招聘していました。そしてクロップが求めている人材として香川真司に移籍の噂が浮上したのです。確かに現在のリバプールにはクロップが標榜するサッカーを実現するための人材を欠いています。さらに自分のサッカーを熟知していて、かつプレミアリーグの経験がある香川真司であれば、持って来いの人材と言えるでしょう。そしてこのクロップと香川真司はドルトムントで父子のような関係を築いていました。果たして2016年の移籍は実現するのでしょうか?速報が待ちい遠しいですね。

2016年香川真司のドルトムントからの移籍の噂、ただし海外の反応の速報は?

香川真司に浮上した2016年の二度目のドルトムントからの移籍の噂。しかし、海外の反応を示す速報では実現の可能性は低いというものでした。なぜなら、香川真司はマンチェスター・ユナイテッドのサポーターに恩義を感じており、マンチェスター・ユナイテッドのライバルであるリバプールへの移籍は言語道断だと考えているというのが海外メディアの反応でした。また、二度目の移籍は考えずらいというのも海外メディアの反応です。また、香川真司とは同じポジションにはブラジル代表MFのフィリッペ・コウチーニョがいるので、香川真司はレギュラー奪取は難しいのではというのが、海外の反応です。一方でリバプール以外ではスペインのバルセロナが移籍先の候補となっています。

香川真司に再び移籍の噂?!海外の反応はいかに?

30歳を超えたキャプテンのアンドレス・イニエスタの後継者として香川真司の移籍をもくろんでいるといのが海外メディアの反応です。確かに密集地帯でも細かいパスワークで侵攻できる特殊能力を持った香川真司はイニエスタの後継者として最適なようにも見えます。また、冒頭でもお伝えした通り、香川真司は小学校時代にFCみやぎバルセロナに在籍しており、多少なりともバルセロナでプレーすることのエッセンスを持っているといえるでしょう。イニエスタの領域にはたどり着けないかもしれませんが、ドルトムントからバルセロナへの移籍はひとつの選択肢と言えそうです。果たして2016年香川真司はバルセロナに移籍するのでしょうか?速報を待ちましょう。

2016年、ドルトムントからの移籍の噂に香川真司自身の発言は?

今回のドルトムントからの2016年の移籍の噂の浮上に対して香川真司は何も発言していません。速報では否定的な意見があふれています。あるいはドルトムント残留の意思が固いのかもしれません。ドルトムントは近年の躍進で財政が安定しており、また復活を支えたスカウト網も充実しています。このまま主要戦力の売却と優秀な人材の育成が順調に進めばドイツナンバー2の座は安泰といえそうです。そんなドルトムントの未来も精査しながら香川真司は自身のキャリアを考えていかなければならないでしょう。速報では2016-2017シーズンはチャンピオンズリーグにも出場できそうな情勢です☆

香川真司移籍をめぐる海外の反応の速報を見る

香川真司の移籍について、海外の反応の速報をいち早く知るための掲示板があります。そのサイトはヤクテナという速報サイトです。ある出来事に対する海外の反応を翻訳して伝えてくれるサイトです。欧州や南米はメディアだけでなく、ファンの目も非常に肥えていると言われており、ヤクテナはメディア以外の一般海外ファンの反応を知ることができるのです。ヤクテナは客観的な意見を取り入れる上でも非常に貴重な情報源となっています。ヤクテナで海外ファンの反応の速報を見てみると、やはり香川真司の移籍には肯定的な意見否定的な意見の両方がありました。前者は2016年に恩師クロップが指揮するリバプールに移籍すべきなどというものや、バルセロナに移籍してアンドレス・イニエスタの後継者を目指すべきというもの。ただしリバプールへの移籍は過去に在籍したマンチェスターユナイテッドに対して恩義を感じている香川真司にとっては簡単ではないというのが、海外ファンの反応の速報です。マンチェスターユナイテッドとリバプールは永遠のライバルとも言われる関係です。マンチェスターユナイテッドとリバプールの両方に所属した選手というのは過去を振り返っても元イングランド代表のFWマイケル・オーウェンしかおらず、リバプールの下部組織で育ったオーウェンに対してリバプールファンは「裏切り者」と断罪しています。そして香川真司の移籍先は必然的にバルセロナになる、というのが海外ファンの反応のようです。イニエスタはすでに30歳を超えており、そろそろ後継者を探さなければなりません。

香川真司に再び移籍の噂?!海外の反応はいかに?

また、移籍に対する否定的な海外ファンの反応は、1度移籍を失敗しているのだからドルトムントでキャリアを過ごすべきというものです。1度移籍して失敗した香川真司にとって次の移籍先で失敗した場合、キャリアに大きな傷がついてしまいます。異なる環境への適応力も疑われてしまいます。どの海外ファンの反応も一理あるものばかりです。果たして香川真司は今後のキャリアにおいて、2016年にどのような決断をするのでしょうか?こちらでは海外ファンの反応を見るヤクテナの中で繰り広げられた香川真司移籍の是非についてお伝えしました。果たして香川真司は2016年に移籍するのでしょうか?

総括~香川真司移籍の噂に対する海外の反応は?~

本日は香川真司移籍の噂に対する海外の反応の速報についてお伝えしました。ドルトムントでの復活の背後で再び移籍説が浮上した香川真司。海外の反応の速報は概ね否定的なものばかりでした。既に一度移籍して失敗していること、そしてドルトムントでの明るい未来がその理由です。香川真司自身もあきらかにドルトムントでの居心地の良さを感じているように見えます。しかし、ビッククラブでのプレーはサッカー戦湯にとっては夢です。果たして再び香川真司が2016年に移籍を決断することはあるのでしょうか?本日は香川真司移籍の噂への海外の反応をお伝えしました。

追記~香川真司とドルトムントをめぐる海外の反応と移籍の噂~

香川真司をめぐって、非常に興味深い海外の反応が聞こえてきました。それはドルトムントからの移籍の噂です。2016年に入ってドルトムントで出番を失っている香川真司。海外の反応によるとどうやらコンディション不良などではなく、ドルトムントのチームメイトやドルトムントの監督であるトーマス・トゥヘルとの関係に良くない兆候が見られるということです。ドルトムントのチームメイトとは単純に連携やフィーリングが悪くなっている程度のものでしょう。現に香川真司だけではなく、ドルトムントのエースFWオーバメヤンも2016年は前半戦とは打って変わって調子を落としており、海外の反応では批判の対象となっています。これはドイツ特有の長すぎるウインターブレイクのせいかもしれません。あまりにも実践や真剣勝負から離れてしまったので、うまくドルトムントのチームメイトとの連携が取れなくなってしまっているのでしょう。一方でドルトムント監督のトゥヘルとの関係は心配です。明らかに明確な理由なく、妥協策として香川真司をスタメンから外したように見えるからです。昨夏にレバークーゼンからドルトムントに移籍してきた香川真司の代役を務めているゴンサロ・カストロも良いパフォーマンスを見せているとはとても言い難いからです。あるいは戦術やコンディション以外の理由で、例えば関係が破綻してしまったなどの要因があるのでしょうか?果たしてドルトムントと香川真司が再び、上昇気流を描けるのでしょうか?

香川真司に再びドルトムントから移籍の噂?!海外の反応はいかに?

そして2016年、速報ではドルトムントからの移籍の噂が再燃しているのはやはり、恩師クロップが率いるリバプールです。上記でもその理由について書いていますが、2016年のリバプールはあまり調子も良くなく、思うような結果が出ていません。そこでクロップは再び香川真司を移籍させることを目論んでいるというのが、海外の反応の推測です。また、結果が出ていないのはもちろんですが、プレミアリーグのハードスケジュールに非常に神経質になっているクロップは選手層を増強して、過酷な戦いに備えたいと考えており、そのために古巣ドルトムントから香川真司を移籍させたいと考えているようです。また、海外の反応の速報によるとこの日本代表の主軸だけでなく、2016年にドルトムントからはセルビア代表DFネベン・スポティッチも移籍させたいと考えているという素行法も入っています。特にスポティッチは香川真司よりもはるかに出番が少なく、完全にベンチ要因として燻っているからです。リバプールはDFも補強ポイントなので、指揮官の古巣ドルトムントから選手を引き抜く可能性は十分にあります。ドルトムントの選手はクロップの戦術をすでに理解しているからです。すでに欧州の移籍期間は終了しているので、ドルトムントからリバプールへの移籍が実現するとしたら2016年の夏になります。果たしてそれまでにドルトムントでの香川真司の立場は変わっているのでしょうか?それとも恩師の下に馳せ参じる移籍を選択するのでしょうか?速報ですがドルトムントにはアメリカ人MFのプリシッチという選手が台頭しています。どうやらドルトムントの育成機関が生んだ最高傑作という評価を受けているようです。ドルトムントと言えば、最近はホームスタジアムであるジグナル・イトゥナ・パークの観戦チケットが値上げされたことに対して、サポーターが抗議したことで、海外の反応を伝えるサイトで話題になりました。サポーターはピッチにテニスボールを投げ入れて抗議しました。海外の反応を伝えるサイト「ヤクテナ」では「ドルトムントサポーターの怒りはごもっともだ」「ドルトムントの入場料で高いならアーセナルはどうなる」などという海外の反応が聞こえてきています。ウインターブレイクが開けて以降というもの、ピッチ内外で良からぬ噂がたっているドルトムントと香川真司。これからドルトムントから良いニュースが聞くことは出来るのでしょうか?この日本代表の主軸とドルトムントの動向から目が離せません!

追記~2016年の移籍はなしか?論争の速報~

ここ数日、日本やドイツのメディアを大きく騒がしている香川真司が2016年の夏に移籍するという騒動は、本人が否定しています。この2016年のサッカー界を騒がせたトピックは、香川真司とトーマス・トゥヘルの当事者2人が否定しています。香川真司は「監督と突っ込んだ話をした。もう問題ない」と発言したのが速報で流れています。そして「シンジとの間に何かあったわけではない。パク・チュホやモリッツ・ライトナーがベンチ外になった時には誰も何も言わなかった」と弁明。共に2016年の移籍の噂を打ち消したという速報が流れています。果たして、真実はどうなのでしょうか?次の速報が気になりますね。2015年の大活躍から流れた移籍の噂から一転、2016年はネガティヴな理由で同じ噂が流れてしまった香川真司。2016年の夏、彼はどのチームのユニフォームを着ているのでしょうか?次の速報を待ちましょう。

香川真司と本田圭佑は対照的!?

さらに2016年の面白いニュース速報が入ってきました。香川真司と本田圭佑は活躍する時期が全くもって真逆だというニュースです。2015年、香川真司は圧倒的なパフォーマンスでドルトムントの攻撃陣をけん引する存在となっていました。速報ではすでに8得点12アシストという記録を残しています。しかし、2016年になると突然失速してしまいました。内容はこれまでに書いたとおりです。一方で日本代表のエース、本田圭佑の2015年は悲惨なものでした。全く試合に出れない日々が続いたのです。しかし2015年末には徐々にコンディションを上げていき、2016年には完全にスタメンに定着したのです。毎試合のようにアシストを記録し先日のジェノア戦では2016年のゴールも決めた本田圭佑。速報では「ミランのキーマンになった」と評価されています。彼の速報を見るのを楽しみにしているという人も非常に多いのではないのでしょうか?というか筆者が本田圭佑の速報が楽しみでしょうがないです笑い香川真司が調子をあげると本田圭佑が調子を落とし、香川真司が調子を落とすと、本田圭佑が調子を上げるという現象が度々起こっています。果たして2016年はどのような結果がでるのでしょうか?二人の速報から目が離せません!

2016年、ドルトムントの移籍市場は大波乱に!海外の反応は?

2016年、ドルトムントにはとんでもない嵐が巻き起こっています。2010年以降の大躍進のあと、ドルトムントの選手たちは移籍市場をにぎわす人気銘柄となっていました。しかし、今夏のドルトムントの状況は過去の喧騒などが些細なものに思えるほどの波乱を巻き起こしており、そしてそれは香川真司も巻き込みつつあるのです。またそれに乗じて海外メディアの反応やサポーターの反応も非常に過熱しているのです。一体ドルトムントに何が起こったのでしょうか?本日はドルトムントの状況をお伝えしましょう。

2015-2016シーズンも終盤へ。ドルトムントの主力数選手に移籍の噂が浮上!

2015ー2016シーズンも終盤を迎え香川真司のドルトムントが所属するブンデスリーガはバイエルンの史上初の4連覇で幕を閉じました。毎年この時期になると各チームは来る来シーズンの補強にむかって移籍市場を歩き回ることになります。毎年のように大型の移籍を繰り返してはその力を増大させている王者バイエルンは今年も悲願の欧州制覇に向けた強力な戦力を求めていました。バイエルンは今シーズン限りで3シーズン監督を務めたペップ・グァルディオラ監督が退任。新しく2016-2017シーズンからは元レアル・マドリー監督のイタリア人カルロ・アンチェロッティがバイエルンの監督を務めることになっています。グァルディオラに劣らない名将の就任に海外の反応は概ね良好でした。チャンピオンズリーグ制覇が大目標だったグァルディオラ政権のバイエルンでは、この目標を果たすことができませんでしたが、アンチェロッティは何よりもこのチャンピオンズリーグを得意する名将です。本田圭佑が所属するミラン時代には2度、レアル時代に1度チャンピオンズリーグを制覇しています。再び欧州制覇の喜びに浸りたいと考えているバイエルンサポーターにとってアンチェロッティは理想の人材といえました。しかもアンチェロッティはさほど、選手の移籍や補強に関して要望が少ない監督としても知られています。

香川真司2016年にドルトムントから移籍?!海外の反応と速報はいかに?

アンチェロッティの最大の持ち味はクラブに与えられた選手を上手にやりくりし、ベストのフォーメーションや戦術を作り上げることです。例えばミラン時代にはポルトガル代表MFルイ・コスタ、オランダ代表MFクラレンス・セードルフ、イタリア代表MFアンドレア・ピルロを同時に起用する4-3-1-2システムを採用。このシステムでチャンピオンズリーグを2度制しています。そして豊富な経験もアンチェロッティの強みです。ミラン、レアルの他にもチェルシーやパリサンジェルマンという各国のビッグクラブで指揮を執っています。これだけ多くの経験があればビッグネームも多く指導した実績もあり、超一流選手が集まるバイエルンでの指揮にも期待が持てるというのが海外メディアの反応でした。

バイエルンがドルトムントのキャプテンに触手!

そんなバイエルンが今夏の移籍市場でさっそく動きだしたのです。まずターゲットになったのが、ドルトムントのキャプテンでDFリーダーのマッツ・フンメルス。

「キャプテンが移籍するはずない」

それが海外メディアの反応でした。しかし、このバイエルン移籍オペレーションに関して驚きの続報が入ってきたのです。それは多くのドルトムントサポーターには受け入れがたいもので、海外では驚きをもって伝えられました。それは、

フンメルスもバイエルン移籍を希望している

というものでした。多くのドルトムントサポーターやドルトムントのチームメイトをがっかりさせる報道がなされ、フンメルスのバイエルン移籍は過熱報道されました。記憶に新しい方も多いかもしれませんが、バイエルンがドルトムントの選手を移籍市場で獲得するのはさほど珍しいことではありません。3シーズン前にはドルトムントの歴史で最高のプロダクトと言われたマリオ・ゲッツェを獲得、生え抜きの移籍にドルトムントサポーターは怒りの反応を示しました。ゲッツェは近年の不振によりドルトムントへの復帰が噂されていますが、いまだにドルトムントサポーターからは「裏切り者」呼ばわりされており、移籍は難しい状況になっています。そして2シーズン前にはポーランド代表ロベルト・レバンドフスキがドルトムントから移籍しています。レバンドフスキはゲッツェと違い生え抜きではないので、あまりたたかれるということはありませんでしたが、時にクロップ政権を暗に批判するなど、すっかりバイエルンの人として認識されています。非常に芸の広いFWでしたがグァルディオラの指導により、いまやバイエルンで世界最高のセンターフォワードと言われるまでに成長しました。

香川真司2016年にドルトムントから移籍?!海外の反応と速報はいかに?

バイエルンはブンデスリーガのライバルクラブから選手を移籍させることでチームを強化し、そしてライバルたちの戦力も削ぐという移籍戦略を敷いています。上述したゲッツェやレバンドフスキはバイエルンにとって一例に過ぎず近年では内田篤人が所属するシャルケから世界最高のGKマヌエル・ノイアーを強奪。そして過去にはバイヤー・レバークーゼンからドイツ代表のキャプテンだったミヒャエル・バラック、そしてブラジル代表のダイナモであるゼ・ロベルトを移籍させています。また、ブレーメンからはドイツ代表FWでワールドカップの歴代最多得点記録保持者のミロスラフ・クローゼを獲得しているのです。これらのチームはチームの柱は移籍してしまったことで、後釜を確保することができず、徐々に弱体していってしまいました。そんなバイエルンの移籍市場における戦略のターゲットにドルトムントのキャプテンが浮上したのです。

香川真司2016年にドルトムントから移籍?!海外の反応と速報はいかに?

バイエルンには既にドイツ代表DFでフンメルスとは代表チームでコンビを組んでいるジェローム・ボアテングが在籍しています。ただし、グァルディオラからの期待が大きかったスペイン代表のハビ・マルティネスは怪我が多く、モロッコ代表で長くイタリアで実績を積んできたメハディ・ベナティアは本来の力を発揮することができていません。今夏にはフンメルスとの玉突き移籍でユベントスに移籍するのではないかと噂されています。今冬には元ドイツ代表のザーダール・タスキが加入しましたが、バイエルンのようなビッククラブで活躍できるようなポテンシャルは持ち合わせていませんでした。オーストリア代表DFダビド・アラバはサイドバックとの兼任であり、持ち味はなによりその縦への推進力です。そして、グァルディオラがバイエルンで特大の期待を持って使い続けていたドイツ人ヨシュア・キンミッヒは本来は守備的MFの選手です。恐らくアンチェロッティが就任した暁には本来のポジションで使われるというのが、海外メディアの反応です。

この通り、バイエルンの最終ラインは頭数こそ揃っているものの、ボアテング以外は質がともなっていない状況なのです。そこで白羽の矢がたったのが、ドイツ代表ではボアテングとともにプレーするフンメルスだったのです。しかも抜群の身体能力を誇り、人に強いストッパータイプのボアテングと、リベロ的に振舞えるフンメルスは愛称が抜群とみられており、お互いに最終ラインからのビルドアップも得意としています。フンメルスはドルトムントに移籍した時からビルドアップを得意としており、前ドルトムント監督のクロップは、フンメルスの両足から繰り出される正確な縦パスを戦術の軸にしていました。一方のボアテングは当初は肉体任せの選手で足元のテクニックには秀でていませんでしたが、グァルディオラから全幅の信頼を得ながら指導を受けて、いまや40~50メートルの距離を味方の足元にピタリとつけるロングパスがひとつの武器となりました。この二人の球出しの質はより横方向に展開しようとするボアテングと、思い切って縦に展開するフンメルスとで非常に組み合わせがよいのです。この二人のペアが完成すると、恐らくバイエルンの最終ラインはラームやアラバ、そしてノイアーも併せて史上最強とも言ってよいユニットになるというのが海外メディアの反応です。

ドルトムントのキャプテンが2016年移籍を望んだ理由とは?!

これまでもフンメルスはドルトムントからの移籍を望んできました。2017年には現在の契約が切れ、無償で移籍されてしまうというドルトムント側の都合もあったとはいえ、28歳となる2016はフンメルスにとって、メガクラブでプレーするラストチャンスと言えました。そして何よりこのドルトムントのキャプテンがバイエルン移籍を望んだ理由は別にあったのです。

すっかりドルトムント一員としての印象が非常に強くなっていたフンメルスですが、実はこのドルトムントの元キャプテンはバイエルンのユースチームで育ったのです。バイエルンではずっとFWや中盤の選手として育てられました。しかし、結局トップチームにあがることができず、クロップ監督の目に留まりドルトムントに移籍したのです。ドルトムントでは2015-2016シーズンからキャプテンを務め、一時期舌戦が白熱し、選手間の不仲が表面化してたバイエルンとの軋轢の中でもドルトムント陣営の先頭に立つこともありました。そのため、バイエルンに移籍する可能性は低いと言われてきました。主な移籍先としてはスペインのバルセロナやイングランドのマンチェスター・ユナイテッドが噂されてきました。そのため、今回のバイエルン移籍には海外メディアも驚きの反応を見せたのです。

一方でドルトムントのキャプテンは故郷への郷愁を募らせていました。ミュンヘンは育った場所であり、今も家族はミュンヘンに住んでいます。そしてこのドルトムントのキャプテンは恋人もミュンヘン出身なのです。一度は袂を分かってしまったバイエルンとの関係ですが、本人は和解を望んでいたようです。

また、バイエルンのビジョンの明確さもフンメルスにとっては魅力に映ったようでした。バイエルンは毎年のように大型の補強を繰り返し、しかもマンチェスター・ユナイテッドやリバプールのようにやや乱獲のような印象を与えるものではなく、必要な戦力をしっかりと補強し、毎年強力なメンバーを構成しています。ブンデスリーガの4連覇は史上初の快挙であり、またチャンピオンズリーグではなんと5年連続ベスト4以上という離れ業をやってのけています。しかもうち1回は優勝しており、2回は準優勝に輝いているのです。今シーズンのバイエルンは準決勝でアトレティコ・マドリーに敗れはしましたが、アトレティコとは明らかに愛称が悪く、このレベルに到達するとどこに負けてもおかしくはなく、事故のような敗戦だったというのが、海外メディアの反応となっています。

フンメルスは2011-2012シーズンにドルトムントが決勝に進んだとき、目の前でバイエルンの優勝を見ています。サッカー選手にとってやはりチャンピオンズリーグ優勝は特別なものです。恐らく、フンメルスはバイエルンでのチャンピオンズリーグ優勝を夢見ているのでしょう。

ドルトムントのバイエルン移籍公表に不快感!?騒動は泥沼に!海外の反応は?

2016年4月にはドルトムントはフンメルスの移籍志願した事を公表。常にドルトムントサポーターを悩ませてきた最大の宿敵バイエルンへの移籍に、しかも自分たちのキャプテンが望んだことで、彼らの怒りはフンメルスへと向かいました。海外サポーターの反応をまとめたサイトで、このフンメルス移籍に関する反応を見てみると、ドルトムントサポーターは怒りと悲壮感であふれていました。

「またか・・・」

「頼むマッツ、ゲッツェをしないでくれ」

「俺にとってこれは悪夢だ」

「まだシャルケの方がましだ」

ご覧の通り、海外の反応は様々です。海外のサポーターの熱狂度は日本の比ではありません。特にドルトムントのサポーターは自分たちが応援するチームの動向に敏感に反応します。近年のドルトムントサポーターのバイエルンに対するライバル意識は凄まじく、その宿敵への移籍が公表されたことで、その感情の矛先はフンメルス本人へと向いていくのでした。

このことに対してフンメルス張本人は2016年の移籍を容認したドルトムントに対して怒りを露にしました。「ばかげた、場当たり的な発表だ」とドルトムントを批判したのです。確かにフンメルスがドルトムントからのバイエルン移籍を希望したのはこれが初めてではなく、またドルトムントのほかの選手にも移籍を希望した選手はいたと思われます。なぜかフンメルスの移籍希望だけが公表され、批判が集中するような状況ができてしまいました。

このフンメルスの反応に対してドルトムント会長も応戦。「ドルトムントは株式会社の業態をとっており、株価に影響するような情報は公表するのが株主に対する責任だ」と反論したのです。一見筋が通っているように聞こえるドルトムント会長の反応。しかし、前述したとおり、フンメルスだけが移籍希望を出したわけではないのです。近頃のドルトムントに関しては、2015年を最後に長らく指揮を執っていたクロップが退任していこう、ファミリー的な雰囲気がやや欠落しつつあるようです。情熱的で自分の選手たちを息子のように可愛がったクロップに対して、現在のトゥヘルは戦術に傾倒しすぎる分やや淡白に見えるのです。ドルトムントサポーターが非常に強い反応を見せるシャルケとのルール・ダービーでも主力数人をベンチに置くという采配をし、海外の反応をまとめたサイトでは「がっかりした」という言葉が散見されました。

クロップが2016年に就任したリバプールと対戦したヨーロッパリーグの準々決勝では、元指揮官相手に劇的な逆転負けを喫しました。トゥヘルのどっちつかずのベンチワークには多くのドルトムントサポーターが不満を漏らしています。同じく海外の反応をまとめたサイトでも「器の差が出た」と批判するものまでいました。また、2016年3月に行われたバイエルンとの天王山でも勝ち点3が求められる状況の中で、超守備的采配を選択。海外の反応をまとめたサイトでも「負けてもいいから攻めるべきだった」という、残念な反応を示すものもいました。ここ数試合でもドルトムントの選手たちはすっかりモチベーションを落としており、無気力な内容が続いており、トゥヘルの指導力に対して疑問視する、海外の反応が方々から聞こえてきている状況なのです。2016年5月21日に行われるドイツカップの決勝ではフンメルスはドルトムントの選手として最後のプレーとなることが噂されていますが、これはトゥヘルのみぞ知るといった状況になっています。

ちなみにフンメルスの代役として名前があがっているのが、レバークーゼンンのトルコ代表DFエメル・トプラクと、同じくドイツ代表DFのヨナタン・ターです。ドイツ生まれのトルコ代表であるトプラクは高さとスピードに優れたバランスのいいセンターバックです。2016シーズンのレバークーゼンで素晴らしい活躍を見せました。ターは2015-2016シーズンに突然現れた20歳の若きDFです。190センチを超える高さと、若さに似合わない強靭な肉体を持っており、今後ドイツ代表のDFラインを背負っていくであろう、逸材中の逸材と言われています。特にトプラクはドルトムント移籍を望んでいるといわれており。このどちらかをドルトムントが獲得するという噂は非常に信憑性が高そうです。いずれにしても経験が豊富なトプラクのほうがドルトムントとしてはベターな選択といえそうです。

ドルトムントサポーターの不安は尽きず、主力が続々と移籍希望?海外メディアの反応は?

主将の移籍希望に揺れたドルトムントの2016年。しかし、移籍の噂が浮上しているのはフンメルスだけではないのです。2016年のドルトムントは完全に嵐に巻き込まれています。

もう一人の噂の人はアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン。トゥヘル監督にサイドアタッカーとしての才能を見出され、今シーズンからウイングでプレーしています。香川真司、ロイスと並ぶ2列目はドルトムント最大の武器のひとつです。ムヒタリアンはイタリアのユベントス、そしてイングランドのチェルシー、アーセナルへの移籍が確定事項のように噂されています。ユベントスはワールドクラスのトップ下を望んでおり、チェルシーやアーセナルも既存戦力の代わりになるようなタレント力を持った選手を捜し求めていると言われています。特にアーセナルはムヒタリアンの移籍に必死と言われており、財力に大きく劣るユベントスは諦めて手を引いたという噂も聞かれます。

香川真司とムヒタリアンは抜群に息の合ったプレーを見せ、最近はこの二人をトップ下に置いた新システムも試されており、2016年以降も貴重な戦力と見込まれています。ムヒタリアンの移籍は香川真司のプレーにも大きな影響を及ぼしそうです。海外の反応をまとめたサイトでも

「ミキ(ムヒタリアンの愛称)まで出て行ってしまったらどうするんだ・・・」

と悲観的な反応が見られます。海外サッカーは複数年の長期契約が主体となっており、一度移籍もチャンスを逃すと、次の機会はなかなか訪れないといわれています。とはいえムヒタリアンもトップクラスの戦いの場で全盛期に突入するキャリアを過ごしたいと考えており、移籍の可能性は高いと噂されています。2016-2017シーズンにムヒタリアンの姿はドルトムントにあるのでしょうか?

一方でこの小国の英雄には有力な後継者がいるとも言われています。それがクリスチャン・プリシッチという選手です。アメリカで生まれ育ったこの逸材は16歳という若さでトップチームに引き上げられると2016年があけたころには完全にレギュラークラスに定着。一時期は香川真司を押しのけてスタメンに入ることもありました。

「超逸材だ!」

と海外の反応をまとめたサイトでも賞賛の嵐が巻き起こっています。今シーズンは初ゴールも決めており、近未来の飛躍が期待される超逸材です。もしこのプリシッチに主力として使えるめどが立ったときにはムヒタリアン移籍にゴーサインが出るかもしれません。いずれにせよ2016年以降もドルトムントの主力としての活躍が期待される重要戦力です。

エースストライカーも流出危機!?

ドルトムントにはエースストライカーも移籍が噂されています。そう、その選手とはガボン代表FWのピエール・エメリク・オーバメヤンです。一昨シーズンにドルトムントの一員となったこのストライカーは、かつて務めていたウイングからセンターフォワードにコンバートされてその才能が本格的に開花しています。得点力をそのままにカウンターで抜群のスピードを誇り、相手ゴールを陥落するストライカーです。このオーバメヤンにはスペインのレアル、そしてイングランド勢が移籍を画策していると噂されています。オーバメヤン本人は「スペインは憧れの場所」という、移籍の噂に拍車をかけるような発言をしており、今夏にも移籍が実現するのではないかと言われています。現在の海外サッカーにおいてはワールドクラスのFWが減少傾向にあるといわれており、オーバメヤンクラスのアタッカーを手に入れるのは非常に難しくなっています。そのため、レアルはフランス代表FWベンゼマのバックアッパーとしてこのオーバメヤンの獲得を狙っていると言われています。

香川真司2016年にドルトムントから移籍?!海外の反応と速報はいかに?

この噂に対してドルトムントサポーターの反応は、

「レバンドフスキに続いてオーバメヤンまで出て行ってしまうのか・・・」

と悲観的な反応を示しています。とはいえ、今シーズンの後半はオーバメヤンは移籍の噂の影響によるものかやや調子を落としており、自慢の得点力にかげりが見えました。一方で前半はベンチに甘んじていたブラジル人のアドリアン・ラモスが少ない出場機会で見事に躍動し、オーバメヤン不調の穴を埋め、ドルトムントのブンデスリーガ2位確保とヨーロッパリーグベスト8への躍進に大きく貢献したのです。ドルトムントサポーターや海外メディアの反応は、

「オーバメヤンを高額で放出し、ラモスのバックアッパーを獲得すれば・・・」

とにわかにこのブラジル人に対する期待をかけるようになったのです。確かにこの海外メディアやドルトムントサポーターの反応にはうなずける部分もあります。ドルトムントからすれば、オーバメヤンのような高額の移籍金が見込める選手は非常に貴重です。そのオーバメヤンの売却益を元手に市場で若く才能のある選手を獲得し、それを1シーズンか2シーズンかけて育て上げるというプランも考えることができるのです。

一方で、そんなプランは無謀だという海外メディアの反応もあります。ドルトムントは2016-2017シーズンはチャンピオンズリーグに出場します。ドルトムントにとっては2年ぶりの大舞台。当然上位進出を狙っており、フンメルスの移籍が決まってしまった以上、これ以上の主力の流出は避けたいところです。オーバメヤンが移籍した場合、得点力は大きく低下する懸念があり、ひとまず今夏は2016-2017年のチャンピオンズリーグを見据えて残留させるのではないか、という海外メディアの反応や憶測もあります。

戦力的な見解として正しいのは明らかに後者です。ラモスも優秀なFWではありますが、やはりオーバメヤンほどではありません。ドルトムントが2016年のチャンピオンズリーグを戦っていく上で、このワールドクラスのストライカーは必要不可欠と言えるでしょう。ドルトムントもオーバメヤン移籍には否定的な立場をとっていると言われており、このオーバメヤン移籍のオペレーションは実現しないというのが、海外メディアの反応、憶測となっています。

もっとも複雑な状況に置かれている男、ギュンドアン

そして2016年の夏のドルトムントの移籍市場で、もっとも複雑な状況に置かれているのが、ドイツ代表MFでドルトムントの司令塔イルカイ・ギュンドアンです。ドルトムントで香川真司ともっとも仲がよいとされるギュンドアンは日本でも非常に人気が高い選手です。この司令塔は本当に香川真司が大好きで、過去には香川真司とホテルで同室であることを自身のSNSにアップしたこともありました。また、怪我で欠場していた時期には香川真司が日本代表として出場する試合を観戦しにわざわざ日本まで来たこともあるほどの香川真司大好き男なのです。2015-2016シーズンは香川真司とともにドルトムントのインサイドハーフとして隣同士でプレーしました。やはりお互いに仲がよいこともあり、随所に息のあったコンビプレーを披露していました。

そんなギュンドアンに悲劇が起こったのは2016年の5月です。ドルトムントの練習の一環でバスケットに取り組んでいたギュンドアンは右ひざを痛めてしまいます。その症状は膝の靭帯の損傷と診断されました。香川真司と日本代表のチームメイト内田篤人と同じ症状の怪我です。この怪我によって、ギュンドアンはほぼ決まりかけていたドイツ代表のユーロのメンバーからも自動的に抹消されてしまいました。海外の反応は、

「せっかくもうすぐユーロだっていうのに、悲劇が起こってしまった」

と、ギュンドアンに起こった悲劇を哀れむ反応が大半を占めていました。

そしてこのギュンドアンは2016年の夏にグァルディオラ監督が就任するマンチェスター・シティに移籍すると言われていました。グァルディオラ監督はこの司令塔を非常に高く評価しており、マンチェスター・シティ入団の暁にはぜったいに獲得すると噂されていました。しかし、その移籍が決まりかけていた状態でまさかの大怪我。マンチェスター・シティがどうでるのか、海外メディアには大いに注目されています。

一方でドルトムントの態度は一貫しています。ギュンドアンが怪我をした状態でも移籍したいというのなら送り出す。逆に残留するというのなら、長期で契約を結ぶ意向があると示したのです。このドルトムントの寛容な姿勢に対して、海外メディアの反応は、

「ドルトムントが偉大な姿勢を見せた」

「功労者に対する最大限の敬意」

と、ドルトムントの示した姿勢に対して賞賛するような反応を見せました。仮にギュンドアンが残留するにしても、移籍するにしても、2016-2017シーズンはこの司令塔の代わりとなる戦力の確保は、ドルトムントにとって至上命題です。一説によると司令塔を排除し、2015-2016シーズンにレバークーゼンから移籍させてきたゴンザロ・カストロが後釜に納まるのではないかと言われています。果たしてギュンドアンはドルトムントが見せた敬意に対して、どのような反応を示すのでしょうか?その動向から目が離せません。

ちなみにギュンドアンが大怪我をするのはこれが始めてのことではありません。過去には背骨を傷めてしまったことがあり、今回は2度目の大怪我となってしまいました。この大怪我によってギュンドアンは主力としての活躍が期待されていた2014年のブラジルワールドカップ出場を逃してしまったのです。ギュンドアンにとってはドイツ代表として望む大舞台を怪我により2度も逃すはめになりました。そのため、ギュンドアンの怪我に大しては哀れむような海外メディアの反応が多かったのです。

香川真司、ロイスの移籍は封印!?2016-2016シーズンは残留の見通し

多くの主力選手の移籍が噂されてきた2016年のドルトムント。しかし、多くの日本のサポーターが注目する香川真司の2016年の夏の移籍の可能性は大きく下がっています。2015-2016シーズンは中盤戦に差し掛かった頃に調子を落し、スタメンを譲った時期もあった香川真司ですが、後半戦に入ると調子を取り戻します。2015-2016シーズンは9得点9アシストと素晴らしい成績を収め、ドルトムントの2位確保に貢献しています。そして、香川真司と同じく近年は移籍が噂されてきたマルコ・ロイスもどうやら2016年夏は残留の見通しとなるようです。他の選手に比べるとやや怪我が多く、調子の波があるロイスは28歳と年齢的にも成長の見込めない段階になり、多くの名言がクラブが手を引いたようです。

この二人は来シーズンからの導入が噂されている3-4-3システムの肝になると言われています。今シーズンにも何度か試されたこのフォーメーション。センターフォワードの後ろにシャドーストライカーを置く新システムです。2016年のドルトムントはオーバメヤンを頂点にサイドにロイスとムヒタリアンが構えて、その後方に香川真司とギュンドアンが置かれるという4-3-3システムを採用してきました。ギュンドアンを除く4人は「ファンタスティック4」と海外メディアで賞賛され、ギュンドアンと右サイドバックのギンターら6人で織り成される魅惑のアタックは序盤戦のドルトムントの代名詞ともいわれていました。

この3トップが機軸になれば、噂されるギュンドアンやムヒタリアンの移籍にも対応しうる可能性があるので、2016-2017シーズンのドルトムントの核となる可能性があります。また、ブンデスリーガにはほとんど広がっていない3バックシステムを用いることで、相手チームも対応に苦慮する可能性があるのではと噂されています。この新システムに対する海外メディアの反応は、

「戦術家のトゥヘルらしい発想」

というポジティブな海外の反応がほとんどです。これまでの香川真司はリバプールやバルセロナへの移籍がさいさんに渡って噂されてきましたが、ドルトムントとしてもこれ以上の主力の流出は回避したいところです。2016年以降も香川真司がロイスとともにドルトムント攻撃陣の中心となることは間違いないでしょう。2016-2017シーズンはチャンピオンズリーグでの戦いも控えており、ドルトムントはグループリーグからの参戦となります。近年のドイツ勢のチャンピオンズリーグでの成績を鑑みるとバイエルンが何度もベスト4に進出したり、常連のシャルケやレバークーゼンがベスト16に進出することも珍しいことではなくなりました。また、2015-2016シーズンはヴォルフスブルクがベスト8に進出するという成績を残しています。海外メディアの反応は、リーグランキングでドイツの上を行くイングランドを勝るためにも、今後もしぶとくポイントを重ねていかなければならず、ドルトムントはドイツ勢を代表するような躍進が期待されているのです。特にドルトムントは全体的に若い選手が多いので、香川真司のようなチャンピオンズリーグでの戦いになれた選手というのは貴重なのです。

日本代表のファンにとっても香川真司のドルトムント残留は願ってもない喜びでしょう。香川真司が移籍してから、このクラブの日本における人気は非常に高いのです。香川真司が住み慣れたこの場所でチャンピオンズリーグを戦い、躍進してくれる姿を期待している日本のファンは少なくないはずです。

ちなみにドルトムントでの相棒であるロイスはというと、今シーズンはいつになく落ち着いたオフを過ごそうとしています。このロイスも香川真司同じように移籍が噂されてきましたが、2016年の夏はユーロがあることもあり、その国際舞台での活躍に集中しているように見えます。ロイスは日本でも非常に人気が高い選手でもあります。ドイツ代表としてフランスの地で躍動する姿を期待しましょう!

放出先行のドルトムント。しかし、海外メディアも驚きの反応!

ここまでドルトムントにとってはややネガティブな出来事ばかりをお伝えしました。読者の皆様も苦虫を噛み潰したような反応をせざるえなかったかもしれません。しかし、一方で早くも移籍市場で活発に動いており、そのターゲットは海外の名言がクラブも狙いを定めていたような逸材だったのです。そして、ドルトムントにとって2016年の夏の移籍の第一号がフランスのレンヌからやってきたウスマンヌ・デンベレです。まだ若干19歳という若さながら、今シーズンのフランスリーグで12得点という大活躍を披露しました。このあまりのセンセーショナルな大活躍ぶりには海外メディアも驚きの反応を見せました。

「アンリの再来だ!」

「リベリに近いプレースタイルだ」

とこの若きFWを賞賛するような海外メディアの反応が方々で報じられました。この海外メディアの反応の通り、デンベレは19歳当時のアンリと現在のリベリを得点力で上回っています。イングランドのレスターやマンチェスター・ユナイテッドとの争奪戦を制したといわれるこの逸材の移籍に海外メディアも驚きの反応を示しました。今シーズンはイングランドのマンチェスター・ユナイテッドでもフランス人FWのアンソニー・マルシアルが台頭し、この選手も海外メディアの反応では「アンリのようだ」と賞賛されました。最近のフランスの若手は非常に優秀で、逸材と呼べそうな選手が次々と発掘されています。このデンベレはまだ19歳ということもあり、即戦力にはならないかもしれませんが、そこは若手の育成に定評のあるドルトムントだけに意外とあっさりとドルトムントの主軸に君臨してしまうかもしれません。あるいはこの逸材の活躍次第ではムヒタリアンの放出も早まる可能性もあるのです。

香川真司2016年にドルトムントから移籍?!海外の反応と速報はいかに?

そして、もう一人。こちらはデンベレのように近未来の活躍は期待できないかもしれませんが、ブンデスリーガ2部のザンクトパウリからドイツ人FWのムスタファ・ムココを獲得し、海外メディアから驚きの反応が見られました。このムココは11歳という若さながら既に、15歳の大会に飛び級で出場しているという逸材です。両親はカメルーン人で、アフリカ系の選手らしい爆発的な身体能力をもっているといわれています。しかも現代サッカーにおいても非常にめずらしい両利きというのだから、思わず期待が膨らんでしまいます。香川真司も両足がうまい選手ですが、完全なる両利きというわけではありません。しかもこのムココはすでに170センチの身長があるというのだから驚きです。小学生で170センチの身長を持つ子供というのは、日本ではなかなかお目にかかることはできません。まだまだ若いゆえに過度の期待は禁物ではありますが、どうしても逸材には興味がいってしまうのが、海外サッカーファンというもの。あるいはこのムココが香川真司と並び立つ日もそう遠くないのかもしれません。

香川真司2016年にドルトムントから移籍?!海外の反応と速報はいかに?

そしてこちらの移籍の噂は決定したわけではありませんが、ブラジルのサントスから新星ガブリエルとの契約が近いという噂も入ってきています。このガブリエルはサッカー通ならよく知っている名前です。バルセロナのネイマールの後継者とも言われており、ニックネームはガビゴールです。ネイマールの後継者といわれていますが、海外メディアの反応によると、ネイマールと元レアル・マドリーのブラジル代表ロナウドを足して2で割ったような選手なんだとか。つまり、ネイマールよりもややストライカーよりの選手ということになりそうです。母国ブラジルでも海外メディアや地元のファンをはじめ既に大きな注目を集めている、ブラジルの新時代を担う超逸材と評判です。ネイマール移籍の際もバルセロナとひと悶着あったサントスですが、どうやらドルトムントはまっとうな手続きを踏んでのガブリエルとの契約を希望しているようです。

ここまで若い選手の移籍関連のニュースをご覧いただいたとおり、ドルトムントは若手のサッカー選手にとって非常に魅力的な場所に見えるようです。ドルトムントはクラブを挙げて育成に取り組んでおり、近年は次々と若手の逸材がアカデミーから頭角を現しています。昨シーズンはサイドバックのドゥルム、今シーズンはプリシッチとギンター、ヴァイグルと上げればきりがないほど、若手が台頭してくるのです。この状況に対して将来に飛躍を願う若手の逸材はドルトムントを目指す傾向が強まっています。トゥヘルも若手の起用に躊躇がない監督でそれも若手をドルトムントへと導く要因になっているのかもしれません。

香川真司2016年にドルトムントから移籍?!海外の反応と速報はいかに?

最後に、こちらは若手ではありませんが、ボルシアメンヘングランドバッハのノルウェー代表MFハーヴァルト・ノルトヴェイトもドルトムント移籍が近いと海外メディアの反応が報道されています。守備力に長けた長身のMFでパスによるつなぎも質が高いと言われる隠れた名手です。ウェストハムやアーセナル。リバプールとの競合が噂されていますが、ドルトムントはこの争奪戦を制することが出来るのでしょうか?このノルウェー代表の移籍が実現すれば、例えばベンダーのセンターバックへのコンバートも促しやすくなります。今シーズンはスポティッチやソクラティスの怪我もあり、度々試されたこのドイツ代表MFのセンターバック起用ですが、2016シーズンからは本格的な導入が行われるかもしれません。果たして香川真司とドルトムントの2016の動きはどうなるのでしょうか?

よく読まれている記事
→本田圭佑に向けられる批判の速報!海外の反応も!

スポンサーリンク



22 Responses to “香川真司2016年にドルトムントから移籍?!海外の反応と速報はいかに?”

  1. […] よく読まれている記事 →香川真司の評価急上昇!再び移籍の噂が浮上? […]

  2. […] よく読まれている記事 →【画像あり】香川真司の移籍をめぐる海外の反応とは?! […]

  3. […] よく読まれている記事 →香川真司に再び移籍の噂?海外での反応はいかに?! […]

  4. […] よく読まれている記事 →香川真司に再び移籍の可能性?!行き先はあの赤いチーム…? […]

  5. […] よく読まれている記事 →【海外の反応】香川真司、再び移籍!? […]

  6. […] よく読まれている記事 →香川真司、再び移籍?行先は英国…?! […]

  7. […] よく読まれている記事 →香川真司、移籍の噂が再燃! […]

  8. […] よく読まれている記事 →香川真司海外の反応2016! […]

  9. […] よく読まれている記事 →香川真司に再び移籍の噂?そして行き先はあの赤いクラブ? […]

  10. […] よく読まれている記事 →香川真司の移籍が決定したとは本当か? […]

  11. […] よく読まれている記事 →香川真司がついに移籍か・・・ドルトムントとの決別は近い? […]

  12. […] よく読まれている記事 →【画像あり】香川真司、再び移籍を決断か!? […]

  13. […] よく読まれている記事 →香川真司に移籍の噂?行き先はバルセロナ?リバプール? […]

  14. […] →香川真司に移籍の噂!移籍先はリバプール?バルセロナ? […]

  15. […] よく読まれている記事 →香川真司の移籍情報速報!ついにドルトムントを去るのか? […]

  16. […] よく読まれている記事 →香川真司が再びドルトムントから移籍!? […]

  17. […] よく読まれている記事 →香川真司がいよいよドルトムントを退団!? […]

コメントを残す

このページの先頭へ