2015年のクラブワールドカップにまつわるエピソードを聞いたとき、あまりの残念さにがっかりしてしまったと同時に・・・