鹿島アントラーズの植田が海外移籍を選択する理由!

あなたは鹿島アントラーズ植田直通海外移籍えない理由を知っていますか?

既にJリーグでも屈指のセンターバックに成長した植田ですが、ここ1年ほどは移籍の噂で持ちきりです。

なぜ、鹿島アントラーズの植田は移籍の噂が絶えないのか。

スポンサーリンク



そして、その移籍先とはどこになるのでしょうか?

あなたはこの記事を読み終わった時、植田の海外移籍可能性と、そしてるい未来を想像できるようになるでしょう。

植田直通が鹿島アントラーズで飛躍した理由…

鹿島アントラーズの植田直通にとって、2016年は波乱の1年となりました。

U-23日本代表として、リオオリンピックに出場しましたが、1勝2敗という成績でグループリーグ敗退となりました。

特にグループリーグ初戦ではコロンビア代表相手に5失点を喫し、センターバックを務めていた植田には少なくなくないバッシングが浴びせられました。

植田個人としても、クオリティの高いストライカーとの対峙によって痛感した大会でもありました。

リオオリンピックから帰国後は、中々コンディションが上がらずに、鹿島アントラーズでも苦戦の日々が続きました。

元韓国代表ファン・ソッコとのポジション争いで劣勢に立たされたのです。

Jリーグの終盤戦と、川崎フロンターレ、浦和レッズと対戦したチャンピオンシップではベンチに座る機会が増えていました。

それでも、2016年をいい形で締めくくることに成功したのは、クラブワールドカップで素晴らしいパフォーマンスを披露して、鹿島アントラーズの準優勝に大きく貢献したからです。

植田は身体能力の高さを活かしたディフェンスと、センターバックの相棒である昌子源とのコンビネーションでアトレチコ・ナシオナル、レアルマドリード相手に好パフォーマンスを見せました。

クラブワールドカップは準優勝という結果に終わりましたが、鹿島アントラーズというチームにとっても、植田にとっても、レアルマドリードという世界屈指のチームと接戦を繰り広げたという経験は大きな財産になったようです。

2016年は狭間の時期を迎えながらも、尻上がりに調子を上げて、最終的には鹿島アントラーズの最終ラインでレギュラーの座を奪い返しています。

結果的に植田の説得力あるパフォーマンスは、ファン・ソッコの移籍を鹿島アントラーズ首脳陣に認めさせるのに充分でした。

何より、クラブワールドカップでのパフォーマンスは欧州のクラブからも注目度が高く、植田の名前を広く知らしめる絶好の機会となり、この大会以降の植田には何チームかが移籍の可能性を探っているとも言われています。

特に国内のサッカーファン(特に日本代表のファン)は植田の海外移籍を後押ししているようです。

なぜ、ここまで植田海外移籍後押しする意見がおおいのでしょうか?

なぜ、人々は植田の海外移籍を後押しするのか?

植田は高校卒業後の2013年に鹿島アントラーズに入団しましたが、植田のプロ入りにあたっては鹿島アントラーズ以外にも多くのクラブがオファーを出したと言われています。

噂に上がっただけでも、浦和レッズFC東京横浜F・マリノスがオファーを出したと言われています。

それだけ植田の才能は若い頃からJリーグ各クラブのスカウトに知られていたのです。

結果的に植田自身が鹿島アントラーズ入団の道を選択しましたが、

植田の才能は、かつてアジアの壁と言われた井原正巳、ボンバーの異名をとった中澤佑二を遥かに超えるのではないかと言われているのです。

日本人は外国人に比べると体格で劣り、特にセンターバックはヨーロッパでの活躍は難しいと言われてきましたが、植田はそうしたハンディキャップを乗り越える体格と才能に恵まれているのです。

植田であれば、海外移籍を選択したとしても活躍できる。

日本代表のファンは植田にきな期待を抱いているようです。

もちろん鹿島アントラーズの首脳陣やファンは植田の移籍は受け入れがたいものがあるでしょう。

クラブワールドカップでの躍進により、鹿島アントラーズには植田だけでなく昌子源にも、海外移籍の噂が聞こえてきているからです。

昌子源にはブンデスリーガのブレーメンへの移籍が噂されており、ブレーメンのスカウトが既に鹿島アントラーズに照会を行なっているとも言われているからです。

鹿島アントラーズにとっては生え抜きのセンターバックを立て続けに移籍するような事態は避けたいということなのでしょう。

鹿島アントラーズの植田が移籍を選択した場合、後継者となるのが同じく生え抜きの町田となるでしょう。

植田が海外移籍を選択することで、日本代表のセンターバックの選手層は厚くなります。

それでは、植田が仮に鹿島アントラーズからの退団と欧州移籍を選択した場合、レギュラーとしてプレーすることができるのでしょうか?

スポンサーリンク



植田の才能は欧州で通用するのか?

移籍するチームにもよりますが、植田才能海外移籍したとしても充分通用するでしょう。

186cmという長身は海外のセンターバックとしては平均的な体格ですが、植田の場合は空中戦の強さやフィード能力の高さなどの特殊能力を備えています。

1対1では不利な態勢を強いられた状態からでも足を伸ばしてアンティシペーションする技術があります。

これは植田が幼少の頃よりテコンドーを習ってきた経験が生きているのかもしれません。

もちろん、まだ22歳ということでいくつかミスが散見されます。

例えば、ポジショニングミスです。

身体能力が高いセンターバックにありがちなのが、その能力に絶対の自信を持つあまり、予防的カバーリングポジショニング傾向です。

植田も同じような欠点がいくつか散見されます。

この欠点を補うことができれば、センターバックとしてはさらに一段上に上がることができるでしょう。

海外移籍を成功させるには純粋な能力だけでは補えない問題もあるでしょう。

いかにして植田は異文化を乗り越えるのか?

海外移籍を選択する日本人選手にとって、欧州異文化適応するのは重要課題です。

植田にとっては鹿島アントラーズの先輩である柴崎岳もこの冬にスペインのテネリフェへの移籍を選択しましたが、適応に非常に苦しみ、2ヶ月間ほどプレーから離れなければなりませんでした。

結果的にクラブワールドカップで高めていた評価を落とし、3月のアジア最終予選の招集を見送られています。

日本人が海外移籍を選択する上で、

どの国の、どのクラブに所属するか、

は非常に重要です。

日本人にとって最初の海外移籍先として人気が高いのが、

オランダ(エールディビジ)

ドイツ(ブンデスリーガ)

です。

植田直通の絵画移籍先候補①オランダ

本田圭佑、吉田麻也、小林祐希、ハーフナー・マイクを成長させたオランダは海外移籍の最初ステップとしては魅力があります。

オランダは英語を学ぶ上では非常に理想的な環境で、しかも若手を積極的に起用すること土壌があるので、出場機会にも恵まれるでしょう。

特にオランダのセンターバックに求められる足元の技術や戦術的な素養は、今後植田が成長していく上で大きな糧になるでしょう。

懸念されるのは、国としてサッカーの力が大きく衰退しており、オランダで通用したとしてもその先があるか、という将来的な問題です。

植田直通の海外移籍先候補②ドイツ

内田篤人、香川真司、長谷部誠、武藤嘉紀、宇佐美貴史、原口元気、酒井高徳などがプレーするドイツは日本人選手としては、欧州くの実績があります。

ただし、センターバックに関しては、過去に牧野智章がケルンに移籍して出場機会に恵まれないなど苦しんだ過去があります。

牧野智章に比べると、センターバックとしてはモノが違うとオススメできる植田ですが、仮にドイツに移籍するとなれば中小クラブからのステップアップが現実的でしょう。

若手育成に定評があるホッフェンハイム、マインツ、ボルシアMGあたりは非常に面白いかもしれません。

植田の海外移籍先候補③ベルギー

日本人がプレーした実績はさほど多くないものの、ベルギーは近年、オランダを上回る育成実績で5大リーグに人材を供給し続けています。

日本人ではスイスのヤングボーイズからヘントへ移籍した久保裕也が爆発中で、「日本のメッシ」とまでもてはやされています。

植田と久保は共にU-23日本代表として、オリンピックのアジア予選(久保は当時所属クラブのヤングボーイズの意向でオリンピックは欠場)を戦いました。

鹿島アントラーズの先達では元日本代表FW鈴木隆之がヘンクというチームでプレーした経験を持ちます。

ベルギーの育成における特徴は、とにかく人材が多彩なところです。

センターバックひとつとっても、強靭なタイプもいれば、テクニカルなタイプもおり、非常に多彩な人材を育成するメソッドを持っているようです。

ターミネーターと呼ばれる肉体を持つヴァンサン・コンパニ。

190cmの長身と左足での正確なロングフィードを兼ね備えるヤン・フェルトンゲン。

センターバックとは思えない得点能力を備えてアーセナルで一時代を築いたトーマス・ヴェルメーレン。

元々恵まれた身体能力という武器を持った植田にとっては一段階も二段階も能力を向上させることができるかもしれません。

今後、日本人に限らず全てのサッカー選手にとってベルギーが育成のメッカとなる可能性は大いにあるでしょう…

いずれにしても植田にはるい未来が待っているでしょう。

サッカー日本代表の中心選手としても、吉田麻也を上回るような実績を手にすることができる逸材中の逸材です。

今回は鹿島アントラーズ・植田の移籍の可能性についてお伝えしました。

そして、下のリンクでは2017年の鹿島アントラーズの全選手の背番号が網羅されています。柴崎が退団してしまった鹿島アントラーズのあらたな中心選手はだれになるのでしょうか?

この記事を読んで予想してみるのも面白いかもしれません…

よく読まれている記事

→鹿島アントラーズが2017年背番号発表!

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ